FTA

動き出す? ”2億5,000万人の巨大市場”南米と日本の経済連携協定

日本とラテンアメリカ各国とのEPA(経済連携協定)の締結を目指す動きが加速している。

2018年中は、経済界からさまざまな動きが相次いだ。10月には経団連と日本商工会議所が、日本とメルコスール(南米南部共同市場)間のEPAの早期締結を求める提言を菅義偉官房長官に提出している。

政府は、各国とのEPA交渉を重要な政策課題と位置づけており、2019年も経済界を中心に日本とメルコスール間の公式協議の

もっとみる

労働力は欲しい、でも、その人の文化や習慣を理解したくない

【バリアのない街】医療介護の世界での外国人受け入れの現実       介護保険制度 失政の尻拭いを外国人介護士に押し付ける日本

1671号, 2019年2月3日,遙矢当(はやと)@Hayato_barrie

「ハヤトさん、7番にお客さまから外線が入っています」―その声は、日本人より流暢で正確な日本語を発音する。今、私の会社では、外国人介護士受け入れの準備としてベトナム人女性を受け入れている。

もっとみる

アイディア農場プロジェクト:世界経済

このページは通読用のものではありません。
ここにあるのは、思考の断片、アイディアの種です。
毎日ひとつを取り上げて読み、それに対して考えを巡らせてください。
そこから、新しいアイディアが芽を吹き、成長することを期待します。

 以下は、世界経済についての思考の断片です。

::::::::::::::::::::::::::::::
アメリカの貿易赤字の総額は約 8000億ドル。そのうち対中国が約

もっとみる

TPP、FTA、RCEP、心配しています。
東京のみ自由貿易特区で良いのでは?
それともすべて白紙?

RT.
マンハッタンみたいになるのかしら?自由の女神像が造立されるのかしら? #臨海副都心構想 |りみぴょん|note
https://note.mu/maru_chou2/n/n69099c9db616

基礎知識なしで読める世界経済の入門解説書

◇はじめに

◆国内だけを見ていては、日本経済を理解できない

 世界経済は複雑であり、各国によって経済の状況も非常に大きく異なります。しかも、それらについてのデータが入手しにくいという事情もあります。本書では、そうした状況を踏まえつつ、世界経済の諸問題を、できる限り詳しく、専門用語をできるだけ使わずに平易に解説します。経済学の基礎知識がなくとも、読み進むことができます。

 本書が想定している読

もっとみる