FireStore

Swiftでタイピングアプリ制作(6)〜Cloud Firestoreを使う②〜

さて、5/16から少し寝かせていたタイピングアプリ制作のエントリですが、ようやくこちらに着手する時間ができたので、なんとかFirestoreを使えるようにならんものかと思案し、できるようになりました!

前回のできなかった記事はこちら。

基本的には、GameViewController.swiftの「タイピングをした後に結果がでる」コードの部分にFirestoreのコードを追加するというものです

もっとみる
ありがとうございます!毎日続けるように、がんばります!
5

firebase.firestore にて key 名でソート

firebase.firestore で、データの検索(クエリ)をかける時に orderBy('項目名') でクエリ結果をソートできる。

objects = [ 1: { name: 'mike', }, 3: { name: 'ace', }, 2: { name: 'fred', },];

のようなデータ構造を objects 持っているとした場合、 name

もっとみる

nori-na Tech Night vol2でFirestoreとalgoliaについて爆速で喋りまくった話

新年度を迎えましたね。

新元号が「令和」に決まって、詩が詠まれたのが福岡と知り

大学と大学院時代6年間過ごした福岡での学生生活をふと思い出しました。

もう上京して2年が経ち月日が流れるのは早いなーと感じています。

3年目になりました。アプリエンジニアの岡です。

バタバタしてnoteの更新が遅れてしまいました。

今回は3月27日に開催しましたnori-na Tech Night vol2

もっとみる

チュートリアルやってみた! Cloud Firestore Android Codelab を通しで。

Android関連のチュートリアル集Codelab。
解説もついてて、とっかかりにはいいんですが、英語なのが・・・
今回はFirestoreに興味が湧いたので、通しでやってみました。

英語をよく読めば、何事もなくいけるんでしょうが・・・
やってみたけどつまずいちゃった人へ参考になれば!

【2019年最新】Vue.jsとFirestoreでユーザー機能付きCRUDアプリを2時間でつくれる超実践的チュートリアル

こんなチュートリアルです!

このチュートリアルでは、Vue.jsとFirebaseを使って、ログインしたユーザーが各国の都市に関する情報を投稿・編集・削除できるアプリ「City.」を作っていきます。

このチュートリアルを一通り進めることで、ログイン機能+投稿の閲覧・新規投稿・編集・削除という必要最低限の機能をそなえたWebアプリを誰でも1から最短で作ることができます。

なぜこのチュートリアル

もっとみる
ありがとうございます。ぜひ、シェアとフォローもお願いします!
6

# TypeのデータをRealmからFirestoreに移行しました

2017年の頭ぐらいから運営しているTypeはiOSDC 2017のLTでも発表した様にRealm Object Serverを利用していました。

 他にもいくつかRealmやRealm Mobile Platformについて発表した事もあったぐらいRealmが好きだったのですが、最近リリースしたTypeのバージョン2.1.2よりRealmからFirebaseにデータを移行する実装を入れました。

もっとみる

【FireBase】 FireStoreで簡単なぼっちSNSアプリを作ってみました

現在のアプリ開発ではiOS、Android共にデータ管理にRealmを使用して開発を行っています。慣れてしまえば一通りのことは行えるのですが、やはり様々な点でもう少しこうはならないだろうかという点はちらほら。

昨今ではFireStoreというモバイルアプリケーション向けデータベースが結構主流らしく、Firebaseは通知機能でしかお世話になってなかった身としては気になりますし、通知含めそういった

もっとみる