米国と日本の金融緩和対策に差

米国株式市場は小反発。ニューヨーク連銀 のウィリアムズ総裁の発言を受け、米連邦準備理事会(FRB)が月末に利下げに動くと の観測が強まった。

米国、インフレに早期に対応する追加刺激策が必要

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は18日、金利がゼロ近辺のときに低すぎるインフレに早期に対応する追加刺激策が必要で、景気情勢の悪化まで待つことはできないという認識を示した。
中銀会合で講演した。
インフレ

もっとみる

「G7財務相-リブラに対する重大懸念を共有」→ 仮想通貨市場の地合い再び悪化。「ステルスインフレ」の行方は?

今日のビットコイン(BTC) はスポットで103万円台ですか...筆者自身はBTCを最近見始めたばかりで、このマーケットの習性やポジションの偏りなどに精通しているわけではないのだが、ただこの展開-140万円台まで行って100万円台まで急落の後、1度120万円台に戻した後の100万円目指し-はBTCロング(買い)の人にはちょっときついかなあ。はっきりいってリブラの話はいわゆる売買の為にする理屈で、今

もっとみる

G20大阪以降も加速していく インパクト投資を巡るグローバルな動き

SIIF公式 note「シリーズ:ESGの一歩先へ インパクト投資の現場から」の新しい記事を公開しました。

「 G20大阪以降も加速していく インパクト投資を巡るグローバルな動き」(小柴優子)

SIIF公式noteは原則隔週水曜日の公開を予定しております。

<SIIF公式note>
5月8日 SIIFの公式 noteがはじまりました!(SIIF広報部)
5月8日 世界のインパクト投資家は何を

もっとみる

G20大阪以降も加速していく インパクト投資を巡るグローバルな動き

■ シリーズ: ESGの一歩先へ 社会的インパクト投資の現場から ■

さまざまな国際問題が議論され、その行方が注目されたG20サミット。6月29日の首脳宣言(日本語仮訳)では革新的資金の言及があり、第3セッションのスピーチで安倍総理は「地球規模課題の解決に必要な資金確保のため、社会的インパクト投資や、休眠預金を含む多様で革新的な資金調達の在り方を検討し、国際的議論の先頭に立つ考えです」とインパク

もっとみる

世界の国旗カード G7編|世界の国旗カード シリーズ

この単語帳について

G7(フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)の国々を収録。カード表面には「その国の国旗の絵文字」を、裏面には「国名」をメインに「首都」と「国旗の謂れ」の簡単な解説を掲載!

※お使いの機種により「国旗の絵文字」が正しく表示されない場合があります、ダウンロードの前に必ずプレビューにて表示をご確認ください

プレビュー

提供元

CUTBOSS

提供日

もっとみる

不平等が世界を不安定にする

弁護士であり、 日本人女性として初めて、
国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)の委員長を務められた
林陽子先生のお話を伺いました。

林先生は、 2018年6月にカナダ・ケベック州で開かれた
G7シャルルボワ・サミットの
ジェンダー平等諮問委員会(GEAC)のメンバーでもいらっしゃいます。

※外務省のWEBサイトの中段(3-2-オ「ジェンダー平等」)にある
「 ジェンダー平等アドバイザリー評議会

もっとみる

ニッポンって世界有数のケチ大国。

世界寄付指数ランキングというものがあります。

これを見ると日本は139か国中…

111位(2017年)

過去を見ても
102位
114位、と毎年下位の常連国とも言える数値です。

高校野球で言えば県大会の2回戦くらい。
とても甲子園に出場できるようなレベルではありません。

これってちょっと引いてしまうくらい情けなくないですか?
先進国のなかでは最も寄付金額の少ない国なんですって。

…って

もっとみる
ありがとうございます。みなさんが幸せでありますように。
28

「生産性」という言葉の定義の違い

前半の生産性の低さは罪悪感マネジメントに起因するところが多いという点には同意。ただ、後半の西日本災害における正常性バイアスの話は、この記事の主眼からすると少し話が違う気がする(もっとも筆者が言いたかったのは、不都合な真実に目や耳を向けない”素直に受け止めない人が多い”という点なのだろうが)。

日本は製造業で長きに渡り勝ち過ぎた。そのため、社会システムも会社も製造業に非常に特化・最適化された状態に

もっとみる

ドベ!

2016年度の労働生産性比較で、日本がG7の中で最下位をゲットしたという。下記に、G7のランキングを円で換算してみた。(103円/ドル)

1位 アメリカ 7,158円
2位 ドイツ  7,004円
3位 フランス 6,890円
4位 イタリア 5,572円
5位 イギリス 5,428円
6位 カナダ  5,232円
7位 日本   4,738円
この指標は、一人一時間当たりの労働生産性(人時生産

もっとみる

#私はG7海洋プラスチック憲章に署名します

週末に🇨🇦で開催された
G7サミットにおいて、
プラスチックごみの海洋汚染対策のため
世界各国に具体的な対策を促す合意文書、
「G7海洋プラスチック憲章」が
協議されたものの、
日本とアメリカは署名しませんでした。

.
日本に住んでいたらおいしいお魚を
たくさん食べることができたり、
食べ物に限らず、この国ではずっと
海と一緒に生きてきたはずなのに、
人間の好き勝手に便利なものを使い尽くし

もっとみる