GDPR

EXIT兼近事案から学ぶ公序と公共性

概要

パリピ口調のネオ渋谷系漫才で人気上昇中のお笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹に文春報道が出た。高三の女子生徒に男性客といかがわしい行為をさせた斡旋の罪で二十歳の時に逮捕され、罰金刑10万円の判決を受けていたという。兼近は北海道札幌市北区の出身。この話は、どうもあのすすきの界隈での話らしい。これを受けて当人がTwitterにコメントを出した。

関係者、応援してくれている皆様へ
この度は、お騒

もっとみる

https://jp.techcrunch.com/2019/08/05/2019-08-02-google-ordered-to-halt-human-review-of-voice-ai-recordings-over-privacy-risks/
GDPR発効後初となる中止命令を受けたグーグルの音声AIレビュー

GDPRは非常に厳格なデータ保護の仕組みで、違反にも大きなペナルティがある。が個人情報保護にはそれくらい厳格な運用をしなくてはいけないのかもしれない。

伊藤計劃よりほんの少しだけ先へ行ってみる -情報公害論③-



虐殺器官の射程

IT産業がもたらす情報の負の外部性という問題について、もっとも早い段階でセンシティブに受け止めかつ予見していたのはSF作家の伊藤計劃だろう。

彼の第一作目の長編小説である虐殺器官では、米国の特殊部隊の隊員である主人公が各国の政情不安定な地域での指導者暗殺のミッションを行っていく中で、実はそういった紛争の裏にはあるセオリーに基いて意図的にヘイトを扇動している人物がいることを

もっとみる

「GAFA後の世界を展望する-データ駆動型社会の新しいスタンダードとは?-」 “NHKクローズアップ現代(5月22日放送)で、伝えきれなかったこと”

5月22日放送のクローズアップ現代「追跡!ネット広告の闇 水増しインフルエンサー」というテーマに、出演させて頂きました。ここでは放送時間の都合上、十分にお話できなかったことを補完させて頂きます。

まずはこのトピックの背景にあるGAFAについて簡単に共有させて頂きます。20世紀の世界の経済を動かしてきたものは石油でした。時価総額でも石油メジャーと呼ばれる企業群がトップを走ってきたのですが、この石油

もっとみる
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。
3

2019-05-23 DMM x ZOZOを支える基盤技術 #dmm_zozo勉強会

2019/05/23 に開催された DMM x ZOZOを支える基盤技術 のイベントレポートです。

●イベント概要
「DMM x ZOZOを支える基盤技術」と題して、DMM.comとZOZOテクノロジーズで勉強会を開催します!

2社ともに巨大なプラットフォーマーとして、どのような基盤やプロセスによって支えているのかを事例を交えながら開発現場のリアルを語ります。
セッション後の交流会は、ビール

もっとみる

Facebookからデータを収集する前に知っておくべき5つのこと

1. 実際、robots.txtファイルによると、Facebookはスクレイピングを禁止している

Webサイトをスクレイピングするする前に、必ずrobots.txtを確認してください。Robots.txt は、Googleなどのロボット型検索エンジンのクローラーの巡回を指示するファイルです。ターゲットWebサイトのURLの最後に「/robots.txt」を加えることによってファイルにアクセスする

もっとみる

データドリブンなビジネスで押さえておきたい5つのポイント

こんにちは。グロービス・キャピタル・パートナーズの野本です。

IDCの予測によれば、ビッグデータ・アナリティクス関連の市場規模は、2022年に3,800億円達し、2017年~2022年のCAGRは8.6%になるとのことです。これはあくまでも、ビッグデータ・アナリティクスを支援するソフトウェアの市場規模ですので、データそのものを活かした事業機会は、これと比較にならないくらい大きいと想定されます。デ

もっとみる

Acuant Inc.

Acuant社は、詐欺を減らしながらシームレスなカスタマーエクスペリエンスとコンバージョン数の増大を実現し、企業と消費者が信頼して取引するための、AIを搭載した次世代のID検証プラットフォームを開発する企業です。 

KYC(Know Your Customer:顧客確認)、AML(Anti Money Laundering:マネーロンダリング対策)、GDPR(General Data Prote

もっとみる

データの取り扱いを巡る個人データ保護関連規制と公正な企業間の競争を促す為の法規制との関係性について

今回は完全なる個人的なメモです。

1.  背景

事業活動におけるデータの収集・利用の重要性が高まってきている。製造業が産業をリードしていた時代は(90年代までは)、データは新製品の開発や、生産・販売方法の改善、マーケティングの効率化等に用いられる程度だったが、今は、IoTの普及やAI関連技術の進展により、人手を介さずに収集・活用されるデータが飛躍的に増大し、新サービスの研究開発にも利用される中

もっとみる

プラットフォーマー規制

プラットフォーマーへの規制強化が主張されている。GAFA(Google  Apple Face Book Amazon.com)規制とも。中国のBAT(百度 アリババ テンセント)。日本では楽天などにも批判がある。先端企業とされてきたこれらの企業が批判されるようになった。実はプラットフォーマー側もこれらの批判は認識している。過剰な規制を招かないために対応を進めているのが現状だともいえよう。
 まず

もっとみる