Haiji

災害のときの浸水対策

大雨で家が浸水しそう、もしくはすでに浸水してしまった方に向けての記事です。

私は水害ボランティアの団体にも所属しているので、調べたことプラス自身の体験で描いています。

浸水前の場合と、すでに浸水している場合とでわけて描いています。

上記はご自宅で印刷するなどしてご自由に使っていただいて大丈夫です。

上記のデータでも読める程度の印刷はできますが、より綺麗に印刷したいという方は有料ゾーン(10

もっとみる

いざというときに避難所に持っていくもの

地震、大雨、土砂災害…

そういった予期せぬ事態に避難所に持っていくものを描きました。

上記はご自宅で印刷するなどしてご自由に使っていただいて大丈夫です。

上記のデータでも読める程度の印刷はできますが、より綺麗に印刷したいという方は有料ゾーン(100円)にて高解像度のPDFデータをダウンロードしてご使用ください。

もっとみる

イラストレーターを目指す人たちに伝えたいこと ハイジ編

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】最終回の第二十回目は「イラストレーターを目指す人たちに伝えたいこと ハイジ編」です。

イラストレーターを目指す方に向けて記載してきた「イラストレーターはじめのいっぽ」ですが、イラストレーターのなり方、イラストレーターとしての進み方はなんとなくイメージできたでしょうか?

もっとみる

イラストレーターを目指す人たちに伝えたいこと 企業編

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十九回目は「イラストレーターを目指す人たちに伝えたいこと 企業編」についてです。

このハイジノートは次回の第二十回でいったん最終回を迎えます。
それ以降は不定期で書きたいことが出てきたら追加していこうかなという感じで進めていけたらと思っています。
今回は私が企業の方

もっとみる

肩書きのたいせつさ

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十八回目は「肩書きのたいせつさ」についてです。前回の記事を少し掘り下げます。

私は名刺に「ほっこり・優しい・癒し系イラストレーター」という肩書きを書いています。

こういう肩書きがあることで覚えてもらいやすいし、私はこれで「得意な仕事をアピール」&「苦手な仕事を避け

もっとみる

イラストレーターのセルフプロデュース

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十七回目は「イラストレーターのセルフプロデュース」についてです。
セルフプロデュースというのはつまり自分をどう見せたいかということ。
私がやっているセルフプロデュースをご紹介します。

私がふだんから心がけているのは、
 (1)自分の肩書き・キャッチフレーズを事あるご

もっとみる

他のイラストレーターと比べてしまうときは

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十六回目は「他のイラストレーターと比べてしまうときは」です。

イラストレーターを目指している皆さんは、すでにお仕事をバリバリしているイラストレーター仲間の人と自分を比べてしまって落ち込んでしまう、という経験はないでしょうか。

私はめちゃくちゃ落ち込みます。

とい

もっとみる

アイデアが浮かばないときは

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十五回目は「アイデアが浮かばないとき」についてです。

テーマは決まっているのに、そのテーマでどんなイラストを描こう、どんなモチーフを入れようって悩むことありますよね。私はあります。
描くものがクライアントさんから細かく指示されれば悩まないかもしれませんが、「おまかせ

もっとみる

見積もりの出し方

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十四回目は「見積もりの出し方」についてです。

「イラスト○点、この内容で見積もりもらえますか?」って言われて、いくらのお値段をつけよう、、、と何十分も何時間も悩んじゃう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときは見積もりの算出の仕方を決めておくと楽です。

もっとみる

ラフにかける時間について

こんにちは。イラストレーターのHaijiです。ほっこり優しい癒し系のイラストを描いています。
【イラストレーター はじめのいっぽ】第十三回目は「ラフにかける時間」についてです。

イラストのお仕事を受注し始めた頃は、ラフをどれくらい書き込めば良いのだろうとか、ラフにどれくらいの時間をかければいいんだろうとか悩みますよね。

私は第二回目のハイジノートでも書いたように、早い段階で相手にイメージを伝え

もっとみる