IPOへの本道!!

IPOはどうすればできるのか?

新規上場の基準(実態基準)IPOをするには、形式基準と実態基準の両方をクリアする必要があります。

形式基準については明確に数字で示されているため、主観の入る余地はなく、その数字を実現すればクリアできます。
一方の実態基準はどうかというと、下表のように、とても大まかにまとめられています。

 (出典:日本取引所グループホームページ)

こんな感じだとどの程度しっか

もっとみる

サイバー・バズに上場承認:公募時価総額68億、インスタグラマー関連事業で粗利率向上

サイバー・バズに上場承認が出ました。2019年9月19日に主幹事大和証券で上場予定。サイバー・バズの目論見書を元に作成。

サイバーエージェントの傘下の企業は旧Voyage以来の上場です。個人的には今回の上場の意義は全く感じません。ネタまでにウォッチしましょう。

いつもの告知

注記:来週8/19月曜更新予定の資金調達情報ウメキワークスは、今週がお盆で案件数が少なかったため、8/26月曜更新回に

もっとみる

ギフティに上場承認:想定時価総額310億円。法人向けキャンペーン事業が売上倍増で急成長

ギフティに上場承認が出ました。2019年9月20日に主幹事野村証券で上場予定。ギフティの目論見書を元に作成。

いつもの告知

注記:来週8/19月曜更新予定の資金調達情報ウメキワークスは、今週がお盆で案件数が少なかったため、8/26月曜更新回にスキップします。ご了承ください。

<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!>

このnoteは単品でも1,500円で販売します

もっとみる

Chatworkに上場承認。想定時価総額578億、想定PSRはSlackの27倍より高い30倍程度か

Chatworkに上場承認が出ました。特にネット系企業ではSlackかChatworkか。という社内コミュニケーションツールです。2019年9月24日に主幹事大和証券で上場予定。Chatworkの目論見書を元に作成。

いつもの告知

<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!>

このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本+IP

もっとみる
もう「スキ」してくれないと、記事書かないんだからっ!
20

新規上場の基準(形式基準)Part2

時価総額というものが上場の基準として各市場に設定されていますが、これは「株価×発行株式数」で計算されます。東証一部は250億円以上、東証二部は20億円以上となっていますが、マザーズは10億円以上、JASDAQには基準はありません。本則市場に比べてかなり低い条件となっています。

事業継続年数という基準もありますが、本則市場は3年以上なのに対して、マザーズは1年以上、JASDAQにはこの基準もありま

もっとみる

新規上場の基準(形式基準)Part1

東証には5つの市場があることを紹介しましたが、それぞれの市場には上場審査基準というものがあります。これらは「形式基準」と「実質基準」に分かれており、両方を満たさなければIPOはできません。

形式基準は「株主数」「流通株式数」「流通株式時価総額」「流通株式比率」「公募または売出し等の実施」「時価総額」「事業継続年数」「純資産額(連結・上場時見込み)」「利益の額(連結)または時価総額」があります。

もっとみる

5つの新規上場市場

IPO(株式上場)といっても、いきなりトヨタやソフトバンクやユニクロと同じ条件を求められるわけではありません。東京証券取引所では「市場第一部(東証一部)」「市場第二部(東証二部)」「マザーズ」「JASDAQ(ジャスダック)」「TOKYO PRO Market」の5つの市場が用意されています。

トヨタやソフトバンクやユニクロなど有名な大企業は東証一部に上場しています。社会信用力は最も高く、資金調達

もっとみる

買収成功のカギ|M&A BANK Vol.202

買収を失敗させないために一番大事なこと

島袋
今回も春日さんに来ていただいています。
今回はポート社が掲げるM&A戦略について詳しく伺いたいと思います。

と言いますのも、昨今M&A中心に株価を上げてきた会社さんが、買った会社が減損して問題になる、ということが起きていますよね。
そのあたり、春日さんはどう思います?

春日
そうですね、やはりM&Aは会社を成長させていく上で重要な戦略ですし、僕ら

もっとみる

IPOのメリット・デメリットPart3

最後は「従業員の視点」から見たメリット・デメリットです。

メリットとしては、意識改革、モラルの向上、従業員持株会やストックオプションによる経営参画、株価上昇による利益の享受などが挙げられます。

デメリットとしては、IPO後の待遇面での不満、退職リスク、従業員持株数の不平等などです。

IPOの最も大きな影響(メリット・デメリット共に)は上場企業というステータス、ブランドを得ることによる従業員の

もっとみる

投資銀行サロン 週間レビュー No.155

【投資銀行サロン 週間レビュー No.155 】

先週の週間レビューです。
先週は仕事が忙しく、
あまり更新出来ず申し訳ございませんでした。

今週は
ぺんてるの話が暗礁に乗り上げているということでした。

まあ、側から見れば、ぺんてるオーナーがファンドに売る時に、
LPの素性が好ましくないと判断した場合は、
買い戻し請求権を発動させるなど、
最初に記載しておけば良いではないかと思いますが、

もっとみる