音の顕微鏡 vol.1

クラシックの作品を題材に、創作や即興演奏も学びたい方のためのレッスンこぼれ話をご紹介。
音楽分析を実際の演奏や創作に活かしましょう~

【本日の素材:Chopin Etude Op.10-12】

ショパンのピアノのための作品群は、誰もが知る名曲の宝庫で、特にOp.10とOp.25のエチュード集はクラシックピアニストなら避けてとおれない作品集ですね。ジャズピアニストにとってもそれは例外ではなく、メ

もっとみる

2020アルバム制作ノート 6

星の彼方、碧い海の底、、、"Nebula" と "Deep Sea".  ここ1年ほど、このふたつのオリジナル曲をバンドで繰り返し演奏している。練り、鞣し、製錬し、色々な方向から眺めても、いよいよ頼もしい感じになってきた。

私はChristopher Nolanの映画"Intersteller" が大好きだ。壮大で大胆なドラマ展開と信じられない程精密で濃厚な内容の物語が広がる世界。私はこのような

もっとみる

ジャズのアドリブとはその瞬間に作曲をすることだが鼻唄によく似ている。

私は普段よく歌っている。歌いながら何かをしている。子どもの頃からそうだ。口笛や歯笛の時もあった。いわゆる鼻唄である。その歌の出所はおそらくテレビやラジオで聴いた音楽や、デパートや食堂で流れている音楽だったと思う。いつも踊りながら歌っていた。きっとリズムを表現していたのだと思う。電車に乗ってひとり歌を口ずさんで怪訝な顔をされる時もあった。それは今でも時々ある。

トランペットを始め、その後ジャズを知

もっとみる

Theremin/Cello Duo Improvisation Project No.1

少々、毛色の変わった話題ですが、テルミンとチェロの即興演奏セッションをプロデュースさせていただいたのでご紹介します。

ほぼ半日をかけてテルミンとチェロのデュオによる完全インプロヴィゼーションセッションを敢行しました。テルミンの演奏は三毛子、チェロはKei Yamamotoによります。譜面なし、事前の打ち合わせなし、完全なぶっつけ本番の即興演奏となりました。

ほぼ1時間程度の演奏を録音しましたが

もっとみる

「(ジャズにおいて)演奏時にどのくらい周りを聞くべきか」Part3 「フリーミュージックの演奏のスタンスに学ぶべきかも」

前回のエントリーで曲をよく知るということを書きました。

どのくらいよく知っているかと言えば「自分の家への帰り道」位、全く何も意識しなくてもたどり着けるその風景も知っていると言う位の状況まで曲を知ると言うことです。

確かにそれはなかなか難しいことではありますが、例えばブルース。例えばリズムチェンジ。この辺はジャズをやっている人であれば誰でも、楽譜を見ずに演奏できるはずです。まずそこで人の演奏をよ

もっとみる

「(ジャズにおいて)演奏時にどのくらい周りを聞くべきか」Part2 「通い慣れた道の風景のように曲を知る」

前回のブログの「演奏中どのくらい曲を聴くか」が思いのほか反響があったので続きを書いてみようと思います。

演奏中、共演者の演奏を聴くことに大きなパーセンテージを費やすためには、アドリブソロを含めた演奏時に心を煩わせるものをどれだけ排除できるかが大事だと思います。

たとえば初見の曲や、あまり知らない曲を演奏する場合には、どうしても曲の構成やコード進行、サイズに神経を使ってし、どうしても譜面にかじり

もっとみる

プンドポの夕べ 15

ライブをします。この前のページに書いたものからタイトルをピックアップし、即興演奏で構築していきます。
どうぞお楽しみに!

<いつもより豪華な!>
プンドポの夕べ vol.15
2018年12月19日(水)
20時スタート (19時半オープン)
チケット;前売2500円 (当日3000円)
会場:金一志韓国伝統芸術院

プンドポの夕べ vol.15 のゲストはこれまで出演いただいた、市尾優作さん

もっとみる

航跡『戯曲活用ワークショップ』を開催します。演劇モンスターが教える、劇構造を紐解くためのインプロヴィゼーション。

本日は演劇の話。プレイヤーに向けたワークショップのお知らせです。

わたくしが所属しているユニット、航跡の主宰である梶原航(プロフィールはこちら)が講師を務め、戯曲活用のためのワークショップを行います。日程は2018年12月17日(月)~21日(金)、場所は都内(東高円寺もしくは新大久保を予定)、参加費は1コマにつき1500円。演劇モンスターが教える、劇構造を紐解くためのインプロヴィゼーション。ぜ

もっとみる