J_POP

前進と退行

今日は雨。
目覚めとともに頭痛に苛まれた。
年が開けた頃には想像もしなかった環境の変化が、続々と私に訪れている。
あまりに進みすぎると心が停止すると言う。私の場合、停止どころか退行を求めているような気がする。
耳が子どもの頃に流行った曲を求めているのだ。
YouTubeで古い曲を流す。
80年代J-POPは大人っぽくて洗練されている。

安全地帯の「恋の予感」、「蒼い瞳のエリス」は出だしから心の緩
もっとみる

長時間歌番組とダウンロード購入について

ここ最近長時間の歌番組が多い。

本日もTHE MUSIC DAYという9時間越えの歌番組が放送され、
昨日は2時間ながらもMUSIC STATIONの特番があり、
先週はテレ東音楽祭という5時間の生放送があった。

来週以降も音楽の日やFNS うたの夏まつりの放送を控えており、
実際の夏フェスのみならず、テレビの歌番組の中での“夏フェス”も盛り上がっている印象を受ける。

このような長時間の歌番

もっとみる

どしゃ降りの雨の中、蒲田で統合失調症の方向けパーティーrefreshingを開催しました

おはようございます。統合失調感情障害のDJ Ryutaです。今回は統合失調症の方向けパーティーrefreshing開催について書きたいと思います。

統合失調症や精神障害の方が専門に楽しめるクラブパーティーってなくねえか?

けっこう健常者のパリピ向けパーティーは合っても統合失調症や精神障害の方が楽しめるクラブパーティーってないんですよね。

そしたら、俺が作っちゃえ!ということで始めたのがref

もっとみる

BABYMETALについて(その2)

カバー画像は、METALLICAとBABYMETALの夢の競演。
METALLICAはよくモンスターバンドとよく呼ばれてましたね。
BABYMETALも日本のモンスターバンドだと私は思います。
マジな話で。

以下、前回の続きです。BABYMETALが生み出したものは何か?

ちなみに前回はこちら。

もっとみる

統合失調感情障害でもDJになれる、DJ Ryuta

こんばんは。統合失調感情障害のリュウタです。今回は統合失調感情障害の僕がどうやってDJになったかのお話です。

4回の挫折を経てJ-POP DJとなる

僕は16歳からクラブに通っています。19歳からDJを始めました。でも、クラブでプレイしたのは2回だけです。

21歳のとき、六本木のエイベックスが運営する大型クラブvelfarreでクラブミュージックの真の洗礼を受けます。世界一流DJのプレイに実

もっとみる

統合失調感情障害のDJ、リュウタです。12分のDJミックスを作りました。J-POPです。

Listen to DJ Ryuta J-POP Short Mix by Ryuta Sagara #np on #SoundCloud
https://soundcloud.com/ryuta-sagara/dj-ryuta-j-pop-short-mix

ONARA RECORD #22「何度でも/DREAMS COME TRUE」

今回ご紹介するオナラレコードは「何度でも/DREAMS COME TRUE」です。

DREAMS COME TRUEは吉田美和と中村正人の2人で結成されたバンドです。元々はとんねるずのサポートメンバーを務めていた中村さんが、1988年のコンサートの際に吉田さんをバックコーラスとして招聘したことがきっかけで結成されたそうです。彼らは1990年代から既に頭角を現し、「笑顔の行方」で初のオリコンTOP

もっとみる
「美熟女ブームは世の中が正常になってきた証拠」高須克弥
13

ONARA RECORD #21「ハナミズキ/一青窈」

今回ご紹介するオナラレコードは「ハナミズキ/一青窈」です。

一青窈さんは福祉イベントで歌っているところをスカウトされ、2002年に「もらい泣き」でデビューしました。同曲がヒットし、数々の新人賞を受賞し、翌2003年には紅白歌合戦にも出場を果たしました。
そして、そんな順調な彼女が更なる飛躍を遂げたのは2004年です。彼女はその年に映画「珈琲時光」の主演を務めてはアカデミー賞で新人賞受賞、そして彼

もっとみる
「美熟女ブームは世の中が正常になってきた証拠」高須克弥
14

ONARA RECORD #20「名もなき詩/Mr.Children」

今回ご紹介するオナラレコードは「名もなき詩/Mr.Children」です。

Mr.Childrenは今や日本を代表するモンスターバンドです。デビューは1989年ですが、彼らが最初にロングヒットを出したのが1993年の「CROSS ROAD」で、翌年「innocent world」で初のオリコン一位を獲得し、一気にスターダムへ駆け上がりました。
その後も第一線で活躍し続けるミスチルですが、彼らの代

もっとみる
「夢の中でのオレは、いつもモテてるんだ」高田純次
23