Juventus

Champions League⚽️ 第2戦 vsレバークーゼン

快勝

3-0
得点者 イグアイン、ベルナルデスキ、ロナウド

★スタメン 4-3-3

シュチェスニー 60点
サンドロ 60点
デリフト 65点
ボヌッチ 65点
クアドラード 70点
ピャニッチ 70点
マトゥイディ 60点
ケディラ 60点
ベルナルデスキ 55点
ロナウド 50点
イグアイン 75点 🌟

★交代

ベンタンクール 60点
ラムジー 60点
ディバラ 65点

★ベンチ

もっとみる

SerieA🇮🇹 第6節 vsSPAL

久しぶりのクリーンシート

2-0
得点者 ピャニッチ、ロナウド

★スタメン 4-3-1-2

ブッフォン 60点
クアドラード 60点
デリフト 75点 🌟
ボヌッチ 65点
マトゥイディ 65点
ピャニッチ 70点
ケディラ 60点
ラビオ 60点
ラムジー 65点
ディバラ 70点
ロナウド 55点

★交代

ベンタンクール 60点
ジャン 50点
ベルナルデスキ 55点

★ベンチ

もっとみる

SerieA🇮🇹 第5節 vsブレシア

2節連続の逆転勝利。

1-2
得点者 OG、ピャニッチ

★スタメン 4-3-1-2

シュチェスニー 55点
ダニーロ 55点
ボヌッチ 65点
デリフト 60点
サンドロ 60点
ピャニッチ 70点
ケディラ 60点
ラビオ 60点
ラムジー 70点
ディバラ 70点 🌟
イグアイン 55点

★交代

クアドラード 65点
マトゥイディ 60点
ベルナルデスキ 55点

★ベンチ

もっとみる

Champions League⚽️ 第1戦 vsアトレティコ・マドリード

もったいないドロー

2-2
得点者 クアドラード、マトゥイディ

★スタメン 4-3-3 (4-4-2)

シュチェスニー 60点
ダニーロ 55点
ボヌッチ 65点
デリフト 60点
サンドロ 65点
ピャニッチ 60点
ケディラ 65点
マトゥイディ 65点
クアドラード 70点 🌟
イグアイン 55点
ロナウド 60点

★交代

ベンタンクール 55点
ディバラ 60点
ラムジー 60

もっとみる

SerieA🇮🇹 第3節 vsフィオレンティーナ

手痛いドロー

0-0

★スタメン 4-3-3 (4-4-2)

シュチェスニー 60点
ダニーロ 55点
デリフト 55点
ボヌッチ 60点
サンドロ 65点
ピャニッチ 55点
ケディラ 60点
マトゥイディ 65点 🌟
コスタ 45点
イグアイン 55点
ロナウド 55点

★交代

ベルナルデスキ 50点
ベンタンクール 55点
クアドラード 60点

★ベンチ

ラムジー、ディバラ

もっとみる

SerieA🇮🇹 第2節 vsナポリ

開幕2連勝。

4-3
得点者 ダニーロ、イグアイン、ロナウド、OG

★スタメン 4-3-3 (4-4-2)

シュチェスニー 60点
デシリオ 55点
ボヌッチ 65点
デリフト 50点
サンドロ 70点 🌟
ピャニッチ 70点
ケディラ 65点
マテュイディ 65点
コスタ 70点
イグアイン 70点
ロナウド 65点

★交代

ダニーロ 65点
ジャン 50点
ディバラ 60点

もっとみる

SerieA🇮🇹 第1節 vsパルマ

開幕戦勝利。

0-1
得点者 キエッリーニ

★スタメン4-3-3 (4-4-2)

シュチェスニー 60点
デシリオ 60点
ボヌッチ 55点
キエッリーニ 65点
サンドロ 55点
ピャニッチ 75点 🌟
ケディラ 65点
マテュイディ 55点
ロナウド 65点
イグアイン 55点
コスタ 65点

★交代

ラビオ 55点
クアドラード 60点
ベルナルデスキ 50点

★ベンチ

デリ

もっとみる

18-19season選手評価 (DF篇・後編&GK篇)

さて、シーズン開幕後の更新となってしまったが、昨シーズンの振り返りをここで完結させることとする。

今回はサイドバックの4人とゴールキーパーたちについての評価をさせてもらう。

リヒトシュタイナーが抜けた右サイドバックにはカンセロが、ブッフォンが抜けた正キーパーのポジションにはシュチェスニーがそれぞれスタメンとして名前を連ねることが多かった。

両者ともに前任の後を立派に引き継ぎ、離別の寂しさを感

もっとみる

【感想】19/08/11 ICC第3戦 vsアトレティコ・マドリード

ICC2019の最終戦。

ユヴェントスは残念ながら勝利を収めることはできなかった。

だが、アジアツアーの3試合で見せたパフォーマンスとは大きく違う、新しいユヴェントスの骨格が見て取れる試合であった。

■試合

1-2 敗北

■チーム

試合全体を通じてボールを保持できていた。アッレグリのころにはあまり見られなかったポゼッション率の高さがチームの改革を物語っている。

前半は非常にリズムの

もっとみる