MDを数ヶ月振りに聴いている。
AVアンプで擬似5.1chにして聴いてるんだけど音場が立体感ある。それは擬似5.1chだからだけど、やはりMDはMDだなと再認識する
音に密度がないのがよく分かる。

ホント疲れない音だね

心地よくて好い音だ。ずっとMDだけを聴いてるのも好い

学生時代に好きだった音楽を語り合いまくる日。(おしゃべり企画「どうぞ、おスキに。」)

学生の頃、どんな音楽が好きでしたか?
当時よく聴いたバンドや好きだったアーティスト。
音楽についてアレコレ30分おしゃべりしました。ちょっと盗み聞きしていきませんか?

 

「どうぞ、おスキに。」
僕、椎名トキが“面白い”と思う人と1つのテーマで30分おしゃべりし、文字起こしした会話を御茶請けのように楽しんでもらおうという企画です。
隣の席のおしゃべりを盗み聞きするような、
部屋でなされる会話を

もっとみる
00:00 | 00:30

満を持して社会人となった、20代後半サラリーマンとOLによるお喋り番組。

第2回は「僕たち私たちの音楽遍歴。」です。

90年代初頭生まれの我々が、どのような音楽を聞いてきたのかを話しています。
ドビュッシー、森山直太朗、RIP SLYME、ELLEGARDEN...
TSUTAYAとかFM802の話なんかもしています。


フルVer.は以下でお聴きになれます。
Spotify : https

もっとみる

身代金を要求されたRadioheadがOK Computer期の未公開音源を期間限定で販売中!?

なんじゃこりゃと言うニュースが飛び込んできて、気が付いたら18£払って買ってました。

Pitchforkの元記事

事の顛末は何者かがフロントマンであるトム・ヨークのMDを盗み、これを公開して欲しくなければ15万ドルを支払えと要求。
それに対してバンド側は身代金の要求には応じる事は無く、18時間に及ぶOK Computer セッションの音源を18日間、18£(約¥2,597)で販売すると言う反撃

もっとみる
00:00 | 00:30

ステラジ77【最新せいろファッション】
ステキなアシストを目指す情報ブログ『ステキアシスト』のラジオ。
通勤時間、お掃除の時間、睡眠前のリラックスタイムなど…
あなたの”ながら時間”を30代のリアルが楽しく彩ります。

【今回のステラジ】
・最新せいろファッションを試してみたので見てみてほしい
・へむへむと会ったらかおちゃんの妹も来た話
・弟は兄貴が聞いてる音楽に影響される
・カセットに管がついて

もっとみる

小売業・MD実務シリーズ”どうやって利益を残すか”

◉小売業・MDとしての仕事の最終目的は利益を残すこと

突然ですが、小売業ひいてはそれを構成する主要業務であるMDの最終目的は利益を残すことというのが私の考えです。

いやいや売り上げでしょう、という意見もあると思いますが、正しいようで間違ってます。正確には、業界の1位企業や10年前までならそれも正しいとは思いますが、現実的にはそのような企業ではない組織に属している人が大半だと思います。

さらに

もっとみる

そのうちと言いながら突然やってくる、音声配信日記です。
また音量が少し小さいかもしれません。

音楽について少し語って&歌っています。いろいろヘタクソで申し訳ない。
みなさまよい連休をお過ごしください。
僕の日記は通常営業ですので、ぜひまた読んでもらえると嬉しいです!

ありがとうございます!乃が美の食パン食べてみたい。
11

消化率と原価率から考えるアパレル事業の在庫リスク

トレンド、シーズン、サイズ、様々な要因で売上が左右されるアパレル事業。アパレル事業の大きな悩みの1つが、在庫問題。店頭を華やかにディスプレイするためにも、売上の最大化を狙うためにも在庫リスクは必要。
そんな在庫はBSにおいては資産となり、過剰在庫でもBS、PLを見る限りでは経営において健全な状態かどうかが判断がつきにくい場合がある。

そこで、プロパー消化率、セール消化率に原価率を掛け合わせること

もっとみる

企画者は、右脳と左脳を同時に動かす

◉企画者は、アーティストでもコンサルタントでもない

「企画脳を鍛えるために、どうしたらいいんですか?」

こんなことをたまに聞かれます。自分は特に無意識にやってたので、あまり気にしてなかったのですが、人によってはどうしていいか分からないという方も多いようです。

算数が苦手なら計算ドリルをする。英語が苦手なら語彙力を高めるために単語帳をやりまくる。

勉強なら参考書や学習マニュアルがありますが、

もっとみる

平成を振り返る・オーディオ機器編その2 MDの衰退

■MD登場。曲が表示されるだけで狂喜したあの頃
入学直前に買ってもらったミニコンポSELFIEのおかげで、高校時代の3年間は楽しく過ごすことができました。
あの貴重な3年間高音質に触れ続けたのは、良い耳を作るために必要不可欠な時間だったと今でも思います。人生における最高の投資でしたね。

持っているステレオのスペック=その人間のスペックみたいな時代でした。
「何聞いてるの?」よりも「何で音楽聞いて

もっとみる