bird 20th Anniversary Best Trailer

「bird 20th Anniversary Best Trailer」

bird 20th Anniversary 、いろんなことを思い出します。birdを聴いて、MONDO GROSSO・大沢伸一さんの音楽を聴いて、ファンになってからバンドや歌を歌うことを始めました。そこから、いろんな音楽やアーティストを知り、いろんなバンドをやり、今に至ります。私の原点。

きっと、私だけじゃなく、たくさん
もっとみる

渋谷のラジオなのに映像部#4

2019年4月15日16:15-16:55放送

00:00 | 00:30

ゲスト: 大槻ティモ光明・丸山健志 (CONNECTION Inc.)
パーソナリティー:林永子 @snacknagako
月曜副責任編集:takepan

ゲストはご近所の渋谷ブリッジにオフィスを構えるCONNECTION Inc.から大槻ティモ光明さん、丸山健志さんをお招きしました。
http://cnct.work
CONNECTION Incは各方面で活躍している映像作家が一堂に集結したク

もっとみる

5秒で見分けるオシャレな音楽

音楽を見つけ出す際に、「一体どこから聴けばいいの?」や、「どこまで聴いて判断すればいいんだろ?」なんて思ったことはありませんか?僕も以前は、「とりあえず1番のサビまで…」とか「もしかして2番のサビ終わりに劇的な展開があったりして…」などと思いながら、すごく頑張って聴いていた時期がありました。

長年聴き続け、比べ続けた結果、たどり着いた答え。それは「冒頭の15秒だけ聴いてみる」。そうコレなんです。

もっとみる

はじめてのプレイリスト bird

自分にとっての平成を飾るプレイリストの1つが、birdのプレイリスト。
(電気グルーヴもだけど、今は作れないからしゃーない、、ことはないがしばし待ち。)

彼女の音楽との出会いは20年前、
名古屋パルコのバナナレコード。
爆音でかかってた「SOULS」のボサノバミックスに鳥肌が立って、
そのまま立ちすくんだ挙句、店員に誰の曲か聞いて即買いしたのが始まり。
それからずーっとシングルベースで追っか

もっとみる

【田端さんVoicy文字起こし】「田端が語るアイドル論 TaBar vol2」

こんにちは。Likutoです。
田端さんがVoicyを更新されなくなって久しいですが、過去のものでも起こしていないものが幾つかあるので起こしてみます。
今回はアイドル論、特にBiSH、アイナ・ジ・エンドさんについてですね。
アイナ・ジ・エンドさんを知ったきっかけ、またそこからBiSHに興味を持たれていく過程を語られています。
※元のVoicyはこちら→https://voicy.jp/channe

もっとみる
ありがとうございます!できれば支援もぜひお願いします(^^)
7

その前に、香港へ。

中国の東莞に住もうではないかと決めたものの、これまで北京と上海くらいしか行ったことがない。仕事をどうすることにしたのかは別の記事で書くとして、ひとまず東莞がどんなところか探るべく、有給を使って1週間ほど中国の東莞へ行ってみることにした。

既に東莞で暮らしている旦那(ビザ申請中のためホテル暮らし)と香港で待ち合わせすることに。東莞へ行くには、香港に入ってそこから乗り合いタクシーで深センに移動、入境

もっとみる

春はトワに目覚める

白い霧はみるみると
金色に変わりだす
まばゆい光の矢が
さんさんと地肌にそそぐ

頭上には青空 手をつなぐ梢に
白樺の林に敷かれたキンポウゲの黄色

大きな水の音 いずれは河となり
それよりも美しい一羽の鳥のさえずり

その声を合図に全ての鳥が鳴きしきり
あらゆる方角から沸きおこる
Polyphony at play

霧のなごりはなく
空はますます青く澄んで
走り抜けてく白い雲
しんとした空気を

もっとみる

先日初めてオーストラリア/ゴールドコーストに行った
今まで行ったことのあるビーチで最も好きかもしれない
その理由の大部分は人の少なさと「砂」
宝石を磨くのに使えるらしい
そしてワイキキの砂は実はここの砂を輸送しているらしい
知らないことがまだまだある。

香港で満島ひかりごっこした話の舞台裏

見つめなあ〜いで〜、悲しいほぅお〜

すみません、このMONDO GROSSOのラビリンスがめちゃくちゃ好きで、未だにヘビロテしてるんです。

先日香港&中国深セン旅行に行きまして、この曲のオープニングに出てくる、巨大密集住宅「益昌大廈」Yick Cheong Buildingに行きました。

MTRの太古と鰂魚涌のちょうど中間地点。
ちなみに「益昌大廈」は今もふつーに住人が住む、集合住宅。だから

もっとみる

MONDO GROSSO「偽りのシンパシー」はJ・ジュネか「危険な関係」か フランス近代恋愛小説の濃密な官能性を想起

MONDO GROSSOの楽曲「偽りのシンパシー」がいい。

 TBSドラマ「きみが心に棲みついた」(火曜22時~)の挿入歌だ。アイナ・ジ・エンド(BiSH)の歌声が官能的なのもいい。何かを、思い起こさせる。めくるめく、濃密な「堕ちていく」感覚。この、遠い、懐かしい、既視感(デジャヴュ)——

 ドラマは、いじめのような、厳しい支配・従属関係にあった男女の関係性を描く。それは疑似恋愛だ。支配側だっ

もっとみる