山九、採用に「氷河期」枠 22年までに300人 人手確保へ他社に先駆け 総合物流の山九は「就職氷河期世代」の30代半ばから40代半ばの人たちに限定した中途採用を始める。

2022年までの3年間で計300人の採用枠を設ける。政府は就職氷河期世代の支援を打ち出している。一般的な中途採用に比べて人材育成コストなどは必要になるものの、山九は他社に先駆けて同世代の採用に乗り出すことで人手確保につなげたい考えだ。政府は6月に閣議決定した経済財政運営の基本方針(骨太の方針)で就職…

#COMEMO #NIKKEI

もっとみる

#膵臓がん周辺に抑制物質名古屋大薬物開発に一歩 膵臓(すいぞう)がんのがん細胞の周りにある細胞に、がんの進行を抑制するタンパク質が含まれることを発見したと、名古屋大の研究チームが22日、米医学誌電子版に発表した。

水谷泰之・助教は「抗がん剤が効きにくい膵臓がんの薬物治療法開発の第一歩になれば」と話している。がん組織はがん細胞と、それを囲む線維芽細胞などで構成される。線維芽細胞は、がんを促進するものと抑制するものがあると考えられており、チームはメフリンというタンパク質を持つ細胞に着目。遺伝子操作でメフリンを持たなくしたマウスに膵臓がんを発症させると、進行が早く悪性になりやすかった。がんが進行するとメフリンが減

もっとみる

#英離脱合意近づく崩壊独首相30日内に解決策を ジョンソン英首相と欧州連合(EU)の離脱問題を巡る初の"直接対決"は「合意なき離脱」が近づいていることをうかがわせる結果となった。

メルケル独首相との21日の首脳会談では、離脱で最大の懸案であるアイルランド国境問題の解決策を、英側が30日以内に示すことで折り合った。しかしメイ前政権が解決できなかった同問題への妙案が短期間で見つかる保証はない。事態打開は全く見えない状況だ。「…

#COMEMO #NIKKEI

もっとみる

#日韓対立 #安保に波及 元徴用工をめぐる問題や貿易管理の厳格化で悪化してきた日本と韓国の対立関係が、安全保障分野にも波及した。 安倍晋三首相は韓国大統領府が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた

22日夕、記者団の問いかけに答えることなく首相官邸を後にした。元徴用工訴訟は2018年10月に韓国大法院が日本企業に賠償を命じる判決を出したのが転機だ。日本政府は元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権協定…

#COMEMO #NIKKEI

もっとみる

#日韓軍事情報協定を破棄韓国政府が決定 韓国大統領府は22日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開き、日韓で防衛秘密を共有する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。輸出管理を厳しくした日本への反発から韓国政府内では破棄論が強まっていた。

北朝鮮がミサイル発射を繰り返すなか、日米韓の安全保障協力に影響を与える恐れがある。NSCの金有根(キム・ユグン)事務処長が記者会見で「GSOMIAの終了を決めた。外交ルートを通じて日本政府に通報する」と述べた。破棄の理由として日本が輸出管理を簡略化する優遇対象国から韓国を除外すると決定したことを挙げ「両国の安保協力環境に重大な変化をもたらした。敏感な軍事情報の交換を目的とした協定を続けることは国益

もっとみる

翻弄されている日本企業に役立つヒントはここにある

GAFAだ、DXだ、SDGsだ、ESGだと海外の動きに翻弄されている日本企業に役立つヒントは海外や日本の大手企業ではないところにある。マザーハウス代表である山口絵理子さんもヒントをくれるそのひとりだと思う。

昨日のobanote「日本企業の『看板』とチーズはどこへ消えた?」では、米国経営者が下した「株主第一主義」という「看板」に対して、日本の経営者が掲げてきた「看板」はそもそも何だったのか?を問

もっとみる

ただいま投稿中

シェアハウスが経済的なのかどうか、わからない。昼間働きに出る人と夜間働きに出る人が住居をシェアすれば、一応エコノミー。シェアハウス/ルームシェアは、そのような理由で広がっているのかもしれない。

以前に接した情報では、シェアハウスには縛りがないらしい。共同生活者に干渉しない。挨拶や会話はするが、生き方に口を出さない。当たり前のことかもしれませんが。
しかし、面白いなと思ったのは、あるシェアハウスに

もっとみる

PDCAサイクル、まずは顧客接点から

日経電子版の記事【栃木県のマルニ商事 オリジナル額縁を短納期で】で紹介される事例は、まさに事業承継⇨事業拡大のケーススタディーにうってつけではないでしょうか。

 まず、記事から一連の施策を整理してみると――

▶打ち続ける施策~PDCAを回す~

(1)『ホームページの開設』・・・商圏外からの来店客など、ネットの
               威力に開眼。
 ⇩
【課題】ユーザーは、ネットで価格

もっとみる

NIKKEI The STYLE My Story 解剖学者・養老孟司さん

2019年8月11日(日)付 日本経済新聞 My Story 解剖学者養老孟司さん より以下一部転載。

自然のなかで生き 多様性を取り込む
 「今や世界人口の8割が都市部に暮らしているといわれている。異常な状況です。」都市では人にとって有用なものか、そうでないものかが選別される。「本来、世界は人間にとって意味のないものを大量に含んでいるのに、それを排除していく。だからゴキブリも蚊も嫌われる。最終

もっとみる