NPO未来ラボ

学び、つながり、前進

ニーハオ👍なぎょんです🐼
5月11日かわるフェスに参加してきました!

いつでもイベントに前のめりなわたし🐼
今回は、かわるフェスの概要やわたしの学んだことについて書きます✏️

結論:得意な中国語を社会貢献と稼ぐこと、両方に活かせると気づいた!

1.ポルカでクラファン挑戦

かわるフェスの交通費をクラファンで募ってみました。
最終的に¥12,350集まりました👏
クラファン集めのプロセ

もっとみる

かわるフェスに関わる事が出来て変わった意識

NPO未来ラボ様のかわるフェスに参加させていただきました。今回のイベントではイケダハヤトさんや箕輪さん、家入さんなど豪華なゲストが登壇、インフルエンサーの皆さんの価値観を知ることができ、また興味深いやりとりも見る事ができました。

ライブ配信を担当した、やわラボも、かわるフェスの趣旨に併せた!?関西・関東あわせて4名で配信。配信後、代表の今井さんやリーダーの寺嶋さんから嬉しいお言葉をいただきました

もっとみる
今日の運勢は良かったかもしれません!ラッキーアイテムはかかし!
24

フェスを作るということ

自分は思い立ったらすぐ行動してしまうタイプです。

「これがしたい」と思ったらすぐに行動に移してやってしまう。
後先を考えずに「まずはやってみよう」となる。

もちろんそれでうまくいかないことも沢山あるけれど、それでも何でも経験だと思っているし、やらずに後悔するよりは、やって後悔した方がいいと思っている。(基本やって後悔することはないですが笑)

自分でもとても楽な性格だと思っている。

でも、多

もっとみる

やりたいことは言葉にしよう。そして動いてみよう。

最近、本当にやりたいことが色々ある。

そしてそのやりたいと思っていることを言葉にすることで、共感だったり、リソースだったり、アドバイスをもらえている。

少しずつ周りを巻き込んでやりたいことが形になってきているこの感じが嬉しいな。

ちょっと自分のやりたいことを備忘録的に書いてみた。

かわるフェス

NPO未来ラボで昨年の夏に構想が浮かび上がってから早半年。

5月11日に大阪で行う大規模フェ

もっとみる

【不登校の子どもをなくすのではなく、“不登校”という言葉自体がなくなる社会を目指して』】未来ラボメンバーインタビュー⑤

誰が見ても、「優しそうだな」と感じる柔らかい表情。そして、決して相手を蔑ろにしないからこそできるコミュニケーション。彼と話していると、誰もを受け止めてくれるような親心を感じる。しかし、彼に初めて会った時、僕は彼に自分の全てをさらけ出せない、不安というよりは違和感のようなものを感じていた。

 そんな彼は、立山剛さん。大学の職員として勤めながら、特定非営利活動法人東京シューレというNPOで理事をして

もっとみる

【想いの強さと多動力を武器に宮野雄弘がNPO未来ラボと共に目指す誰も排除されない社会とは】未来ラボメンバーインタビュー④

マルコメ味噌のキャラクターマルコメ君。彼を見た時に最初に思い浮かべた。
いがぐり坊主頭に人懐っこくニコニコしている彼の表情は、初対面の人でも安心させる親しみがにじんでいる。彼がニコニコしてそこにいるだけで場の空気が和らぐのを感じさせる。

インタビューの事前準備のために彼のことを調べてみて驚いた。彼は2017年大学入学後、半年で休学し、現在は複数の活動をかたちにしようとしている。初対面での印象とは

もっとみる

【「誰も一人にしないために。」 ~孤立のない未来を見据えて~ 本山幸志郎インタビュー】未来ラボメンバーインタビュー③

10月下旬、画面越しにまっすぐ視線をこちらに向けた彼はごく普通の青年に見えた。

「はじめまして。」

油断してはいけない。NPO未来ラボは熱い人しかいない。
そう思いながらインタビューを始めた。

本山幸志郎
1995年5月生まれの23歳。三重県生まれ、神奈川県育ち。私立栄光学園中高等学校、慶應義塾大学環境情報学部を卒業。新社会人としてシステム開発会社でECサイトの開発に携わるが、今年度末をもっ

もっとみる

今さら感もありますが。動く・出会う・繋がる。

昨年の年末に2018年の振り返りを行っていたのですが、未来ラボのことだけでかなりの長さになったので、そのほかに行ったことは改めてと言っているうちに正月三が日も過ぎて、通常運転になってきました。

今さら感がありますが、せっかくの機会なので、他に何を行ったか簡単にでも振り返っておこうと思います。

noteに書いておけば記録や記憶になりますしね。

1,新公連合宿in大阪

私が事務局をやらせて頂い

もっとみる

【「社会のこと考えて行動する人を増やしたい」 大学生のときにできた夢の実現に向けて活動する湯田舞さん】未来ラボメンバーインタビュー②

「社会のコトを自分ゴトとして捉え、”知り・感じ・考える”機会を。」をビジョンとするNPO法人Social Salonで代表を務める湯田舞さん。

社会の中にあるさまざまな問題について、どうしたらいいのかをまず自分事としてとことん考える。そんな湯田さんのお話は聞けば聞くほど、もっといろんなことについて聞いてみたくなりました。今回はそんな湯田さんのお話をほんの一部ご紹介します。

※NPO法人Soci

もっとみる

【”NPO×エンタメ”に挑むイベントプロデューサー寺嶋美穂さん】未来ラボメンバーインタビュー①

「誰かの心に火をつけたい」

そう話す彼女の目標は、“NPOをエンタメ化”すること。

イベントプロデューサーである寺嶋美穂さんは、熱い志を胸に、なんと美容師から起業家になり、今はNPO未来ラボのメンバーとしても活躍している。

彼女さんの第一印象は、関西出身なだけにとてもノリがよく、パワーに満ち溢れた人である。
一体、彼女の原動力は何なのだろう。その想いに触れてみた。

「まずは自分が背中をみせ

もっとみる