久しぶりに聞いた "Tears in Heaven"

Eric Clapton の "Tears in Heaven" 
息子さんの死を悼んで Eric Clapton が書いた曲!

20代後半、何度となく聞いた!
....................................................................................................

Tears in Heaven

もっとみる

世の中にはこんなに楽しいことがあったのか、と思った日

昨日思い出したけど、1999年9月9日、もう一つ自分にとって大事な日だった。

初めて自分でチケットを買って、アーティストのライブに行った日(モーニング娘。ではない)。小さい頃から音楽は好きだったけど、ライブの楽しさを知った日。

広い会場では肉眼で細かい表情まで確認できるわけじゃなくて、モニター越しだった。それでも楽しかった。リアルタイムでパフォーマンスを見て、初めて動いてるのを見て、呼びかけら

もっとみる

音楽が猛烈に好きって思うときに、聴こえてくる言葉がある

「見えてこないか?この曲の情景が」

ドラマ「のだめカンタービレ」で、1人でピアノの練習をしているのだめの耳には、千秋からの声が聴こえている。そのときに、千秋がのだめに語り掛ける言葉が、私にも聴こえてくる。

のだめカンタービレを見るまで、クラシック音楽が苦手だった。聴いてもよくわからず、ネットで検索して言葉で読むともっとわからない。

でも、のだめを見てからクラシック音楽の聴き方・楽しさを知った

もっとみる

命日より誕生日に思い出されたほうがうれしい?  ーcocco「遺書。」

かれこれ20年以上好きなアーティストのひとり、coccoの曲に遺書。という曲がある。基本的に暗くて重くて激しいのが好きな私にしてはおだやかめな曲だ。わたしがもし死んだら……という前提で愛する人にこうしてほしいと語りかける曲。

昨日、大サビについて何となくツイートしたら、なんと500人以上の人にいいねしてもらえた。

バズってる人からしたら取るに足らない数字だろうけど、ふとつぶやいたことが意外と共

もっとみる