OMO

【日刊ZOE NEWS】言語化ブームからマーケターは何を見るべきか? / 中国アリババ「ニューリテール」宣言から間もなく3年-ストライプ、資生堂など日本企業5社が見た中国市場

2019年7月16日(火)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

言語化ブームからマーケターは何を見るべきか?〈Adver Times Day 2019 Spring〉

私自身も経験を「抽象化」したことで、EC事業成長のフレームワークをまとめることができました。
情報が溢れる現代だからこそ、事例からの抽象化する力は重要だと感じます。

○具体化→わかりやすい/汎用性はな

もっとみる

【日刊ZOE NEWS】ナイキ、原宿旗艦店をアプリと連動--ECと実店舗の買い物体験を融合 / レンタル品コンビニで返却、新たな人手確保せずに実現した物流網の生かし方

2019年7月14日(日)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

ナイキ、原宿旗艦店をアプリと連動--ECと実店舗の買い物体験を融合

いよいよ日本でもアプリを入り口にした店舗×在庫の連動がスタートしましたね。

SKUが多いカテゴリは、指定商品を探すのに時間がかかりますが、それを時短してくれるサービスはどんどん増えてくるでしょうね。

NIKEほど投資できなくても、B

もっとみる

【日刊ZOE NEWS】三陽商会 安藤さんが語る、老舗アパレルメーカーとしてのデジタル推進・百貨店への会員制度導入の工夫とは / Amazon広告がほかと決定的に違うのはここだ!

2019年7月13日(土)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

三陽商会・安藤さんが語る、老舗アパレルメーカーとしてのデジタル推進・百貨店への会員制度導入の工夫とは

ECzine対談シリーズ第19回前半。お相手は三陽商会の安藤 裕樹さんです。

「ズバリ、百貨店での顧客情報獲得・オムニチャネルの施策はどうやってますか?」
とセンシティブな話題に切り込んでいきました(笑

もっとみる

【日刊ZOE NEWS】ビームスが描く理想の購買体験とは?オムニチャネル実現のために始めたスタッフの“メディア化”とその成果 / レイ・カズン自社ECサイトで、インスタなどの気になる画像から似た商品の検索が可能に

2019年7月8日(月)の日刊ZOE NEWSで取り上げるのは、下記のニュースです。

ビームスが描く理想の購買体験とは?オムニチャネル実現のために始めたスタッフの“メディア化”とその成果

Pathee 原嶋 宏明さんの対談連載記事。
今回は、ビームスのEC事業を統括する矢嶋正明さんと、店舗のデジタル化を推進する渡部啓司さんという豪華な競演です。

重要だと感じたことをコメントを引用して取り上げ

もっとみる

スタイラーが主導する、ファッションのニューリテールとアジア展開モデル

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国をはじめとするアジアでの小売りビジネスの展開と拡大を目指す企業が、今、もっとも知っておくべきことは、同地域において新しいトレンドとなりつつある「ニューリテー

もっとみる
ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
5

OMO型店舗、エスティ ローダーのメイクアップブランドM・A・C

ニイハオ、ゴローです!@上海

昨日の痛飲を反省しながら、noteサーフィンをしていたところ、気になる記事を発見!

「エスティ ローダーのメイクアップブランドM・A・Cは、1994年創設以来、世界105カ国以上で販売されている。中国市場においては、大都市を中心に百貨店、路面店などで店舗展開を行うほか、直販ECサイト、Tmall(天猫)におけるブランドのストアフロントなどEコマースにも積極的だ。」

もっとみる

中国でM・A・Cが仕掛けるニューリテール店舗やゲームとのコラボは「体験」重視

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年1月17日、中国・上海に「M・A・C淮海路人民坊(ワイハイルーレンミンファン)店」がオープンした。中国ではすでにニューリテールやOMOが広く浸透し、そ

もっとみる
ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
16

Alibaba,Antの投資先(2019年1月~3月)25社

Alibaba,Antの投資先を眺めましょうのコーナーです。

Alibabaの出資傾向分析

Alibabaの投資先を見るのは久しぶりなので、まずはAlibabaの投資傾向がどうなっているかから。

Alibabaの投資ですが、どんどんレイターに移行しています。下の図はシリーズA、B、C、Dそれぞれの年間別投資件数と投資金額ですが、投資件数が最も多いラウンドはどんどん後ろに多くなっています。

もっとみる

IDGとSequiaの2019年Q1投資先37社

久しぶりのVC投資先分析になるので、VC自体の分析も簡単にしたいと思います。

中国VCの現状

まずVC全体の指標です。

年度ごとの調達数と投資金額の合計です。(グラフでなくて恐縮です)

2016年が18416で件数ではピークなのが分かります。しかし2018年は16年当時の70%ぐらいの件数でありながら、金額は150%増加しているのが分かります。

下記は2017年1月から2019年6月まで

もっとみる

Tencentの投資先(2019年1月~3月)21社

今月から改めてTencent,Alibaba,IDG,Sequoia,ZhenFundの投資先を紹介していこうと思います。

今月はTencentが2019年1~3月に投資した21社のリストと、その中から見えるTencentの投資4パータンと気になった企業3社をピックアップして紹介しています。

Tencentの投資傾向

1)海外でのレイターステージでの投資強化

以下の企業が億ドル単位の調達で

もっとみる