OTT

#キヌクロ 誰と楽しむのか

キヌクロにいってきました!

キヌクロってなんだ?って思う人はこちらのサイトをCheck↓

今年で2回目の開催となる、公益財団法人東京都公園協会さんと一般社団法人OTTさんが主催のこの大会。
日本陸連さんも協力されており、びっくりするくらいの規模の市民ランナーイベントになっています。

僕が横田組に入ってからトラックでのオトナのタイムトライアル(通称OTT)には参加した事がありましたが、このアメ

もっとみる
1000mTT!自分の限界に挑戦!
62

#キヌクロ #OTT に参加してきた

昨日はOTT(オトナのタイムトライアル)主催の「キヌクロ」に参加してきました。

砧公園の広大な森と芝生をつかったクロスカントリーレース

キヌクロについては、Webサイトにこう書かれています。

「キヌクロ」とは東京・世田谷の環八沿いにある砧公園の広大な森と芝生をつかったクロスカントリーレースのこと。1.6kmのアップダウンのある難コースをタイムトライアル形式で走ります。
(中略)
計測するとぴ

もっとみる
いま上手くいっている方法が、3年後も上手くいくとは限らない
14

2019年8月12日 今朝の一枚

オトナのタイムトライアル(OTT)という
ひとことで言うと、
「市民ランナーがトップ選手のペースメイクのもと
 トラックで自己ベストを目指す。」
そのようなレースを毎年開催しているのですが、
もともと仲間が集まって手弁当で作ってきたレースが
毎回、拡大していきながら、
いまもなお、継続している一番大きな理由が

「打ち上げが面白かった」から(笑)

ここに尽きるのではないか。
そう思うようになりま

もっとみる
お前は勝てる!それだけの練習をやってきたんだ!(立川ハーフ大八木監督)
98

2019年8月11日 今日の一枚

来年のいまごろは東京オリンピックのマラソン。
朝、6時にジョギングをしようと思って家を出たら
すでに、予想をうわまわる暑さ。
ここまで東京が暑くなるなんて、
数年前は予想がつかなったなあ。
これまで朝6時は気持ちよく走れたもの。

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が
近づいてきて、取材やインタビューがありました。
「選手の特徴を教えてください」という依頼だったのですが、
すべての選手を

もっとみる
第22回日本学生ハーフ 優勝 相澤晃(東洋大)1:01:45
181

2019年7月31日 今日の一枚 「9秒98が出たときのこと」

ロンドンダイヤモンドリーグで記者の方が
「どこで観ましょう?」と。

EKIDEN Newsはカメラマンとしてビブスをもらい
グラウンドレベルまで入ることができるのですが、
ペン記者と呼ばれる記者の方々は
ミックスゾーンから先、つまりグラウンドレベルには
立ち入ることができないのです。

記事をつくるためには、レース直後の選手から
コメントを引き出さなければならない。
コメントがとれる場所はグラウ

もっとみる
今日負けたやつ全員に勝たせてやる!(大八木監督が高校生の片西景に)
155

2019年7月30日 今日の一枚 「OTT TALKを開催します。そしてJakobのTATOO。」

「OTT TALK」という、
もうひとつのOTTイベントをつくることにしました。

8月12日(月・祝)に京橋にある
明治ホールディングス株式会社の講堂で
「OTT TALK」というイベントを開催します。

真夏のOTT TALK~キヌクロからMGCまでたっぷりと~
2019/8/12(月) 15:00~16:30(若干延長もあるかも)
明治ホールディングス株式会社 B1講堂
一般 2,000円 

もっとみる
監督車どこですか?(駒澤片西景が熊日ゴール直後に)
107
今日負けたやつ全員に勝たせてやる!(大八木監督が高校生の片西景に)
135

2019年6月13日 今日の一枚

いよいよ始まりました。

松本ナンバーのプリウスとは、桃澤大祐選手のこと。
これまで働きながらセルフコーチングで
日本選手権に出るまで記録を伸ばし、
さらにそこから一歩先に踏み出すには、
コーチの存在が必要じゃないか?と考えた桃澤選手は
同じようにセルフコーチングで競技を続けていた横田真人コーチに
渋谷のラジオ・Track Town SHIBUYAの番組内で相談。

横田コーチからの提案は「竹澤さ

もっとみる
あと5秒速く走れ!2018びわ湖 ラスト500m大八木監督→中村匠吾
237

オトナのタイムトライアル(OTT)に参加!

6/9は代々木公園陸上競技場(織田フィールド)で行われた「オトナのタイムトライアル(OTT)」に参加しました。大会の存在を知ったときからずっと参加したいと思っていて、今回ついに参加が叶いました。ここでは当日の模様と、そこに至るまでの一週間をどう過ごしたかについて、備忘録も兼ねて書いておきたいと思います。

6/2(日) 3000m走

この日は水曜に行ったポイント練習の疲労が抜けておらず、コンディ

もっとみる
サポートしてあげるのはこれが最初で最後です。(田村和希・福岡クロカン)
153