7月17日 毎日が記念日

おはようございます!

あいつはすごいと人から言われる。

そういう努力を黙ってする。

#和田アキ子

7月17日

今日は、『漫画の日』

1841年、イギリスの絵入り諷刺週刊誌『パンチ』が発刊された日

本日のお誕生日

徳川家光さん、丹波哲郎さん、青島幸男さん、淡路恵子さん、矢追純一さん、C.W.ニコルさん、大竹しのぶさん、杉山清貴さん、北村一輝さん、田中律子さん、トシさん、浅田舞さんなと

もっとみる

BGM問題

こんにちは。

皆さんはホラー映画お好きですか?
私はめっぽう苦手です。
唯一「パラノーマル・アクティビティ」は観たことがありますが、1番盛り上がるところは目を瞑ってしまいました…。

ホラー映画ってBGMが恐怖を煽っていると思います。すごい不安になる音階?が多いです。
だから流行りの曲とか流せば怖くなくなるんじゃないかと考えました。

ただ注意しなきゃいけないのは、自分の知っている明るい曲を使う

もっとみる

Google検索の小ネタ。PPAPを除外してパイナップルのペンの画像をヒットさせたり、特許の係争案件を調べたり。

15件目は、Google検索の小ネタについて。
④の使い方についてはもっと色々深堀りしていきたいものです。

① 完全一致検索 「”〇〇”」←めっちゃ便利

” ”(ダブルクォーテーション)で文字を囲ってあげることにより、完全一致検索が可能。検索結果からノイズを除外することができますし、英文のチェックにも役立ちます。文法が間違っていたりあまり使われない表現だったりする場合、ヒット件数が極端に少なか

もっとみる

#10「平成が終わる前に、バズ設計のPPAPメソッドを提唱したい。」

今回のnoteでは、日々私が、
バズ設計の際に活用している
PPAPメソッドを1分でご紹介。

Product

Person

And

People

Product
対象となる商品やサービス、ブランドを徹底的に理解する。
※対象物の開発背景や、開発ストーリー、込めた想いなども含む。

Person
一個人として、一消費者として、自分が「すごい!」「いいね!」「面白い!」「新しい!」と

もっとみる
スキありがとうございます!平日毎日投稿を心がけてます!!!
1

『ピコ太郎のつくりかた』

芸人・プロデューサー 古坂大魔王 『ピコ太郎のつくりかた』

言わずと知れたピコ太郎。
ジャスティン・ビーバーがツイートした事で
世界中に「PPAP」ブームが起こりました。

なんの変哲もない、
子供でも真似できるクオリティーの
シンプルで低価格でつくった動画が
なぜここまでバズったのか。

プロデューサーの古坂大魔王が詳しく解説している1冊。

古坂大魔王が小学生時代の頃に何を感じ、
なぜお笑い

もっとみる

ブログ更新「商品価値に関する考察」

流行に乗るのではなく、流行を作る側に立とうとした時に考えておいた方がいいであろうことについて書きました。

もっとみる

学都石川の才知 無料公開講座に参加 その4:無意識の行為を利用したデザイン思考

石川県の一般向け公開講座「学都石川の才知」。
公益社団法人・大学コンソーシアム石川の主催により、県内の大学・短大・高専の教授による広範な分野の講座が、2017年5月から8月の毎週土曜日午後にしいのき迎賓館3階セミナールームで開講していました。

そのうち4つの講座を、ちょっとした興味の赴くままアポなし飛び入りで受講したという話。

最後の第4弾は【16.無意識の行為を利用したデザイン思考】について

もっとみる

「マリカー」訴訟でも活用されたSNSの証拠能力について

「ユーザーの声」をたくさん集めようと思ったら現代社会ではSNSが一番有効な手段だと思われます。SNSやネット配信でのトラブルが後を絶ちませんが、裏を返せば人間の本音がそのまま出るからこその強さがあります。

SNSは数字が出るのが強い!

なによりSNSは「何人の目に触れたか」がハッキリと数値化されるのが大きいです。単純計算になりますがTwitterの場合、

リツイート数×リツイートしたユーザー

もっとみる

【三島に訊け】#5 恩は忘れなさい。

私は断然ネコ派だ。
ネコは実に淡々たるエゴイストで、忘恩の徒であり、それでいて悪人のように「恩を仇で返す」ということも無い。

人生はニャンとかなる。と悟っているからなのか。

君達も恩は忘れた方がいい。それでもニャンとかなる。
人に恩を施す時は小川に花を流す時のように施し、施された方も淡々と忘れるべきだ。

よく聞く美談で、昔貧しく寒さで凍えている時に暖かいまんじゅうをくれた人へ出世してからご馳

もっとみる

美容院を変えておしゃれになった息子

今日もクソ暑い!でおなじみのしましまです。
ピコ太郎が流行ったときにはドイツにいたので、まともにピコ太郎の動画を見たのは一回くらいなのでうろ覚え。

そんな中、しまお17歳が、遠方の床屋までチャリ30分は熱中症になるだろということで、近所の美容院に行ってきました。
ドイツの若者の髪型を日本の床屋で維持してきた1年でしたが、今日から美容院デビューですYO!

帰宅したら超おしゃれ!おしゃれなパイナッ

もっとみる