Switch楽しんでます

据え置きのゲーム機ってPS2とDSライトでしばらく時間が止まっていたんですけど、今わたしの住む六畳間にPS4とSwitchライトがあるのが不思議な感じです。思えばPS2も学生時代に恋人と二人でゲームをするために買ったんだよなと思い出しました。

村谷由香里です。
noteをご覧いただきありがとうございます。

〆切前なので大体パソコンの前にいるんですが、疲れてくると恋人に「ぷよぷよやるとこ見せて」

もっとみる
ありがとうございます! 明日も良い一日になりますように!
10

わらしべ長者

という話があります。

実は逆もあるんですよ。

「わらしべ貧者」

まぁ意味はわかりますよね。

最近、友人や後輩達とコレを使ってちょっとした遊びをやってます。

内容は単純で、プレイヤーを複数人(今回参加したのは三人)集めます。次にわらしべを回す順番を決め、一番目の人がゲームをひとつ購入し次の人に渡す。
渡された人は、そのゲームの購入額以下のゲームをひとつ購入し、次の人に渡していく…というもの

もっとみる

#9

ゲームの話。
初めてのゲームはゲームボーイポケットでソフトはポケットモンスター赤だった。誕生日だったか何もだったかは忘れてしまったけれども父親が凄く嬉しそうな顔で「買ってきたぞ!」って渡してくれたことを覚えている。私の家も例に漏れず「ゲームは一日一時間までね!」というルールが決まってたのでなかなか進まなかったけど凄く楽しかったのははっきりと覚えてる。そんな私を見て父親も興味を持ったのか自分でゲーム

もっとみる

最近はPS2にハマっています

PS2は神ハード

私は胸を張って言えますね、私はゲームが好きで色々なゲーム機でゲームをしてきましたが圧倒的にPS2は神ゲーが多いような気がします。

私が少年の頃はみんな家に集まってゲームしてましたね懐かしいです。私がよくやってたゲームはサルゲッチュ2・ドラゴンボールZ3・ウルトラマンFightingEvolution3などですね他にもいっぱいありますが、皆さんはどのゲームが好きでしたか?

もっとみる

はじめに

ここではPS2のシミュレーションゲーム『J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう04』を元にした架空戦記を記録したいと考えています。

プレイの際リセットやトレードは制限せずにプレイしていますが、試合結果については一発勝負で臨んで、その結果からストーリーを補完します。

ゲームの攻略や解説は他のサイトや記事に任せるとして、プレイ結果を元にした読み物を自己満足的につづります。

なお、本戦記には

もっとみる

ファーレンハイト(プレイメモ)

ファーレンハイトは『Heavy Rain』や『Beyond: Two Souls』『Detroit Become Human』の開発で知られるフランスのデベロッパー、Quantic Dreamが2005年に出したPS2のゲーム。
気になったのでプレイしてみました。

あらすじは•••
ある日、主人公のルーカス・ケインはダイニングレストランのトイレにて、まるで誰かに身体を操られているかのように、自分

もっとみる

ゲーム日記①『7 〜モールモースの騎兵隊〜』

私は今、猛烈にPS2がやりたい。

PS4を持っている今、大変に贅沢な悩みであることは十分に承知の上で、それでもなお

PS2がやりたい。

まあ、これも全てPS2のアーカイブをPS4でやらせてくれないSonyのせいだという事にして、今回はPS2でやりたいゲームの話をします。

「自称ゲーム好き」の「ゲームをたくさんやって来たわけではない」男の与太話ですが是非おつきあいをば。

閑話休題

もっとみる

格ゲーレビューを書いてみよう3

本日レビューするゲームはこちら

餓狼 MARK OF THE WOLVES(がろう マークオブウルブス)

SNK格ゲーの中でも息の長い作品

差し合いとコンボのバランスが丁度いい印象
私がプレイしたのはPS4版のため、対人戦のレビューではないことをご了承ください。

使うのは4ボタン
強パンチ
弱パンチ
強キック
弱パンチ

ゲーセンによってボタン配置は違うのでノータッチということで

やって

もっとみる

原点

本日レビューするゲームはこちら

Fate/staynight

奈須きのこ氏が手がけビジュアルノベルゲームです。

主人公の衛宮士郎はひょんなことから聖杯戦争に参加することになります。

聖杯とはなんでも一つ願いを叶えられるという物で7人のサーヴァントとマスターが戦って最後に残った1組だけが手に入れられる。聖杯を巡って人間の思惑、願望が見てとれる作品

サーヴァントとは
アーチャー、セイバー、

もっとみる

女コマンドー藤原紀香【ゲーム:プロジェクトミネルヴァ プロフェッショナル (PS2)】

金城武や、Gacktなど実在する俳優を映画のゲーム化ではなく、オリジナルのゲームで登場させるのは、今となっては当然のように出来る事だが、PSから大きくグラフィックが進化したPS2ならではの試みだった。
そして本作「プロジェクトミネルヴァ プロフェッショナル」も「藤原紀香」という実在する人物をゲームキャラクターに落とし込んだ作品である。
ちなみに本作は元からシンプルシリーズという訳ではなく初めに発売

もっとみる