MHSW(メンタルヘルスソーシャルワーカー)という名前は本当に時代にマッチングできるのか?

MHSWという呼び名とPSW

PSW(Psychiatric Social Worker)は日本では「精神保健福祉士」や精神障害者の支援にかかわるソーシャルワーカーのことを指しています。

それが今回公益社団法人日本精神保健福祉士協会が「MHSW(Mental Hearth Social Worker)」に英語表記部分の名称を変更しようという動きが出ています。

これはPsychiatricはい

もっとみる

いつぶりですか?えぇ長いこと離れていましたね

もう、ほんとタイトルの通りです。放置ですよねこれ。ダメダメです。とはいっても、ずっと遊んでたわけでもなく。

そうなんです、精神保健福祉士になるための病院実習にも行ってました。

いやいや感無量。ようやくここまで来たかっていう第一次達成感がありまくりでした。

実習初日は緊張でどうにかなりそうで、実習先について別室で待機してた時にレスキューレメディを直飲みしましたよ。たぶん効いたはず。

結論から

もっとみる

精神保健福祉関連法制度の基礎

身体疾患と違う、精神疾患の特徴

・悪化に気付きにくい
・病識が薄れがち
・変化しやすい
・疾病と障害の共存

精神疾患への支援

精神疾患の患者は全国約500万人
3大疾病以上に患者数が多い

しかし治療体制は整っていない

周囲の偏見や誤解が強い
     ↓
公的システムが必要

障害福祉サービス等を利用するには

区市町村に申請 → 認定調査 → 事業者と契約
        → 特定相談

もっとみる
ありがとうございます♡

リハビリ日記 2019/06/01(退院123日目)

今朝は7時に起床。

目覚め良く、久々の朝活。

愛犬の散歩とリハビリ日記の下準備、ダンベル体操。

あとは、友人と昼食の約束があるため、それまでのんびり過ごした。

しかし、友人が体調不良とのことで、急遽キャンセルに。

仕方ないので、プランBとして、動画作成をすることにした。

プランBって前向きで良い。

昔使っていた「Aviutl」で作業していたが、エラーだらけで使い物にならず。

新しい

もっとみる
これからも、うつやリワークなど執筆するので、よろしくお願いします!
1

リハビリ日記 2019/05/31(退院122日目)

今日は久しぶりに、朝活が出来る時間に起床。

昨晩は20時前には眠りについたので、睡眠時間もばっちり。

書ききれてなかった、リハビリ日記を執筆。

やっぱり、朝活でやると効率が良い。

2度寝しないよう気を付けつつ、リハビリ出勤の時間まで、日記の執筆や愛犬の散歩、動画の編集などを行った。

いつもより早めにリハビリ出勤。

ゆったりとしたペースで業務。

朝に余裕があると、目標としている「ジャジ

もっとみる
これからも、うつやリワークなど執筆するので、よろしくお願いします!
3

LGBT当事者が病院で困らないために知っておきたいこと・出来ること。

新しい机を買いました。幅が広くていい感じです。佐藤です。

今日、ツイッターでとある同性愛者の方が医療現場でされた対応についての記事を読みました。ご自身が同性愛者であり、そのほかの様々な要因も相成って不便な思いをしたとのこと。

こういった声はよく見かけますが、あまり対応策を見かけないので、今回は僕が思いつく限りの対策を書いていきたいと思います。

————————————————————————

もっとみる

歯車だって多様性

すっかり音楽愛好ブログになってますが、ここは闇鍋ですよー。

PSW受験のための実習(福祉施設)、行ってまいりました。就労関係だったのですが、いろいろと勉強になりました。就労経験ほぼゼロの私だからこそ先入観なく見えるものがあるはず…。

障害を持つ人が仕事をすることについて考えました。指示されたとおりに間違いなくやるとか、能率を上げる工夫をするとか、そういうことも大事ですね、仕事だから。ただ、それ

もっとみる
ありがとうございます♡
2

ダブルトリプル国家資格

夫が精神保健福祉士の試験に合格した。夫はコサックダンスを踊りながら喜びを表現していた。

ヨカッタネ!

さてこの国家資格。

私の持っている通訳案内士も国家資格。

ただ、通訳案内士の場合、多くの人が通訳案内士だけの資格を持っているわけではないということ。

知り合いの通訳案内士さんたちは、

通訳案内士×精神保健福祉士

通訳案内士×米国公認会計士

通訳案内士×教員

通訳案内士×薬剤師

もっとみる

リハビリ日記 2019/02/20(退院22日目)※21日追記

6時目覚める。目覚め悪かった。
一昨日と同じく、バリバリやるぞー!という感覚が弱い。

昨日の負荷は大きかった?
日中に変動がないか、疲れやすくなってないか、注意して過ごすようにする。

出勤時に状態の悪化はなし。出勤意欲は○。

ただ、dbudを家に忘れてしまい、その不安はあった。

不安ではあるが、お守り程度に考え、逆に依存しないよう心がけよう。

朝のミーティングは、人数が少なかったこともあ

もっとみる
これからも、うつやリワークなど執筆するので、よろしくお願いします!
1

夫がアルコール依存症になって、私の人生が好転した話

「夫がアルコール依存症になった」

これは間違いなく、私の人生の転機でした。

これがきっかけとなって、私は実家とも縁を切りました。

夫を家から追い出しました。

そして私は今、精神保健福祉士を目指して、通信制の大学で勉強をしています。

話せば長くなりそうなので、まとめてみることにしました。