Playground

【エンターテック業界のトップランナー】playground代表伊藤圭史さまをスタイリングしてきたお話

こんにちは
自問自答ファッション通信です。

今回は記念すべき自問自答ファッション初のメンズのお客さま!playground社員のみなさまからのバースデープレゼント!ぜひ読んでみてくださいね📕↓↓↓

playground株式会社さまのアカウントはこちらから

また今回ご紹介してくれた村石怜菜ちゃんのアカウントはこちらから↓

「何者でもない病」よくわかります…!
働く女性代表格のとってもかっこ

もっとみる
私は資生堂パーラーのイチジクのパフェがスキです
11

会社売却して"幸せな生活"をやってみたけどすぐ飽きたので文化祭のように働く"ブラック企業"を作ってみた話。

はじめまして、総合エンターテック playground の代表の伊藤圭史と申します。playgroundの、私の想いを2回に分けて書かせていただきます。

今回はこのチームの価値観にも直結する、私の人生観・仕事観を書かせてください。

「30歳で死のう」

私は playgroundを創業する前に、会社の立ち上げと売却を経験しています。当時の原動力は全然前向きなものじゃなく、実は「死にたくない」と

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
24

Swiftで行こう!--SwiftUIもっと!7

次は"Form"を使ってみましょう!何が良いかということですがテーブル形式でデータを表示する。単にVStackで表示させるとすれば、単純に縦長に表示されるのみです。

var body: some View { VStack { Text("Hello") Text("Goodby") } }

VStackをFormに変えて

もっとみる
ありがとうございます!
6

Swiftで行こう!--SwiftUIもっと!6

次は"List"です。表ですね。表の中身についてもどうするかということが必要です。では、表の中身から決めていきます。

struct RestaurantRow:View{ var name:String var body: some View{ Text("Restaurant: \(name)") }}

表中の中身は変数nameを使ってテキストを入れ込む形になっていま

もっとみる
ありがとうございます!
1

Swiftで行こう!--SwiftUIもっと!5

Playgroundを使ってやっていきます。

今回はボタンなどイベントの処理について試していきます。

import SwiftUIimport PlaygroundSupport// この場所にコードを書いていきます。let content = ContentView()PlaygroundPage.current.liveView = UIHostingController(rootView

もっとみる
ありがとうございます!
4

Swiftで行こう!--SwiftUIもっと!4

ループを使いたい場合です。ForEachを使います。

struct ContentView: View { var body: some View { VStack(alignment: .leading) { ForEach((1...10).reversed()) { Text("\($0)…") }

もっとみる
ありがとうございます!
3

Swiftで行こう!--SwiftUIもっと!3

レイアウトです。

UIKitでいう UIStackViewです。SwiftUIではVStack,HStack,ZStakです。

Vは縦、Hは横、Zは奥行きの設定をします。

単純に

var body: some View { Text("Hello") Text("Hello") }

こうかくとエラーが出ます。なんで縦に書きたい場合は

VStack{

もっとみる
ありがとうございます!
3

Swiftで行こう!--SwiftUIもっと!2

続いていきましょう!画像の表示です。

struct ContentView: View { var body: some View { Image(uiImage:#imageLiteral(resourceName: "cosmos.jpeg")) }}

Image(uiImage:#imageLiteral(resourceName: "cosmos.jpeg"))

もっとみる
ありがとうございます!
3

Swiftで行こう--SwiftUI。動画を参考にやってみた。

ちょっと動画で説明されているのをみながらちょっと手軽にPlaygroundで画像など使わずテキストだけにしてやってみました。

この動画は@Stateを使って簡単に画面更新。あとうまく3項演算子を使って場合分けをして画面表示を変えてあります。

@State var isOn = false

最初にfalseと定義しておいてボタンを押したタイミングで

self.isOn.toggle()

もっとみる
ありがとうございます!
4