ポップ・カルチャー界のフィクサー・川村元気が、次に指名した新時代の「才能」とは?

日本が誇る稀代の映画プロデューサー、川村元気。

音楽シーンにおいて眩い光を放つ「才能」を、異なる領域のクリエイターたちと結び付けることで、奇跡のようなイノベーションを次々と生み出してきた、まさにポップ・カルチャー界のフィクサーだ。

例えば、彼が長年にわたってコラボレーターとして指名し続けているアーティストの一つが、BUMP OF CHICKENである。昨年、映画『億男』の主題歌として生まれた”

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
13

RADWIMPSのボーカルの英語教育についてのツイートを見て思ったこと

RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎さんが英語教育についてツイートしていた。こんなやつ。

何度も言われてることやと思うけど、確かにおかしい。きっと教え方の仕組みに問題はあるんやと思う。

でも、教育を受ける側の姿勢はどうなん?って思っちゃった。目的意識もなく受け身で学んでいたら、そら話せなくて当然やんって。

 

英語学習に限らず、日本の学生は目的意識を持てずに受け身で学んでいる人が多い気が

もっとみる
4

漢文って必要ある。と思います。

こんにちは。
昨日に引き続き記事を投稿したいと思います。
最近ツイッターをやっていて目にしたのがこれです。

さすがに影響力のある人がこんな誤解を招くようなツイートをするのは納得がいかなかったので、自分の意見を記事にしたいと思います。

RADWAMPSのボーカル野田洋次郎さんのツイートです。フォローしているわけではなくリツイートで流れてきました。

野田洋次郎さんは慶應義塾大学環境情報学部を中

もっとみる

映画「天気の子」主題歌「グランドエスケープ」をカバーしました!

2019/10/10追記:本記事にカイワレハンマー「Break Down」のカバー曲を追加しました。

10月になって、段々と涼しくなり、心地よいなと感じる日々です。

この記事を見ておられる方は、「天気の子」を見たでしょうか?
私よっCーも「天気の子」を見ました。
いろいろ考えさせられる作品でした。
RADWIMPSの音楽がすごく感動するなぁ…

さて、今回はその今年大ヒットの映画「天気の子」の

もっとみる

2019.10.07

今日は何を書こうか迷っていたらこんなギリギリになりました。ゴリゴリに甘さ出てますね。

とりあえず更新しようということで普段聴くアーティストの名前を手当たり次第書きまくってきます。

ではいきます。

#FUNKEY MONKEY BABYS  #森山直太朗 #サカナクション #indigo la End   #クリス・ハート #韻シスト #BASI  #Mr.Children  #コブクロ #R

もっとみる
感謝、圧倒的感謝
3

HAZIMEMASITE!!

noteをスタートしました!!

お前誰だよ?

私は…23歳の大学5年生です。

進路未定です(*´-`)

さーどうしましょうか!!
知らねーよ!!

でもどうしようか!!

わからないので、悩む23歳の感じること思うことを言葉にしてみることにしました。

どうぞよろしくお願致します🙇‍♂️

日付の変わる頃「君と羊と青」を聴きながら♪

もっとみる

バグッバイ

私が好きな曲のひとつに、
RADWIMPSのバグッバイという曲があります。

生まれてみればここが全ての真ん中で
端に追いやってくれていいのに
左と右の間 地上よ空の間
昨日と明日の間 夢と現実の間
だから迷うんだ 行ったりきたりと
僕の逝く道の上で立って待っててよね
「ほらこっちだよ」って「こらそっちじゃないよ」って

僕がいなくても地球は回るのに
地球がいないと僕は生きれない

お前が決めるま

もっとみる
また見にきてね^^
8

心で感じるな、耳で感じろ。~8.3 RADWIMPS ANTI ANTI GENERATIONにそえて~(後編)

こちらは後編です。前編は↓から

そして当日。8月3日。同行者である友達Tくんとは岡山駅で合流した。駅地下で昼飯を食べ、駅周辺をふらっと散策したあと電車に乗り最寄り駅へ。そこからシャトルバスを乗り継いで会場のコンベックス岡山へ。

とにかく、とにかく暑かった。僕とTくんと2人とも鳥取県出身なのだが、鳥取県は全国的に見ても暑い。蒸し暑い。まるでサウナだ。サウナの中で育ってきたも同然だ。そんな鳥取より

もっとみる
ありがトエルモの火
1

心で感じるな、耳で感じろ。~8.3 RADWIMPS ANTI ANTI GENERATIONにそえて~(前編)

2019年8月3日、縁あって地元の友達にRADWIMPSのライブに同行させてもらった。

ライブ当日の一週間前には必死に予習をした。RADWIMPSを聴きまくった。しかしそれまでは、RADWIMPSをあまり聴いてこなかった。むしろ意識して聴こうとしなかったことえ、わざと避けてきたことさえあった。

僕の音楽の原点は、2015年、当時15歳のちょうど今の時期ぐらいに聴いたBUMP OF CHICKE

もっとみる
ありがトエルモの火
1