REIT

2019年7月の収支について

こんにちは。このnoteはPremiumマガジン「一億円への近道」(2019年7月定期購読者)若しくは投資カービィの本5巻(マガジン)に収録されています。仕様上単体で買うことも可能ですが、いずれかのマガジン購読をおすすめします。今後追加する記事もあわせて、各マガジンに登録されているnoteが見られるようになります。

もっとみる

2019年7月末のポートフォリオ

今月もJREITと米個別株に投資しました。

Sub の損益は含み益比率が大きい仮想通貨と一部日本株を除外したもので、昨年末のマイナスからようやくプラスに浮上しました。

日本株

ソニー株を一部利確、三菱UFJなどの含み損を一部確定して三菱商事と伊藤忠に振り分けました。トヨタは年初来高値更新してきましたが、他はまだまだといった感じです。

JREIT

サムティレジ、アドバンスレジデンス、コンフ

もっとみる

【投機の流儀 セレクション】「だから今REIT」か

これは日経ヴェリタス紙7月14日号の第1面のトップ記事の大見出しである。
この新聞は旧日経金融新聞であるが、株式市場が活況を呈するとますます景気のいいことを書き、株式市場が下降に転ずると先行き恐慌が来るようなことを書く。商業新聞であるから、売らんかなの意図があることは特に悪辣だとは全く思っていない。当たり前であろう。しかしこれも商業新聞の言い分だということは意識して見ていきたい。この日経ヴェリタス

もっとみる

【投機の流儀】「だから今REIT」か

【今週号の目次】
第1部 当面の市況
(1)週末2日間の大幅安と大幅高(しかも一日の上下幅は概ね相等しい)
(2)「令和最大の下げ」と、「下げ分を正確に埋めた戻し」とが出た先週
(3)選挙後の株高再現はあるか?
(4)「外交の安倍」と世論と選挙
(5)今後の趨勢、見方は二つに分かれる
(6)諸外国は高い中で、日本株は外需株が弱い
(7)日銀追加緩和、9月に「あり」と見るのは外国為替市場関係者が34

もっとみる

2019年6月末のポートフォリオ

今月は JREIT と米国株式中心に投資しました。

日本株式

売買なし。ソニー、トヨタ、SBI証券、MUFJ の配当を受け取りました。

JREIT

インフラファンド、アドレジ、インヴィンシブル、マリモ、インベスコ、トーセイ、スターアジアあたりを保有。

米国株式

インデックス系ETFと SPYD、AWK、ABBV を保有。アッヴィはアラガン買収発表後に $66 で購入しました。Slack

もっとみる

【プレミアム記事】バブルに備えるべき未来。インフレorスタグフレーションはいずれからなずやってくる

この記事は単体noteです。Premiumマガジン「一億円への近道」(6月度読購読者)もしくは単体noteをご購入された方のみ読むことができます。

米国時間にて2019/06/19FRBは年内の利下げを示唆しました。この事実が何を意味するか?今回の利下げ示唆に対しどのように行動するのが適切なのかについて、私の意見を書きたいと思います。今回の流れは下記のようになっています。人によって同じニュースで

もっとみる

REIT資産「30兆円に」、杉山新会長が表明

不動産証券化協会は22日の理事会で、三菱地所会長の杉山博孝氏が同日付で会長に就任する人事を決めた。前会長の岩沙弘道氏(三井不動産会長)は相談役に就いた。杉山新会長は不動産投資信託(REIT)の資産規模を現在の約21兆円から「30兆円に拡大したい」と抱負を述べた。

もっとみる

「お金のマニュアル」 -損をしないコツ- 其ノ22 国家政策とインフレ税①

<日本の国の借金と多額の銀行預金>

 皆さん、インフレ税という言葉をお聞きになったことがあるだろうか。

 其ノ9の日本国債編で巨額の国家予算の事にも触れたが、政府が特効薬と考えているのが、このインフレ税だろう。1,000兆円もの政府の借金のほぼ半分にあたる国債を、これまた国自身とも言える日本銀行が買い支える構図は、まるで蛇が自分の足を食っているようで異様である。お札を刷っているのも日本銀行だし

もっとみる
数量限定で販売中
残り 5 / 7

【プレミアム記事】師匠から教わった銘柄選びの極意(2)出口戦略

この記事は単体noteです。Premiumマガジン「一億円への近道」(4月度定期購読者)もしくは単体noteをご購入された方のみ読むことができます。さて、既に下記の厳選プレミアム記事で勉強してきたPremiumメンバーの方にはもう少し高度な出口戦略について紹介していきたいと思います。また分散投資やリバランスについても書いています。

※2019年6月30日23時55分再販開始

一般の方、とりあえ

もっとみる

億を掴むために私がしたこと

投資カービィです。このnoteはPremiumマガジン「一億円への近道」(2019年4月定期購読者)若しくは投資カービィの本4巻(マガジン)に収録されています。仕様上単体で買うことも可能ですが、いずれかのマガジン購読をおすすめします。今後追加する記事もあわせて、各マガジンに登録されているnoteが見られるようになります。

もっとみる