SHIROBAKO劇場版、2020年春に公開決定!

SHIROBAKO好きとしては見逃せない情報が発表されました。
来年春、SHIROBAKO劇場版の公開が決定!
イェーイ、パチパチ。

嬉しすぎる。
ついに社会人3年目の宮森と会えるなんて。
ちなみにぼくも社会人3年目ですが、絶賛無職中。
今年中に転職、がんばろ。
キービジュアルからは頼もしい感じが溢れ出ていて、いかにも3年目って感じ。
なんか旗持ってるし。
まぁ、またトラブルまみれになるんだろう

もっとみる

駆け出しイラスト屋、4ヶ月目の日記

小さいながらでも、仕事としてイラストを描き始めて大体4ヶ月くらいたった。まだ4ヶ月だけど感じることは色々あって、楽しいことややりがいがたくさんある一方で葛藤もすごく多い。描きながら色んな事を考える。

こんなものを描いてみたい、こんなノリを絵で表現してみたい、そういうものは内側にある気がする。私よりも何歩も先を進むイラストレーターさんのイラストとかをSNSで見るたび「こういうものを私も作りたい」と

もっとみる

SHIROBAKOを重箱の隅まで味わう

敬和学園大学アニメ研究会の顧問に就任しました松本です。この大学のアニメ研究会は、これまでアニソンダンスなどアウトドア系(陽キャ、とも言う)だったようなのですが、今年度は打って変わってインドア系にシフトしたようです。

そんな敬和大アニ研が今年は薄い評論本を出そうということで、アニメ「SHIROBAKO」を見ていくことにしました(画像は公式サイトより引用・劇場版楽しみです)。2014年に放送され、ア

もっとみる

見て面白かったアニメ

#まどかマギカ
・オープニングの曲がいい 可愛いキャラが突然死んだり 鬱

#シュタインズゲート
・タイムリープものの 鬱 mad scientist

#キルラキル
・圧倒的スピードのストーリー展開 キャラの魅力 美少女バトル

#天元突破グレンラガン
・気合いで全て解決 地下から銀河系へ 人間ドラマ

#ドラゴンボールZ 
・変身・覚醒→フルボッコ

#スクライド
・何もせずに死ぬのが、怖い

もっとみる

全ての社会人に見てほしいアニメ「SHIROBAKO」の名言

SHIROBAKOはアニメ制作会社のデスクとして働く宮森あおいを軸にアニメ業界の日常を描いた作品です。

「0から何かを作る」仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、チームで良いものを作るからこそ結束や衝突も起きます。

物語は宮森が学校を卒業し、社会人一年目として働き始めるところからスタートします。

まだ仕事に慣れていない宮森をフォローする先輩などちょっとしたシーンでの先輩のセリフなどすごく胸に刺さる言葉

もっとみる

目先のことばかり考えている時期は・・・

メルカリの決算報告の記事を見て、73億円の赤字となっていてビックリした。”増収減益”ということで投資が大きくなったための結果だ。
「大胆に投資できる( =成長が見込める)」企業って大変なこともたくさんあるだろうけど自身の成長もあるだろうし、なにより楽しいんだろうな。

ふと SHIROBAKO の「目先のことばかり考えている時期はもう終わりだよ。そろそろ、少し高いところから遠くを見るときが来たんだ

もっとみる

『SHIROBAKO』 TAAF2016トークショーの備忘録(再掲)

【情報】
2016.03.20
東京アニメアワードフェスティバル2016
日本橋TOHOシネマズ

【登壇者】
●堀川憲司 (株式会社ピーエーワークス 取締役)
●木村珠莉 (宮森あおい役 声優)
●川瀬浩平 (ワーナーエンタテインメントジャパン プロデューサー)
●永谷敬之(株式会社インフィニット 代表取締役)

【備考】
2016年2月24日SHIROBAKOが東京アニメアワード 2016 (

もっとみる

アニメ「SHIROBAKO」のキャラクターたち(ネタバレ有り)

「SHIROBAKO」とは(下記引用)

制作進行・アニメーター・声優・3DCGクリエイター・脚本家志望としてそれぞれアニメーション業界に入って夢を追う5人の若い女性を中心に、作品の完成を目指して奮闘するアニメーション業界の日常を描く群像劇である。(引用:Wikipedia)

一番の魅力はアニメを仕事にしていないけどどの会社でも誰にでもありそうな悩み「わかるわかる〜〜」って部分が多すぎる・・

もっとみる

アニメ「SHIROBAKO」を観てやっと書く気になったブログ

これが最初に投稿するような記事かよって思うようなタイトルだけどタイトルに反してアニメ「SHIROBAKO」の詳しい内容については次回のブログで紹介させていただきます。(期待した方ごめんなさい。)

「このアニメ知らないんだけどー。」っていう方のために(http://shirobako-anime.com/story/index.html

2014年に放送されたアニメだから今更感あるけどこれから

もっとみる