STADIA

ゲームの未来の話。

2007年頃、私は学生だった。任天堂DS片手に「ゲームソフトが数百円で買えるようになったら学生でも小さい子でも買えるのに」などと思っていた。

するとどうだろう数年ほどでスマホが普及し、ゲームコンテンツが無料だったり、数百円で買えるようになったのだ。

ハードもインターネットにつながり、パッケージを買う時代から好きなものを好きな時にダウンロードする時代に変わった。

そして2018年10月、Goo

もっとみる

最新版!国内モバイルゲーム大手の潮流! あの会社が盛り返してきているぞ!!

ポップカルチャーを会計の視点で斬る!の第2回です!!

前回は国内ゲーム業界を牽引するSONYと任天堂の10年間の売上を振り返ってみました!

前回記事
「SONY vs 任天堂、ゲーム業界を牽引し続ける両雄の10年分の会計データを並べてみたら面白いグラフが出来上がった」

さて、今回はモバイルゲームに焦点を当ててみてみたいと思います!
モバイルゲームは10年前くらいから一気に市場が大きくなったの

もっとみる

Googleが今更日本にデータセンターを作る理由を考える

Googleが日本に初のデータセンターを建設するというニュースが挙がっていた。

#COMEMO #NIKKEI

日本にGoogleのデータセンターがなかったことがそもそも驚きではある。
アジアでは台湾とシンガポールに計4つあるらしい。
シンガポールは国を挙げて最先端を取り込むようなイメージがあるし、東南アジアからオセアニアあたりを視野に入れるとちょうど良い位置にあるので、Googleが目をつけ

もっとみる
ありがとうございます。貴方のスキを励みに、さらに頑張りましょう!
4

Googleから新しいゲーム機が出るが、流行るのは難しいだろうと感じる理由

Googleが新たなゲーム機を発表したとのことで、先月ぐらいから話題になっている。

「既存のゲームを駆逐する存在となるのでは」
「任天堂やソニー終わったな」
みたいな声も聞こえるが、結論からいうとこのゲーム機(Stadia:スタディア)が他のゲーム機に強い影響を与えることはないと考える。

 その理由としてあげたいのは2つ。
・利用する層が分かりづらい
・Googleのカルチャーがエンタメに向い

もっとみる
ありがとうございます。貴方のスキを励みに、さらに頑張りましょう!
3

クラウドゲームサービスStadiaについて

これは、時代が変わったと言ってもいいのではないのではないでしょうか。いよいよクラウド化の波がゲーム業界にもやってきました(これまでにもPlayStation Nowなどはありましたが)。今回はStadiaの発表からだいぶ時間が経ちましたがが興味があったのでStadiaについて記事を書きます。さて、Stadiaのニュースが出たときものすごく急速にそのニュースはいろいろなところに取り上げられました。そ

もっとみる

5月10日 STADIAに関するゆる~~いお話。どんなゲームを作るべきか、の話。

なんとなく気が向いたので、なんとなくなSTADIAの話をしまーす。

 相変わらず私は、STADIAは日米のコンシューマ市場に対し、すぐには大きな影響は与えないでしょう、と考えている。すでにあるゲームハードで遊べる豊富なソフトがあるわけで、ユーザーのみんながいきなりクラウドゲームのほうへ鞍替えするとはとても思えない。
 ただ、ゲーム機がいらないわけだから、じわじわと、「そっちの方が便利だから」で移

もっとみる

コラム:Google「Stadia」の展望(2019年5月現在)

1. 前置き

すでに多くの方がご存知の通り、2019年3月に、Googleが新しいクラウドゲームサービス「Stadia」を発表しました。

ゲーミングPCを超えるリッチなゲーム体験がインターネットさえあれば体験できると宣伝され、既存のゲーム企業(任天堂など)の株価が下がる一幕もありました。
日本経済新聞をはじめとする一般メディアにおいても、「ゲーム機が消える」といったセンセーショナルな見出しで、

もっとみる

ゲームしない僕がミラティブをやってみた結果...

こんにちは。

けんぽぃです。

今日は、タイトルの通り”ゲームをしない僕がミラティブをやってみた結果”を記事にしていこうと思います。

まず、皆さんは”ミラティブ”というアプリをご存知でしょうか?

ミラティブとは、仮想空間を通してゲーム実況をしたり雑談をする事ができるアプリです。

なぜ始めようと思ったのか、理由は以下の通り3つあります。

・STADIAというクラウドゲームサービスをgoog

もっとみる

ゲーム界に起こる激動に思いを馳せる

先日のApple Special Eventでは、デバイスの発表は一切なく、日本と関係あるもので言うと「Apple TV+」と「Apple Arcade」という2つのサービスが発表されました。

「Apple TV+」の方はApple TV専用のサービスであることと、現状でもNetflixやAmazon Primeの観切れないほどのコンテンツ量に圧倒されている私にとっては正直興味が薄いです。

もっとみる

Nintendo Switchに始まり、GoogleのstadiaとAppleのArcade。
ゲームも新時代に来た感じ。
ソニーはこれに対応するのか、我が道を行くのか。
もはやハードは何でもありの時代。
最終的に現実と一体化していくのかな?