【「節約」~essay~】

夜9時過ぎからお腹を鳴らしてばかり居た、冬の始めのある日のこと。

堪り兼ねて、お金がないのも省みず家を飛び出した。

薄手のブラウスでは寒くて、寒くて。
下を向いて歩いた。

コンビニの前には十字路がある。

この十字路には、毎朝二の足を踏まされている。

十字路に引っ掛かりさえしなければ、家から学校まで5分ほどの距離に住んでいると思う。

だのに、上手い具合に引っ掛かってしまうと、あっという間

もっとみる

「満足度60%がこのあと10年続くって地獄じゃないか?」 私たちがキャリアに悩む本当の理由

「私がやりたいことって、なんだっけ…」「ここにいてもいいのかな…」

生きる上で、仕事の悩みはなかなか尽きません。今の会社でがんばるべきか、転職すべきか、それとも独立か……。将来に不安を感じることもあるでしょう。

そんな悩める人々が週1回、平日の昼間に集まるスナックが東京・麻布十番でひっそりと看板を出しています。その名は「スナックひきだし」。

カウンターの中でお客さんの話に耳を傾けるのは、人材

もっとみる

〈what do I wanna do〉

なぜだろう。
自分が望んでその道を選んできたはずなのに、
振り返ってもどこにも道がない。
選ばなかった道もない。

だから、その先にも道がない。
なんで?なんで?
私ちゃんとやってきたじゃない!
どうして!?

目を開けると、
そこはもう朝だった。
今日も同じような毎日が始まる。

起きて、
顔を洗って、
朝ごはんは食べたり食べなかったりして、
着替えて、
最低限の化粧と身だしなみを整える。
パン

もっとみる

「本のない家」で育った私が、ブックデザイナーになったわけ。

『クイックジャパン(太田出版)』、『文藝(河出書房新社)』、『生理ちゃん(KADOKAWA)』など人気タイトルを数多く手がけてきたブックデザイナーの佐藤亜沙美さん。装丁や本づくりへの思いを語ってもらった。

そんな佐藤さんは意外にも「本のない家」で子ども時代を過ごしたと話す。それでも本づくりに携わる仕事に就いたのはなぜ?

本はルールをちょっと外すと刺激的になる

佐藤)学生のころに、デザインの勉

もっとみる

慶ちゃんママさん改めて誕生日おめでとうございます(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

慶ちゃんママ…
もしかしてウチのおっかさんと同い年か…?

#KEICHIRO

#NEWS
#トップガン
#LoveStory
#NowPlaying
#STORY

人気ブックデザイナーが考える 「いい装丁」とは?

本好きなら、気になっている人も多いはず。装丁家という仕事。

装丁に込められた思いを知りたくて、人気ブックデザイナー佐藤亜沙美さんのもとを訪れた。

佐藤さんは2006年から8年間、デザイナー祖父江慎(そぶえ・しん)さんが代表を務める「コズフィッシュ」に在籍。2014年に独立し「サトウサンカイ」を設立した。

2016年からは『Quick Japan(太田出版)』のアートディレクターになり、その後

もっとみる

【アプリ研究】Projection: First Light

ここがイイ!
・一定のところまで進行すると、戻れなくる
 →右に行けばイイということを、進めながら理解できる。
・「光を使って影を作る」という、ゲームのキモになる操作を学ぶのが開始5分以上プレイしてから。影の作り方がやや難しいので、あえて「他の操作は難なくできる」までの時間を稼いだ&世界観の説明を先にすることで、やや難しい操作も別の目的の裏に隠して学習できるようにしている。

ここが気になる
とは

もっとみる

土台なき灯台が描く夏の終わりの海図(Sea Map Written By The Foundationless Lighthouse)

「今年の夏に
何かしらの未練を
残しているかのように
ヒマワリが
立派な花を咲かせているけど、
向こうの団地の屋上では
棟毎に秋の花を飾って
季節の変わり目を
演出し始めている。
そろそろ鳥籠から
あの有翼船は
外に出す頃合なのではないか。
傷ついていた翼も
すっかり治ったようだから。

土台の替わりにペン先の付いた
灯台に海図を描いて貰っている所さ。
安物のインクはただでさえ紙が滲むのに
バラン

もっとみる
「スキ」ボタンを有難うございます。大変励みになります。
9

シゲちゃァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァん!!
じっちゃァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァん!!
#悪魔の手鞠唄
#金田一耕助
#加藤シゲアキ
#NEWS
#トップガン
#LoveStory
#NowPlaying
#チームNEWS
#STORY