国防―令和研究会第五回ー

自由民主党と公明党の連立与党が、限定的な集団的自衛権の行使容認に踏み切ったが、野党は、未だに、領域警備法に拘っていて、国民民主党も領域警備法を先ず制定するべきだと主張している。確かに、領域警備法は欠陥のある防衛政策なのかもしれないが、特に、戦後日本の場合、国防アレルギーがあるから、折角、野党が、国防政策を訴えている以上、悪法も法なりで、野党の主張する領域警備法を通して、兎に角、日本国の国防力を強化

もっとみる

【岡崎市】水道民営化を考える講演会(2019年6月30日(日)開催)

2019年6月30日(日)14時より、岡崎市の「むらさき館 1F ホール」にて、『「命の水」を商品にして良いのでしょうか? 水道民営化を考える講演会』が開催されます。(講演者は、内田聖子 氏です。)

【 日時 】
2019年6月30日(日)13時30分 開場、14時 開演

【 会場 】
愛知県 岡崎市の「むらさき館」 1F ホール

【 会費 】
500円

【 講演 】
内田聖子 氏 (NP

もっとみる

【岐阜市】『堤未果 講演会 in 岐阜「命を守る政治と私たちのミライ」』(2019年6月22日(土)開催)

2019年6月22日(土)14時30分より、岐阜市の「ワークプラザ岐阜」302会議室にて、『堤未果 講演会 in 岐阜「命を守る政治と私たちのミライ」』が開催されます。

【 日時 】
2019年6月22日(土)14時 開場、14時30分 講演会開始

【 会場 】
「ワークプラザ岐阜」302会議室

【 参加費 】
500円

【 講演 】
堤 未果 「日本が売られてしまうカラクリ」

【 鼎談

もっとみる

1963_私、パン食べなくなりました

1.よく食べていたパン

①:以前、よくパン系の食べ物を食べていました。ただし、パンと言っても、コンビニなどで手軽に買えるようなものは食べていなくて、専らオーガニックをアピールしているところから買って食べていました。美味いなあ~と思ったパンは、タルマーリーのパンですかね。ただ、このパン作っているところが鳥取なんで、なかなか食べる機会はないのですが。他、富ヶ谷のルヴァンのパン。ここのパンは、とても人

もっとみる

日米貿易交渉8月妥結ということは、衆参同日選か

今日の日米首脳会談後の共同記者会見の模様を伝える日本経済新聞の記事。

トランプ氏は貿易交渉に関して「8月に発表がある。均衡のとれていない貿易の問題を迅速に解決したい」と述べた。

日米貿易交渉での焦点は、2つ。農産物と、自動車や鉄鋼等で、アメリカ側が日本の農産物の関税引下げや輸入枠の拡大を求め、日本側が自動車や鉄鋼等について対日追加関税発動の阻止や関税引下げを求めている。

日本は、TPP11で

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
11

3分でわかる!令和元年の消費動向~消費増税には耐えられるの?~

みなさま、こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。今回は、日経CNBC「昼エクスプレス~崔真淑のサイ視点~」の振り返りを行います。みずほ総研主任エコノミストの宮嶋貴之さんにお話しして頂きました。内容は、みんなが気になる「令和元年の消費動向」です!そして、現状の日本経済は消費増税は耐えられるのかも伺いました。宮嶋さんには、新刊「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」でもコメントを頂くな

もっとみる

日米の通商交渉の行方と影響は?

日米通商交渉について、4月15日からライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と茂木経済財政・再生相との協議が始まり、報道も増えてきました。物品貿易だけなのかなど、まだ交渉範囲すら決まっていませんが、重要な部分は米国からの農産物輸入を増やすか、自動車の対米輸出を減らすか、ということになります。日本経済全体からみると、自動車問題が重要でしょう。
トランプ政権は日米の貿易不均衡全体を気にしていますが、

もっとみる

TPPついに合意で著作権保護期間70年に延長へ

(※本記事は2015/10/6付の会社ウェブサイトのブログ用に書いた記事の転載です。)

内閣官房TPP政府対策本部のWEBにTPP合意内容の概要が出ました。

TPP協定交渉の大筋合意について(内閣官房TPP政府対策本部)

著作権に関しては当初の予想(というかアメリカの要望)通り
・保護期間70年
・非親告罪化
・法廷損害賠償制度
の3点ということになります。

保護期間延長に関しては、個人的

もっとみる

距離感は大切です。何事も距離感は要、外交、社交においても。

RT.
真の多様性に気づきました。なるほど、確かに。 /…離れて暮らすことが自然界の知恵です。それが真の多様性です。…|https://note.mu/maru_chou2/n/n0b2a3cea8e96

NZのテロリズム事件

New Zealandで、Isram教徒がテロリズムを行ったとされているが、9.11事件と全く同じ構図で、New Zealandが、Isram教徒であることが分かっていながら、ChristianでもIsramでもない日本人でも取得するのが難しい永住権をいとも簡単に、Isram教徒に与えておいて、そのIsram教徒が、New Zealandでテロリズムを起こしたとされている。

完全な自作自演で、い

もっとみる