How to get Salesforce sObject's fields information by python

久しぶりに技術ブログの方を更新しました。

python3 で Salesforce sObject の項目名(API参照名)を配列で取る方法について書きました。

もっとみる

現地集合現地解散旅行のススメ

社会人になってからできる限り取り入れている旅行のルールがあります。

「現地集合現地解散」

国内旅行はもちろんのこと、海外旅行でも取り入れることが多いです。
(ちなみに今週末の友人たちと海外旅行へ行きますが、それも現地のホテルに何時に集合ねという具合です笑)

もちろん関西や関東やら住んでる場所が全然違うのであれば、もちろんそうせざるおえないと思いますが、別に全員が東京近郊に住んでいたとしても公

もっとみる

【小説の書き方】セルフレビューのススメ

こんにちは、真野てんです。
いまちょっと新しい試みとして、カクヨムのほうで自作品のセルフレビューというのをやっています。

もともと作中の意図を作品外で語ることを避けてきた人間ではあったのですが、宣伝下手を克服するために自己プロデュースの一環としてやってみることにしました。

セルフレビューをすることであらためて分かるのは、自分が作品のどこを推していて、読者に何を訴えたいのかがより明確になること。

もっとみる

「おもしろい!」の作り方3 『意外性の在処』

こんにちは、神岡です。
「おもしろい!」の作り方 第三回目です。
今回のテーマは物語作りで最も重要だと思っている要素=意外性です。

今回は例として、「魔法少女まどか☆マギカ」、「進撃の巨人」、「プラネット・ウィズ」を取り上げます。
特に、プラネット・ウィズはYouTubeで第一話無料配信中なので、是非見てください!

では、始めていきます。

概要

この記事では以下のことについて書きます。

もっとみる

「おもしろい!」の作り方2 『シニフィエとリフレイン』

こんにちは、神岡です。
しばらく更新が止まっておりました。「おもしろい!」の作り方の第二回です。

今回は例として、私の一番好きな作品である「翠星のガルガンティア」を取り上げますので、是非見てください!

それでは、始めていきます。

概要

この記事では以下のことについて書いていきます。

・リフレインは、密度の濃いシニフィエを伝えられる手段である。

まずは、「シニフィエ」と「リフレイン」とい

もっとみる

【小説の書き方】去勢されたヒーローたち

こんにちは、真野てんです。

我が国でセクハラという言葉が爆発的に広まったのは、90年代初頭における米国三菱自動車セクハラ訴訟がきっかけだったように記憶しています。

それまで性的に貶められてきた女性性の解放という意味で、歴史上この声があがったのは有意義なことでした。
現代のMetoo運動にもつながる大きな一歩として認識しております。

一方その頃、バブル経済の崩壊と共に、男性が生きているだけで男

もっとみる

採用をはじめる時にやるべきこと 6つ

採用を運用含めまるっと担当する CASTER BIZ recruitingで責任者をしている@MihoMorikazuです。

弊社ボス石倉さんの得意技に、「メンバーのプロフィールを美しく仕上げる」というものがあるのですが、私も書いてもらいました。

人材紹介JAC Recruitmentの新卒1期生で最年少マネージャーを経験。
その後、大手からスタートアップで人事マネージャーを歴任。
社会保険労

もっとみる

時間の管理

気付くと、会議やら何やらで、光陰矢の如く、1日ひいては1週間が過ぎ去っていることってありませんか?

忙しい時の弊害

まさに創造力が失われて、今の延長にないモノが生まれなくなったり、

人生に大切であろう、5番を作り出せなかったり。

もともと、本当に気の置けない方以外は、自分から声をかけなかったり、日常では一切の予定を入れないタイプだったのですが、つい忙殺される機会が増えてきたので、時間のより

もっとみる

営業がGTDで成果を出すポイント、まずは「書き出す」からやってみるべし!

営業という仕事って大変ですよね。
お客さまと自社に挟まれる位置で、常にお客さまへの問題解決策提供と自社の利益という両面を見ながら活動をすることが求められるからです。

両面を見る、それがすでに焦点を二つ発生させており、集中が阻害される要素といえそうです。さらには、営業活動では、自分だけでやる仕事(資料作成や書類作成)と、お客さまとの面談などで拘束される時間が発生します。私の場合は、仕事が決まった後

もっとみる

【小説の書き方】人間を書くか、キャラを書くか。

こんにちは、真野てんです。

空想世界の住人たちを描くときに、あくまでもそこに住んでいる人間として書くべきか、それとも記号化されたキャラクターとして書くべきか。
いわゆる「人間を書くな、キャラを書け」問題。逆もまた真なりってとこですが、結論から言うと、別にどっちでもいいじゃねえかと(ぁ

と言っても個人的には人間を書く派なんですが、どっちかが正しくてどっちかが淘汰されるべきというような二元論的視野

もっとみる