WINWIN

好きなことで食べていくこと

「好きなことを仕事に出来るって最高ですね!!」

そういう人がいる一方で

「好きなことを仕事にすると、辛くなるから
やりたい事は趣味の方が良いですよ」

という人がいます。

どちらが正解というのは
個人的には正直ないと思います。

私の知り合いの魚屋ひと筋40年以上のおっちゃんは、
このかた脇目も振らずずっと鮮魚店、
そして食事処を営んで来られました。

御歳74歳!!

生まれた時から魚屋で

もっとみる

個人事業主と個人事業主の提携はどのようなケミストリーを起こすのか

どうも、やんじぇです。
以前お話ししていた個人事業主同士の提携ですが、とりあえず手探りで推し進めてみることにしました。

社用車をデモカーにしてモデル車両として貸し出すプロジェクトも同時に進めます。

朝からお隣兵庫県三木市のカーコーティングプロショップへ。6月に独立されたばかり。研磨やボディコーティングのプロショップでありながら、板金も対応するという面白いコンセプトのお店。
特筆すべきは、全ての

もっとみる

win-winじゃなく、lose-winで自分が損を取れ。

取引をする上で、双方に利益があることをwin-winといい、ビジネスだけでなく日常生活でも馴染みのある言葉になりましたね。

この言葉は、アメリカのスティーブン・R・コヴィー博士が著したベストセラー「七つの習慣」に出てきたもので、別の言い方をすれば、
・相互利益
・ギブアンドテイク
・持ちつ持たれつ
などとなります。

また、別のパターンとして、
・win-lose
自分側は利益がでるが、相手側は

もっとみる

時代の切り替わりに関わった出来事

ひろりんです。

平成と令和にまたがって仕事をした現場のことを、システム屋でもない人も読めるレベルで書き起こしてみました。
やっとこまとめました。 

はじめに・・・

なぜ書き起こしたか?

今回働いた環境が、働くことの意味、生きていく中での働くことの意味、働く中で大切なことを振り返ってみる機会になったので、他の方の中でなんか感じてもらえたらなぁという考えからです。

自分自身の中

もっとみる

なぜ「交渉学」に魅了され、伝道師を目指したか

本ページをご覧頂き本当にありがとうございます。交渉エバンジェリストの加藤と申します。

本noteでは、私が人生の軸の一つとして活動している「交渉学」について、なぜ交渉学に魅了され、交渉を伝えていく活動をしているのかをお伝えしてければと思います。

簡単なプロフィール

加藤 有祐 ソフトバンク株式会社 兼 株式会社Agoop CTO 兼 交渉力伝道師

1982年、埼玉県は飯能市に生まれ、自然た

もっとみる

交渉アナリストを知っていますか?

久しぶりの投稿となりました。交渉アナリスト オフィシャルトレーナーの加藤です。

突然ですが、交渉アナリストってご存知ですか?日本交渉協会が認定する交渉に関する知識、技術を持った人向けの資格です。

今の時代、値段だけの交渉や、ただ奪うことを良しとする交渉ではなく、いかに双方が満足するか。相手の立場に立った交渉ができるかが重要なビジネススキルだと確信しています。

まさに、こういった双方が満足する

もっとみる

共犯者を増やす カナダ留学日記 7/9(Tue)バンクーバー生活残り126日

今日初めてクラウドファンディングの支援をした。

同じ大学の友人が行っているクラウドファンディングで、これまでそんなに親交はなかったけど彼の想いや行動力に共感して支援を行った。

クラウドファンディングといえばキングコングの西野さんが有名だが、彼はクラウドファンディングを「共犯者を増やす行為」だと言っていた。

つまり、何かしたいことがあるときに、その過程に他者を巻き込むことによって他人事を自分事

もっとみる

ひとにたよること。

弟が高校生のとき、
彼の高校は山の上にあって、
毎朝理由をつけては父に送ってもらっていた。

羨ましいなと思いながらも、
自分は親に何かをお願いすることが出来ないまま
大人になっていた。

**********

今日も鹿児島は雨。

電車は運行見合わせ、
バスは遅延の上に満員で見送り。

車は旦那が使うので、
私は職場への足が途絶えた。

そんな時、父から連絡が。

「送り迎えしようか?」

鹿

もっとみる

【交渉】Win-Winを見つけるセオリー

これって名前があったんか!!って思ったことあります?

つい先日、とある企業にコンサルティングをしていた時の話です。

社長さんがNO.2の人に相談を持ちかけたんですが、お互いの意見がどうしても納得できなかったみたいなんですね。

機械部品の製造業をしてるんですが、社長さんは新しい設備を導入して、とある部品の生産量をアップしたいと考えていました。するとNO.2は、その設備を導入するなら部品Aだけじ

もっとみる