aikoにまつわるエトセトラ

ここまで辿り着いた方、ズバリ!マニアックな人でしょう!(丸尾君ボイス)

本誌は製本版でばっちり買ったけれど、せっかくだし電子版のおまけも読んでみたい!でもKindleで読むには抵抗がある!

第二版も買ってクロスワードもしたけれどついてきたのはお茶漬け版でさらっとしすぎて物足りなかった!

おまけを読んでから本誌購入を検討したい!

という方に対して、むちゃくちゃ久しぶりにnoteを引っ張り出し

もっとみる

2019 AUTUMN "BEAUTIFUL VOICES"

今年は、女性ボーカルの曲ばかり、聴いています。
こんな良い曲たくさんあるんだって、気持ちになるたび、紹介したくなってしまう性分なんです。

2019 秋のコンピレーションを、コツコツ選曲してつくっていました。
今週から東京も寒くなりましたし、秋は、夜長感満載です。
だから個人的に、秋に聴きたくなる曲ばかり、集めてみました。

心地よい音は、皆さん人それぞれだと思います。だから、無理強いはしません。

もっとみる

らぶ らいく ろっく!

手芸屋さんって、なんであんな楽しいんですかね……。
パーツクラブさんと、パンドラハウスさんが
向かい合ってる場所があるんですが
パーツやビーズ探してたら気付いたら3時間経ってました。
夕方には家にいる予定だったのに
お店から出る頃が夕方でした。笑
なんでそんな滞在してたかというと
友達に頼まれてた遊戯王の死者蘇生ピアスを
作るため……です。笑
試行錯誤の末できたのが……
うーんイマイチ…………もう

もっとみる

【MFL】~my favorite lyrics~ vol.9

予告通り2曲連続更新! 季節外れですが

「花火」by aiko

花火ソング、有名な曲たくさんありますが、個人的にはこの曲が1位かなぁ。もうどこが一番お気に入りポイントか言わなくてもお分かりになると思いますが語ります。

夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
こんなに好きなんです 仕方ないんです
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
涙を落として火を消した

なんて可愛らしくて、

もっとみる

LIVE動画のお知らせ

「Piano de Talk♪ Vol.10」
LIVEから「カブトムシ」の動画をGalaじゃぽんサイトにUPしました。
ご覧ください。

📺カブトムシ(aiko)/COVER☟
https://youtu.be/ZcL9VdQEMRE

もっとみる

恥ずかしい

だんだんと日が落ちるのが早くなってきました。秋は、一年で一番好きな季節です。

以前のnoteに、

今更ながら、あいみょんを聴いています。ぼくがポップスのアーチストを聴くようになる時には必ず、これは!と思った歌詞のフレーズがあるんですけど、あいみょんの場合は『風のささやき』という曲の「いつの日も夢はあるかあるかと 問う髭もじゃがいるし」というフレーズ。ここにやられました。

と書きましたが、同

もっとみる

「V6の愛なんだ」全データ

【「V6の愛なんだ」全データ】

このnoteはTBS「V6の愛なんだ」の様々なデータを記載しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

『「V6の愛なんだ」全データ』
【学校へ行こう!2015】
2015年11月3日
平均視聴率 17.8%

【第1回】
2017年8月30日
平均視聴率 11.2%

【第2回】
2018年9月24日
平均視聴率 10.3%

もっとみる

安室ちゃんが好きな君とaikoが好きな俺

何を聞いたらわからなくて、好きな音楽を尋ねた。

「安室ちゃんとか、好き」

他に勝るものはないのに「とか、」って。
はっきり言わないところが君らしくて、そんな控えめなところにも惹かれていた。

俺も好き。小室哲哉の時代はまだ生まれてすらいなくて、でも2002年あたりからのアルバムは全部聴いていた。

安室ちゃんの曲は英語の歌詞が多い。
リズムで聴いているのがほとんどで、曲とタイトルが一致しないの

もっとみる

作詞家によせて。

作詞というものに対して、思索を巡らせた時期があった。

中1~高3にかけてそれは顕著で、側から見ればそれは「厨二病」という言葉で片付けられていたと思う。実際、当時の友人の言を借りれば、「君は痛くてキモい方の厨二病だった」ようである。

そんな(暗黒の)時期を経て、特段懲りることもなくこうやって文章を紡ぎ出すことを試み、同時に改めて「作詞」というものと向き合ったときに、「ああ、この人の言語感覚が羨ま

もっとみる

カラオケに行った(2)

エレカシと言えば奴隷天国をよく歌う。室外で騒いでるマナーの悪いグループがいた時、奴隷天国を歌ったら、一気に静かになった。面白かった。

カラオケにはいつも救われている。

高校生の頃、最初の一年間俺は誰とも言葉を交わさなかった。声を出していなかった。急に授業中さされると、声の出し方がわからなくて焦ったりした。そんな俺にカラオケの誘いがあった。今思うとなんで誘われたのか、よくわからないけどついてった

もっとみる