「ほとばしる欲望の末」

「ほとばしる欲望の末」
Acrylic on canvas
F20(727×606mm)
2019.07.21

地位を求め

名誉を求め

財産を求め

幸福を求める

欲望は止まることを知らず

何処までも何時までも求め続け

命尽きた時

全てが無くなる事に気付かぬまま

己の命が尽きたことすら気付かぬまま

棺桶の中

一皮むけば皆同じ

もっとみる

【アーティスト、絵描きさん向け】  Instagram発信に役立つ、 ハッシュタグリスト

太陽です。Instagramで作品を発信してるけど、どんなハッシュタグをつかうといいのか分からないなぁと思う方へ、あなたの作品を広めるために使える、ハッシュタグを紹介します。

Instagramであなたの作品に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいですよね。いいねやフォロワーさんが増えたら、日々の制作の励みにもなります。

私もInstagramでいいねやフォロワーさんを増やそうすこしずつ取り組ん

もっとみる

新作ZINEを準備中◎

「Anouchka ZINE あにゅーしゅか・ジン」No.1 を3冊見つけました。夏の展示・イベントに持って行きますね。最初に作ったZINEで、手に取ってもらえる本です。ハンドメイドのブックカバー・ステンシルの蝶模様とAnouchkaステッカー付き🎸単行本「裸のアヌーシュカ」からの2編+書き下ろしになります。¥700+taxです。是非どうぞ◎ 最初に展示販売した時には¥600+taxの設定にして

もっとみる

CAFÉ ANOUCHKA T-shirts 2019◎

CAFÉ ANOUCHKA T-shirts 2019◎ 昨年の個展「CAFÉ ANOUCHKA」のデザインを生かしたくて、もう1つのテキスト(オノマトペ)レイヤーを重ねて刷ってみました。杢グレー、 ワイン、ピンク(レディースのLサイズのみ 在庫有り)サイズ表など参考にしてみてください。
https://halikeda.stores.jp

 タコシェさんでも販売がスタートしております、よろしく

もっとみる

「I am...〜自意識過剰〜」

「I am...〜自意識過剰〜」
Acrylic on canvas
SM(227×158mm)
2019.05.10

ボクと言う存在はどこにあるのか?

自意識過剰に

自分に苦しみ

自分を罰し

そのくせ愛を欲する

自意識過剰に

誰かに見られてるような気になって

どこかの誰かに文句を垂れ

持論ぶっ放して

かっこつけて

自分で自分の首を

もっとみる

「I am...〜それは幸福か?〜」

「I am...〜それは幸福か?〜」
Acrylic on canvas
SM(227×158mm)
2019.05.10

ボクは何者だろうか?

今ある安寧を怠惰に貪り食い

メディアを見ては文句を垂らし

なんの疑問も持たず日常を過ごす

果たしてこれは幸福か?

見たい景色はどこだったんだろう?

この両足で踏みしめたい場所はどこだったんだろう?

今、この

もっとみる

着色

やっと着色に‥
途中こんなことも準備しています✂︎
色とりどりの花咲く季節ですね🌼
散歩、渋谷、連休前。

手帳型も人気のようです❤️
http://www.secondskin.jp/html/page34.html

--

 ご覧いただきありがとうございます、よかったらこちらもご覧下さい◎
インスタグラム→ https://www.instagram.com/hal_ikeda/
FBオフ

もっとみる

連休前に仕上げたいもの アトリエ・ノートから

風邪が治りました◎
連休前に仕上げたいものを延々とやっています...ときどき漫画も。もう少し桜🌸楽しめますかね。新宿にて。

--

 ご覧いただきありがとうございます、よかったらこちらもご覧下さい◎
インスタグラム→ https://www.instagram.com/hal_ikeda/
FBオフィシャル→ https://www.facebook.com/IkedaHal/
Twitter

もっとみる

原宿でお花見日和 アトリエ・ノートから

先週末は子どもと原宿へ、竹下通り巡りなど。ここはわたしが上京した頃から街のイメージが変わらないですね。ポップで可愛いもので溢れる街◎ 福岡でも東京でも小さな女子たちの好みは同じで、また夏休みに会う友だちにお土産を買ったり、ストロベリー・タピオカドリンクを飲んで、東郷神社でお花見🌸🍓🍭^^

この後、久しぶりに風邪をひきました‥

東郷神社

渋谷

新宿

引き続きスマートフォン・ケース、リ

もっとみる

今年も生まれ育った街・門司港にて

子供の頃に母に連れてきてもらった福岡市美術館で、はじめて観たのは「アンディ・ウォーホル 遺作展」でした。兄弟作品はオークションで約100億円!というウォーホルの「エルビス」1963年 を再び鑑賞。この作品と、横尾忠則「葬列 II」町田市立国際版画美術館蔵 がわたしがシルクスクリーン・プリントの制作を始めるきっかけとなった作品、だと思っているんですよね。すごく好き、何度みてもシビれる格好良さ!

 

もっとみる