女の子の味方、ビヨンセはもはや単なるアーティストを超えた存在よ

女の子たちは皆ビヨンセが好きだ。

ビヨンセはディスティニーチャイルドとしてデビュー後、ソロに転向してからもその人気は衰えることなく今でも多くのファンがいる。

なぜ彼女がそんなにも愛されるのだろうか。

ドレイクが曲名にするほど(Girls love Beyonce)、特に女性からの支持が高い。

私はビヨンセの大ファンで、彼女の魅力を語れと言われたら一言では語りつくせない。

20代前半は毎日

もっとみる

ジャズリスナーのためのビヨンセ『HOMECOMING:THE LIVE ALBUM』

ビヨンセが2018年に音楽フェスのコーチェラでやったライブ音源が『Homecoming:The Live Album』としてリリースされた。世界が最も注目するフェスのためにビヨンセとそのチームがこのショーを #beychella と名付けて、特別に作り上げてきたプログラムは音楽史に残る偉大な記録になった。

その特別さに関しては、衣装とかメッセージとかゲストとか検索すれば詳しいものがいくらでも出て

もっとみる
あざっす››››( ˙ᵕ˙ )
73

【寄稿】ビヨンセ『HOMECOMING』に見る、歴史を継ぐ者の意志とレプリゼンテーション (CINRA.NET)

ビヨンセのコーチェラ公演を追ったNetflixドキュメンタリー『HOMECOMING』について書きました。「歴史」を意識した構成のなか「黒人/女性」表象を重視するビヨンセの信念が明かさており「レプリンテーション」概念の教科書にもなってます。チャンスやモネイ等、Beychella後の影響も紹介

もっとみる

何度見ても登場シーンで号泣してしまう「Homecoming 」- beyonce

もー最高最高最高。

ビヨンセは凄い。人間を超えてる。

歌が上手くてスタイルが良くてダンスも上手くて私生活も上手くいってる、
これを全て手に入れてるのはBしかいない!

ガガは仕事が上手くいくと私生活が上手くいかないって泣いてるし(同じくNetflixにあるSuper Bowlのガガのドキュメンタリー見てね)

テイラーとアリアナはダンスが踊れないよね

さらっと双子産んでキラキラのまま帰って

もっとみる

ビヨンセの名言✨

もう誰かの顔色をうかがう必要はないの。いまは自分の自由な意志で、必死に働いているわ。

#ビヨンセ
#歌手
#Beyonce

#sacai

ああ忙しい、忙しい。

と思っていたらbeyonceがsacai来ているビジュアルが飛び込んできた。

なんか似合わないね。色かな。

sacaiは日本人独特の幼さがないとはまらない気がする。ファレルとかVERBALとかちょっとあどけなさがあるから。

またゆっくりnote書きます。

みなさまよい週末を。

もっとみる
ありがとうございます!
5

Naughty Boy ft. Beyoncé, Arrow Benjamin - Runnin' (Lose It All) -

Runnin'
逃げてる

Naughty Boy

These four lonely walls have changed
寂しげな壁がいつもと違う
the way I feel
違って感じる
The way I feel
そう感じるの
I'm standing still
私まだ立ち尽くしてるわ
And nothing else matters now, you're not here
何も
もっとみる

え、ほんとに?

ビックリした。

まじですか?

みんなBeyoncé モノマネやらないの?

ドライヤーの時っ。

友達に聞いたらやってないって!

えーーーーーーーー!!!!

全員やってるもんだと思ってた笑

もっとみる
スキありがとうっ!
18

#Lemonade

窪美澄さんの新刊が気になって購入。
過去作品も図書館で借りる手配。

ビヨンセの coachella、宇野さんのtwitterで見て、気になって後から見る。

バンドの衣装も、ダンサーのシルエットも最高なんだけど、弦楽器もだいぶ気になった。細めのやつ、買ってるのかなあ。
あと弦楽器の人たちも立ってるのが良いよね。のりのり。

そもそも、ビヨンセの一挙手一投足は、どのバックダンサーも、どの人類もかな

もっとみる
May the force be with you.
5

2016年とKendrick Lamar

SiaがKendrick Lamarを客演に迎えた「The Greatest」をリリース。MVには彼のヴァースは入っていないので聴きたい方はApple MusicやiTunesなどで是非。

と言ってもどうにかして聴きたい!という方は以下にて聴けます。

去年リリースされた『To Pimp A Butterfly』(以下"TPAB")によりアフリカン・アメリカン/BLACK LIVES MATTE

もっとみる