個人的に世界情勢を学べるメディアのレベル分けしてみた

反論はもちろんあるとわかった上で、世界情勢や政治を学べるオススメのメディアをピックアップしました。

初級⇨Buzzfeed Japan https://www.buzzfeed.com/jp

Buzzfeed のいいところは、勉強を歌や漫画にして学ぼう!みたいなお楽しみ要素が多いことです。もちろん、お楽しみ要素が多すぎて不完全だな、と思ったりしますが、最初はこういったお楽しみメディアから入るこ

もっとみる

クオリティが別次元。The Try Guys、ユージーンのカミングアウト・ビデオ

The Try Guysってご存知ですか?

Youtubeで見れるアメリカのコメディシリーズです。2014年にBuzzFeedにいた4人で結成され、現在はYoutubeで612万人のフォロワーがいます(2019年7月時点)

この中の一人、韓国系アメリカ人Eugene Lee Yangがゲイとしてカムアウトするビデオを、ユージーン自身がプロデュース、ディレクション、振り付けを行なっています。

もっとみる

「他人に期待するな」の本当の意味

気づいたらもうなんと
1か月もお休みしておりました!やヴぁいじゃん!
ということで復活しましたどっかの大学3年生です。
(ちなみにちゃんと休んでいた理由の資格の試験にも合格し、ついでに大阪旅行を楽しんだり、長期インターンとアルバイトを週3で行っているのですがそれプラス学校で執筆する時間が中々取れなくて...いや、自身のたるみが原因でした、正します #根が真面目 )

(ちゃんと合格点よりも大幅に

もっとみる

安全な社会のためにできることって何なんだろう、と考えて地域社会の大切さに思い至った話

「あの事件は異常事態であって、日常では起こらない。そのことをもう一度、思い出していく作業が必要です」

こういう考え方が日々を円滑に送るために大事なのは分かる。非常によく分かる。実際必要だと思う。しかし、これは同時に異常な事件に遭った人や家族の異常視(スティグマ化)につながる考えでもあるな…と思う。

「ああいう事件は異常事態であって、日常では起こらない」「異常な事件は自分とは縁がないこと」と、ど

もっとみる

「魔の10連休」が終わる間際に「救われてない人々」とそこに寄り添う人々の声が消されつつあることに巻き込まれ、色々と考えてみた。

さて、「魔の10連休」が終わりました。連休のおしまい近くに、突然申し入れ状が掲載されてびっくりされた方も少なくないと思いますが、それは後ほど。10連休の後、元号が変わったのもあって銀行がネットからアクセスできなくなり・電話も何故か通じなくなって、一寸困ったりもしましたが、皆さんはどうだったでしょうか?

※この文章ははてなブログでも公開しますが、一週間から10日したら、一部を非公開にしてnoteで

もっとみる

Buzz Feed News Japanの入江杏さんのインタビューを読んで

「母は礼君が障害を持って生まれたことも、犯罪被害者遺族になったことも『恥』と受け止めていました。私はその恥の意味を、自分の中の内なるスティグマなのだと理解したんです」

未解決殺人事件の被害者遺族として「悲しみを生きる力に」と発信され続けている入江 杏さんの存在は、私の心の救いです。

私も未解決殺人事件の被害者親族で、発達障害の息子がいます。なので、入江さんの心の痛みや苦しみに、他の人よりもより

もっとみる

「何者」かになろうとしたって、いいじゃないか。

最近、私はnoteで驚異の3670スキを獲得した戸田真琴さんの記事【SNSで死なないで】や、

http://note.mu/toda_makoto/n/n71be988f6b05

平成元年生まれの直木賞作家・朝井リョウさんのbuzzfeedでのインタビュー記事【「自分らしく」生きられる時代に芽ばえる、新しい地獄】という実に似た内容の二つの記事を読んだ。

http://www.buzzfee

もっとみる

沖縄から物語の力を、今こそ。(前編)

今日は映画の話。

実はたまたま監督と知り合う機会があってDVDを直接もらっていたものなのだけど、1年くらいほったらかしにしていたもので。
(ほんとすいません、監督…。)

数日前にようやく観ることができて、沖縄が舞台と知ってはいつつ、まさかこんなにド直球タイムリーな内容だとは思っていなくて、これは書き留めておかなければなどと思ったりして。

この前編で見どころについて、そして後編では、もう少し踏

もっとみる

BuzzFeed伊吹さんに聞いた!自分ごと化の極意

面白く、魅力的なコンテンツを次々に発信するBuzzFeedJapan。その中でも、LGBTQ+やフェミニズムに関する特集を組み、「性」や「生理」など少し話しづらいことについて考える番組を発信し続ける記者、伊吹早織さん。

実は彼女、筆者伊藤の高校の先輩なのだ。記者としても先輩である伊吹さんに、なぜLGBTQ+をテーマに情報の発信をし続けているのか、そして同性婚訴訟についての想いを聞いてきた。

もっとみる

先人たちの知恵

今の平成31年は非常に便利な時代です。

基本的にすべて手のひら、そうスマホで事足ります。

でも当たり前ですが、槍をもってマンモスを追いかけていた人類が、いきなりスマホを持ったわけではなく、、、

もちろん長い長~い年月での様々な過程・進化があったからこそ今があります。

今が便利なのは「先人たちの知恵」があったからこそなんだなと、

こちらの記事を見て⇩⇩⇩

⇧⇧《BuzzFeed Nata

もっとみる