calling

Calling

「あなた、靴紐ほどけてるわよ」

朝まで飲んでから家に帰るところだった
なんとかまっすぐ歩くことはできるが頭は働いていない
最寄りの駅まで電車に乗って帰ってきた
エスカレーターに乗っていたら
後ろから見知らぬおばさんが声を掛けてくれた
純粋な一声だった
まるで初めて人の思いやりを受けたみたいな気がした
「ありがとうございます」
慌てて返事をした
ろくに顔も見なかった
巻き込まれないようエスカレータ

もっとみる

海王星、Homeの魚座にて逆行開始。11/27までだって(しかもこの日は射手座の新月)。その頃、私の“現実”はどうなっている…? 世界が変わる瞬間を、その可能性に満ちていることを、いつだって歓迎している。真剣に、胸躍らせて、用意している。呼んでいる。日々、コミットメントです☺︎/

お礼に「スカイブルー」のエネルギーを送ります☆『信頼』が鍵☺︎/*
2

Calling

私の内側のどこかに
格納された
巨大なデータから
導き出される
その時々の感情が
何かの折に触れ
とめどなく溢れはじめる

ある時は〝怒り〟
ある日は〝憂い〟
そして、今この瞬間感じている
ほんわかとあたたかく
包み込まれていくような
〝温もり〟

はるか遠い場所から
聞こえてくる
私の中に眠る〝何か〟を
呼びさまそうとする声が
日々大きくなり
響き始めた

誰のための
何のための
〝Callin

もっとみる

Natiz

Hitler政権の財政政策はかうだ。
第一次世界大戦に敗北後、英仏から天文学的な賠償金を課せられて、国内は戦争で崩壊して、物資不足でハイパーインフレーションが進展して、紙屑と化した紙幣を人力車で運び決済していたが、Hitler政権が政権与党を取って、シャハトドイツ中央銀行総裁が、ドイツ政府の発行する労働債を引き受けて、紙屑と化した紙幣を政府に融資した。Hitler政権は、この融資を受けて、アウトバ

もっとみる

ソクラテスとの対話こそ解釈

ソクラテスとの対話という著者が、ソクラテス本人ではなくて、弟子のアリストテレスが口述筆記したという霊言本が岩波文庫にあるが、産婆術と称して、Romaの全市民を論破したという武勇伝が一言だけ書かれていて、 Virtually Editされているが、結局、Democracy(民衆)が、Riotになって、Roma王に直訴に行った所、いとも簡単にソクラテスは引っ捕えられて、Roma王も寛大な処分を下し、ソ

もっとみる

日本国のDebtの解消法はこれだけ

日本国の債務をどうするかで、永田町と霞が関は日々、無い頭を使っているらしいが、戦後のバラック小屋の日本国政府を崩壊させて、すべて国民に払い下げすればすべて解消する。勿論、皇室財産も、皇族に返還する。当然だろう。

資本主義国で、政府がある状態が異常。資本主義国から政府を無くせば、Zipangは、世界初の資本主義国になる。共産主義もUtopiaだが、資本主義もUtopia。

イエ制度を中核概念とし

もっとみる

CALLING

僕が彼女のことを知ったのは、ネットの動画投稿サイトで偶然その歌声を聴いたのがきっかけだった。どんよりとした梅雨空が続いていた。動画の方も曇天模様のいつかの休日の昼下がり......夕暮れ前といった感じか。どこかの公園にある円形劇場のような所で彼女は歌っていた。投稿者はその会場の観客の一人だったようだ。遠目だったので、彼女の容姿についてははっきりとは分からないが、静かな佇まいで、その歌声は美しく澄ん

もっとみる

日本には日本独自の経済があっていい

日本人は、正義を振りかざして、悪を凶弾する性格の民族なのだから、人を騙して泡銭を稼ぐのが「真っ当」と評価する英米の経済体制は向いていない。真っ当な仕事をして対価を頂くのが、日本人の勤労で、罪悪を感じないで、達成感の得られる労働が報われる経済社会を構築していかなくてはならない。会計が必要ないと豪語するMBAホルダーが、AGOSという予備校で英語教師をしているが、MBAホルダーであれば、英語教師になる

もっとみる

今すぐ、あの世に逝ける。Play Fast!!

Oxford,Cambridge,Harvardの神学部も、絶対に「あの世」は存すると言い張る。君も絶対に「お金がなくても」あの世に逝ける。You have to go to the Heaven. Absolutely.

Europeは、封建制の国。階級社会。宗教をどうやって抑え込むかが王室の懸案事項。Italyは、宗教国家にならない。Europeの火薬庫。交通の要所に寄付や寄進や謙譲を求める

もっとみる