自分にとっての「雑音」が分かっている人は強いと思う

物理的な雑音が対象もあるが(実際,気になる度合いが高い人は情報のフィルタリング能力が高いという研究があるらしい),
到達したい目標がありそのためにするべきこと・するべきでないことを明確に理解している人は淡々と懸命に走っていける

ただただ感謝です。あなたにもスキがたくさん注がれますように!
5

対話する相手や文脈によって,自分の属性が変わるという体験を楽しむようにしている

何故自分はこのように振舞っているのだろうかともう一人の自分が目に見える部分と内面的な部分を俯瞰している感覚

他者・環境は自分を形成してくれる要素であり鏡でもあると思う,心が赴くままに向き合おう

この人のことをもっとよく知りたいという感情が呼び起こされると,すごく幸せな気分になる

何に感謝すべきかって,そう思わせてくれるきっかけをくれたその人本人なのだけれども,その人の今までを取り囲み形成してきた全てだ

自分も感謝し感謝されるような人たちと関われるようになりたい

日常を大切に愛おしく過ごして生きていくって,いい思考と習慣がなくてはできないのだと思う

特に僕は自分に甘すぎるので,いくらでも怠けてしまう

いい習慣ができれば,いいリズムと更にいい思考が生まれて,日常も非日常も愛せるようになるのかもしれない

目先の低い欲望を管理できるように

ただただ感謝です。あなたにもスキがたくさん注がれますように!
7

できることをいくら繰り返し続けてもできないことができるようになることはない

今と異なる自分になりたいならば,当たり前だけれど変化する覚悟とそのための行動が必要だ

成長するためには,時間的・精神的・肉体的負荷(コスト)をかける必要がある

伝導率を上げるためには過程を楽しもう

自分の拠り所となる「メンタルアンカー(精神的な錨)」(造語)を納得感がある形で理解できるようになってくると少し嬉しくなってくる

自分が何者か分からないと,鏡にうつる自分の正体が黒い靄がかかったものから少しずつ実態を帯びてきているような感覚

そしてその姿は少しずつ変わる