congo

サプールをめぐる冒険 第5話(コンゴ3日目)

午前4時。
薄いピンク色の朝焼けに染まったブラザヴィルの街並み。
ここでは毎朝、太陽が昇るまでの間に2回ほど、街のどこかに設置されてるスピーカーからアザーンの放送が流れます。
それをぼんやりと聞きながら、昨日のことを振り返っていました。

運よくサプールと会うアポイントが取れた。とてもラッキーだったと自分でも思う。
でも、本当に本物のサプールが来るんだろうか?サプール写真家のCHANOさんからは「

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第5話(コンゴ2日目)

梅雨入り前だというのに夏の日差しを感じることも多いここ最近。
ついつい美味しいビールが飲みたくなりますね。

コンゴにも色々なビールがあるみたいですが、僕にとって最初のコンゴビールは、泊っていたホテル「Résidence Hôtelière de Moungali」で飲んだ「33 Export」というラガー。BRALICOというメーカーが出してます。

熱い国のビールはさっぱりしてて何杯でも飲めま

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第4話(コンゴ初日)

ボレ国際空港の出国ロビーは多くの人でごった返していました。

昨夜、エチオピア名物のインジェラを食べながらダンスショーを楽しむ予定で少し多めに両替しておいたエチオピアブルが、うたた寝のせいでだいぶ残ってしまい、使い道はないかとスーベニアショップを覗くが欲しいものはナシ。なおかつ値段が恐ろしいほど高い。結局このエチオピアブルはどうすることもできず(ナイロビの空港でも両替を断られた)。

コンゴ行きE

もっとみる

サプールをめぐる冒険 第1話(出発)

もしかするとご存知の方も多いかも知れませんが、
アフリカのコンゴ共和国には「サプール」と呼ばれる
とてもオシャレな紳士たちがいます。

(サプール2019展@なんばパークス 撮影:SAP CHANO氏)
http://www.nambaparks.com/event_schedule/_24886.html

私がサプールの存在を知ったのは今から5年程前。
高価でカラフルなスーツを自由自在に着こな

もっとみる

弥生のさえずり

すぅーっと朝目覚める。

何の障害もなく。あったのは鳥のさえずり。

大学生の春休み、朝はだらだらとずっと寝ていたい感情と戦いながら渋々体を起こす毎日だった。

けど、今朝は違う。

初めての朝は"違い"に驚くばかりで、
「とうとうきてしまったのか」と言わんばかり。

光が己の存在を主張するかのようだった昨日に比べ、
天からの 潤いが舞い降りたあとのコンゴはもっと美しかった。

物理的にはもちろん

もっとみる