google広告

パフォーマンスプランナーは最適なコンバージョン数をシミュレーションすることができるツールです。キーワードプランナーを使っている人は多いと思いますが、パフォーマンスプランナーは知らない人も多いと思いますので、Googleとしては活用して欲しいので出題されることがあります。

広告ランクで出題されやすいのは、広告表示オプションやその他の広告フォーマットの利用状況とオークション時の広告品質(推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性など)が多いです。他の要素も重要ですが、Google広告の試験問題としては、この2指標の理解が最も重要です。

Google広告では広告の掲載順位は広告ランクが高い順に上位枠が割り当てられます。広告ランクは「入札単価」「広告とランディング ページの品質」「広告ランクの下限値」「ユーザーが検索に至った背景」「広告表示オプションやその他の広告フォーマットの利用状況」の5要素で決定されます。

最適化スコアは2019年に実装された新機能で、Google広告アカウントの設定が最適化されているかを示す推定値の指標です。このスコアを100%に近づけることで、効率的な広告運用が可能になります。
https://support.google.com/google-ads/answer/9061469?hl=ja

【重要】Google検索のテキスト広告の要素は出題されやすい傾向にあります。
質問の仕方や回答の説明は色々ですが「広告見出し、表示 URL、説明文」の 3 つの要素はリスティング広告の基本なので、しっかり理解しておくべきです。
https://support.google.com/google-ads/answer/1704389?hl=ja

問題自体は機械学習や自動入札を活用した広告運用を頭に叩き込ませるような内容が数多く出題されています。この傾向はいつも通りで、Googleが理解して欲しい内容を質問として出題しているので、手動で運用するのは時代遅れでGoogleの機会学習で効率的に運用してくださいということです。

今回改訂されたGoogle 広告「検索広告」の認定資格でも、毎年取得している人には毎度お馴染みの英語直訳で日本語の意味として質問されている内容の意味が分からない問題もたくさん出題されています。人名などをローカライズする必要は感じませんが、最適な日本語などに置換して欲しいです。

Google 広告「検索広告」の認定資格では試験内容が大きく変更されています。最適化スコア、パフォーマンスプランナーなど機械学習がキーワードになる2019年の最新情報を詰め込んだ設問や広告表示オプションや広告文の構成、入札戦略やターゲティングなども重要視されています。

Google広告の認定資格試験がAcademy for Adsからスキルショップに2019年9月に移行されました。

①代理店を働かせる魔法の言葉(Googleリスティング広告編)🧙‍♂️

さて、第一弾ですが、こんなタイトルにしてみました。【代理店を働かせる魔法の言葉】

もっとみる