バイナリーオプション 自動売買システム C++、Python,MQL4、FX、MT4 環境構築、サポート、講座

自ら自動売買のシステム環境を構築し、購入者ではなく、一からBOTトレーダーとして収入を確立できるように技術の支援、提供、相談に乗ります。 ハイローオーストラリアの自動売買システムのロジック開発はFXの理論を用いて開発することができ、期待値のあるロジックを比較的見つけやすいように思います。
私は2017年末から本格的に自宅サーバーを使って自動売買を開始しました。当初の技術は某自動車大手上場企業のプロ

もっとみる

DXLibによる基本Perlin Noiseの疑似コードの実コード化の一例

ネット上にあったPerlin氏のPerlin Noiseの疑似コードをCで実コードにしました。DXLibを使用させて頂いて単純に求めた2次Perlin Noiseを一枚の画像として表示するだけです。結構力任せのコードになってしまいました。どうもちゃんと実装できていないような気もしますが、一実装として参考にでもなれば幸いです。

もっとみる

[試作] Unity Blink Toon Shader Prototype

凹みさんの記事を参考に、瞬きシェーダを、TOON/Baseの改造で試してみました。

結果は下記映像になります。まあ、普通に使えそうです。顔の凹凸は、テクスチャ画像側で、フェースメイクしてください。

改造したシェーダのソースコードは、以下になります。

// Modified Unity Toon/Base
//
Shader "Toon/Wink001" {
Properties

もっとみる

C #1

コンパイラ→高級言語を全て機械語に翻訳してから実行。           インタプリタ→翻訳しながら実行。

#include→ヘッダファイルを読み込む時の宣言。             main(){}→メイン関数。この中に全ての処理を書く。             エスケープシークエンス→¥。¥n(改行)、¥b(バックスペース)、¥t(タブ)

%d→整数                   

もっとみる

πの計算(Cヴァージョン)

#include <stdio.h>

int main()
{
int c;
float i = 1;
float j = 3;
float p = 0;
float pi = 0;

p = 1/i - 1/j;

for(c=0;c<500000000;c++)
{
i = i + 4;
j = j + 4;
p = p + 1/i;
p

もっとみる

atcoder 081 B問題 エラーとその対処

./Main.cpp:3:14: error: ‘figure’ was not declared in this scope
int division(figure){
^
関数がmain()より先に存在し、その関数の中の変数が定義されていなかった。対処法として関数より先に変数定義を行った。
./Main.cpp:3:21: error: expected ‘,’ or

もっとみる

【そろそろスクリプトについて】

Keith Watfordさんが作ったらしい。

スクリプトの導入の仕方が知らない人は

コメントに書いてください。

コメントが多ければ、導入の仕方を記事にしますねー!

//+------------------------------------------------------------------+
//|

もっとみる

ハッカソン Hackathon

ハッカソンに出てみませんか──?

ハッカソンに出てみませんか──?

そんなメールが届きましたが、無視し、日々の仕事を続けました。

締め切り間近です。ハッカソンに出てみませんか──?

また、メールが届きましたが、無視し、日々の仕事を続けました。

緊急募集!、ハッカソンにキャンセル空きが3枠ございます。

そこまで言うのだったら出てあげてもいいと思い、申し込みました。

申し込む直前にハッカ

もっとみる

Do IoT yourself!!3 温度を測る編

初心者の、初心者による、初心者のためのIoT。

自分自身のアウトプットと電子工作ビギナーの皆様との情報共有も兼ねたこのシリーズ。

Do IoT yourself シリーズの3回目。

2回目から間が空いてしまいました。

私自身も電子工作初心者ということで暖かく見守っていただければと思います。

では張り切っていきましょう!

ゴール:シリアルモニタ画面に温度と湿度を表示

​​

■温度を測

もっとみる

別途で作成したslimをRailsアプリに乗せて見る:開発作業ログ

・デザイナーがgulp利用等別のローカル環境で書いた静的ファイルをrailsに乗せて確認したい時

用の覚え書き。

このシリーズの派生記事です↓

まずはslimディレクトリ構成

こんな感じとします。

/ pages
/ common
/ layouts
/ parts

/ views に既存のslimファイルを突っ込む

app/viewsに上記のslimディレクトリ、ファイルを突っ込み

もっとみる