indiepop

沖野俊太郎のニューシングルVisions Of Your SleepのMVが公開

90年代日本を代表するマッドチェスター/シューゲイザーバンドVenus Peterのフロントマン沖野俊太郎さんの最新シングル「Visions Of Your Sleep」のMVが公開されました。

ここ最近の沖野さんは自身のルーツにストレートに向き合った新作をコンスタントに発表していますが、今回の新作ではローファイポップ、サイケポップといったインディートレンドを取り入れながら、自身のルーツであるシ

もっとみる

Drahlaはポストパンク、オルタナティブの格好いいとこ全部詰めこんだ最高のバンド。

イギリスはリーズから登場した注目のポストパンクバンドDrahlaがブルックリンのCaptured Tracksからデビューアルバム「Useless Coordinates」をリリースしました。

僕らおじさん世代には真っ先にソニック・ユースの名前が思い出されるサウンドですが、さらにはニューヨークのノーウェイヴのバンドたちの面影も匂わせます。サックスなども入るとまさに。

これは音楽界隈のみならずフ

もっとみる

HarlanはSnail Mailに続くガールズインディー期待の新人。

Harlanはメンフィスを拠点に活動するハーラン・ハットンによるソロ名義です。最近90年代オルタナティブロックを影響を受けた若い世代のバンドやミュージシャンが少しずつ増えていますが、このHarlanもこの流れに拍車をかける気がします。サミラ・ウィンターによるドリームポップユニットWinterもここ1年ほどダイナソーJr.などダイナミックなオルタナロックを強く思わすサウンドへ転身し、ライブバンドとし

もっとみる

Smokebees / Imaginary Lights Never Fade(2019)

Sauna Coolレーベルから3/20リリースで、ずっと聴くのを楽しみにしていたSmokebeesの1stフルアルバム「Imaginary lights Never Fade」を聴く。

そもそもが、最初にアルバムタイトルをみただけで泣きそうになってしまったわけだけれど、アルバムを通して聴いてみたら、まさにそのタイトルに相応しい内容のアルバムに仕上がっていて、またまた泣きそうになってしまった。も

もっとみる

オーストラリアはメルボルンの3ピースSwanzi Goldが面白い

Swanzi Goldはオーストラリア・メルボルンのResearch Recordsからデビューした3ピースバンド。3人のソングライターがそれぞれの曲を持ち寄るスタイルです。最近のインディーミュージックトレンドから遠く離れガレージ、サイケ、サーフミュージック、アメリカンポップス、エキゾチックとにかく色んなジャンルを混ぜ独自の胡散臭いサウンドに仕上がっています(褒め言葉)。

まずはShapeshi

もっとみる

アトランタのSSW、Faye Websterが新しいMVを公開。

アトランタを拠点に活動するSSW、Faye Websterが新しいMVを公開しました。今回はハワイアンな雰囲気も感じるクラシカルなポップスを展開しています。とはいえ元々Faye Websterのこれまでの楽曲もスライドギターの音色が印象的に使われているので違和感はありませんね。それにしても前回同様映像の鮮やかな差し色、アイデアが本当に素敵です。

もっとみる

ブルックリンのインディー再注目株Barrieが新しいミュージックビデオを公開。

今一番注目しているNYのバンドBarrieが新しいミュージックビデオを公開しました。Lemon TwingsやKevin Krauterを見いだしたレーベルwinspearから5月に待望のLPも発売されます。

2010年代後半のインディーサウンドの方向を変えたWhitneyに通じるアメリカーナ的クラシカルなポップス、Men I Trustなどインディーダンス的要素、今のインディーの良いところをギ

もっとみる

L.A.のパステルR&BシンガーDenyahが新曲を発表。

Pastel R&Bの元祖Denyahによる最新曲がSpotifyに発表されました。今回はいい感じのサイケ感も加わり、いわゆるLo-fiヒップホップ的な音作りも相成ってかなり僕好みの音になっています。

もっとみる

マンチェスターのDarcieはUKインディーソウルシーン要注目の男女デュオ。

マンチェスターをホームに活躍するLo-FiソウルポップデュオDarcieが新曲Mangoを発表しました。Rex Orange CountyやTom Misch、Jorja Smithの登場で活気づくイギリスのインディーソウルシーンですが、彼らもまた今年注目すべきアーティストです。

この手の音楽で男女デュオは珍しいなと思うのですが、2人の声が重なるところは何とも美しいですね。日本でも人気が出そうで

もっとみる

Jonas HibikiはKings Of Convenienceを生んだノルウェー・ベンゲンのポップ遺伝子を継ぐ注目の新人SSW。

Boy Pabloの登場で少し注目を浴びたノルウェーのポップシーンですが、注目のアーティストが登場しました。ベルゲンを中心に活躍する21歳のJonas Hibikiです。ベンゲンといえば日本でも人気の男性ポップデュオKings of Convenienceのホームグラウンドとしても知られる都市ですね。Jonas Hibikiもそんなポップなフィーリングを持ったシンガソングライターです。そしてチルウ

もっとみる