issue

own-issue (オウン・イシュー)

切っ掛けは人それぞれであっても本質的なところは変わらないと捉えがちな私らしい。流行語化してそうなissueを考えていて、こんなふうな書出しになってしまったのは「これは大したイシューでない」と受けとめた私を体現しているに違いない。「これは大したイシューでない」と私が殊更に述べるのには訳があって‥つまり、大したもの(= イシュー)でないものは重く受けとめる迄もないと(反射的に)軽視しがちな現代の軽薄な

もっとみる

性善 vs 性悪 (~issue)

人間性(人間の本性)は善か悪かと姦(かしま)しいほどの知的好奇心が旺盛な人は昔に限らず現代にも大勢いらっしゃるようです。議論・口論を楽しむのが悪いとは言わないけれど、悪く楽しむのは如何なものか?そもそも性善・性悪ではどちらが善でどちらが悪だろうか?そんなことで考えていきたい。

私たちにとって何より大事なこと(イシュー)は何だろうか?美味しいとこ取りを重視してる人は大勢いるようで、だけど確かに美味

もっとみる

問題を見極める!!イシューとは???

こんばんは
岩井健二です♪

今日もスケジュールとにらめっこしている
僕です😕
計画を立てるといろんな事起きますよね、
計画通り事が運ぶこともあればそうでないこともあります🤔

うまくいかなかった時自己分析をよくするのですが、最近イシューという考え方に触れたので
ちょっと書いてみようと思います!

そもそもイシューとは?
僕が参考にした著書では下記のように記載されてました!

A) 2つ以

もっとみる

移住というISSUE

友人の移住計画の話。

彼は今年5月の結婚式を期に、東京から北海道への移住を考えている。

地方への移住計画の話はずっと前から聞いていたんだが、先週ついに、夫婦で知床旅行に行った際、そこに住むことに決めたらしい。決めたのは奥さんなのだが、とりあえず住む場所に失敗するなら早いほうがいい、と彼も承諾したとのこと。

なんでも知床の町はテレワーク化を推進していて、働く環境には困ることはない。行政と連携し

もっとみる

『読書バトンを読む』issueからはじめよ

世の中の問題のほとんどは表面的で、本質を捉えたものではない。という本書が理解できそうで、できてない感じがするので書評を書いてみます。

ざっくり学んだ事としては、

・仕事の優先順位付け方
・頑張ったという根性論は成長に繋がらない
・前提を疑う勇気と判断力
・トラブルへの免疫力
・推進力のパワーバランス
・理解するというのは情報を繋ぐ事

・個人の見解よりも本書の引用が多いかもm(_ _)mまた本

もっとみる