お引越し

ブログを、もっと軽やかに頻度高く書きたいな〜と思っていたのと(noteは短文投稿が向かない気がする)、可愛いデザインやカテゴリ分けできること、過去記事の見やすさなどを考えて、こちらに移動させることにしました。

la joie de vivre
https://anna-n.theblog.me

今まで書いてきた記事も順次こちらに移していこうかなと考えています。˘⌣˘

心に目を向けるとお肌が綺麗になったり肩こりが治ったり。

la joie de vivre 053

お肌にとっての最高の美容法が何かと言えば、生活のなかでストレスを溜めない&たっぷりの睡眠、、これに尽きると本当に思います。
どんなに高価なコスメもこれに勝るものはないと。

もともと肌荒れはしない方(敏感肌ならぬ鈍感肌?)なのですが、
最後にお肌のことでちょっとでも悩んだのがいつか思い出せないくらいで、
変なストレスがないと人はこんなに本来こんなにも健や

もっとみる

この淋しさを無駄にしてはならない

la joie de vivre 052

昭和の大女優であり、随筆家としても知られた高峰秀子の処女作「巴里ひとりある記」を旅先で読んでいました。

5歳で芸能界に入り、この本の執筆のきっかけとなるパリ生活に入る頃には最高額のギャラを誇る大女優になっていた彼女。

一見華やかな世界で生きるも、どこに行っても好奇の目にさらされ特別扱いを受け、学校に通うこともままならないほどの忙しさの中、ただの一つも

もっとみる

朝から自分を幸せに浸らせる方法

la joie de vivre 051

朝の過ごし方についてはちょくちょく書いていますが、幸せな気持ちで自分を満タンにして1日を始めるのが最近ますますブームです。

とってもいいのが、カフェで「感謝ノート」を書くこと。

ノートに今感謝していることを思いつくままに書き連ねる時間をあえてとるのです。

・大好きな〇〇町の、すごくわたし好みの内装のお家に住めて幸せです

・今日の朝食のフルーツが美

もっとみる

お部屋を楽園にすること

la joie de vivre 050

今住んでいるお家がとても好きで、長時間(といっても10時間程)のお出かけから帰ってくると帰宅の喜びもひとしお、「ただいまお家ちゃん」と言います。笑

もともとインドアで家にいることが好き…というよりは、今のお家の空間そのものが、好き。

数年前に何かの本で「空間も音を聞いている」と読んでから、一人暮らしでもお家に向かって「ただいま」など何かと話しかけてい

もっとみる

量子論的には「自分の世界が変わる」は当然?

la joie de vivre 048

いつも「自分が生きてる世界は自分の思いが作っている」と思っているし、ここにも書いているのに、ちょっとしたトラブルに心かき乱されるとあっという間にそのことを忘れてしまう。

「自分の思いが世界を作る」というのは、、

例えば「〇〇という夢を叶えたい」と思っていても、同時に「夢っていうのは叶うのに時間がかかるものだよね」と思っていれば、その夢はいつまで経って

もっとみる

誰しも感性の土壌から花を咲かせている

la joie de vivre 047

こちらは軽井沢へ行った時のお洋服です。

ネックレスは同い年のリュネビル刺繍作家・片岡彩さんのネックレス。
こういうファッションがしっくりくるから、軽井沢は大好きです。

先日彩さんと食事をご一緒させてもらったのですが、お話がとっても面白かった!

いる場所で受けるインスピレーションが違うから、どこに身を置くかで浮かぶデザインも変わるそうなのですが、東京

もっとみる

死んだ細胞に支えられて生きている

la joie de vivre 046

先ほど読み終えた本に、木の幹は死んだ細胞の集合体だ、と書いてありました。
木の幹は時の経過とともに年輪を刻みますが、木の表面にある少数の生きた植物細胞が分裂増殖して、次第に年輪を大きくする、それを中心で支えているのは死を迎えた無数の細胞たち。

”表面の植物細胞も、役割を終えるとリレーのようにバトンを渡し、幹となり内側から木の全体を支える。こうした生と死

もっとみる

仕事に情熱を持つには。

la joie de vivre 045

先日の記事(「ごきげんな1日を作る朝のルーティーン 2」)で書いた「はたらくきほん100」という本。

毎朝、その時惹かれた言葉のページを読んでから仕事に向かおうと思っているのですが、昨日開いたページに素晴らしいことが。
お家でいつでも読めるのに、外でもどこでも読めるようにと、わざわざ写真に撮りました。

課題に情熱を持とう。

目の前の課題にどれだけ情

もっとみる

人生は”思い通り”であって”願い通り”ではない

la joie de vivre 044

先日の記事で”人生は思い通り”と書いたのですが、正しくは”思い通りであって、望み通りとは限らない”だと思います。

「思い」と「望み」は似ているようで違う、と最近読んだ本にありました。

「こうなりたいな、こうなったら素敵だな」と理想を掲げつつも、
「でもやっぱり無理だろうなあ」と思う。

この時、
「こうなりたいな、こうなったら素敵だな」が願いで、「で

もっとみる