kaoru_healings

温泉で解表。

6月の頭ころ、調子がよくないので温泉に出かけました。気が抜けてぼーっと、ふらーっとしてしまい、都内での勉強会の予定があったのですが、とても行ける感じではなく・・・。

わたしの住む埼玉は街のところと田舎のところが分かれているので、探してみたら、電車で30分くらいの小川町という和紙の里で知られた街に、源泉掛け流しの温泉施設があったので行ってみました。

大きいお風呂の施設はもっと近くにあるのですが、

もっとみる

スピと現実のバランス②

スピリチュアルと物質世界のバランスを取るということの難しさ、大事さを前回のブログに書きました。

なんていうかこの世界に生きているということを基本として考えたいです。時間、お金、物、土地などの制限・・・体と感情。それが地球に生きる人間なのかなと思っています。

そうした制限からは逃れられないです。郷に入っては郷に従え、でそれらと付き合っていくしかない。現代日本に生きて、死ぬまで一体自分が何をしに来

もっとみる

病の効用②

病の効用①のつづきです。

忙しく動けなくなったわたしは、苛立ちも少しは感じましたが、病になった意味がすぐわかったので、ありがたいと思いました。

せわしない、いつでも焦っている自分をなんとかしたいと思っても自分では治せなかったのです。

急いで描く絵はないし、はやく寝て、食事に気をつけて過ごすようにしています。少し余裕が出てきたら夜のうちに部屋を整えておくなど(朝急げないので、夜のうちに翌日ので

もっとみる

病の効用①

「風邪の効用」という整体師・野口晴哉さんの言葉があります。皆が嫌がる風邪だけど、実はとても重要なのでワンシーズンに1回はひいておくとオリを溜めないよ、というような、ざっくりいうとそんな意味だったと思います。

病は、また怪我も、そういう性質のものだと考えています。上の風邪については実際的な毒出しだったり、疲れを発散するものという意味になるでしょうが、病は必要で なるものだと思っています。不思議なく

もっとみる