matplotlib

ポジティブネットワーク図作ってみた

有吉弘行さんの ポジティブネットワーク図

一週間番組見てて有吉さんが好きなものを
ネガティブ要素は除いてまとめてみた。

気になった芸能人とかいると何となく
ウィキペディア見るけれど
誰かに興味を持った時に知りたいことって、
経歴よりもその人が興味を持っていることや
好きなことなんじゃないかなー
と思ったんだけどどう思いますか?

芸能人等のポジティブネットワーク図を
作ったら需要あるかな?

もっとみる

損益グラフ作成ツール「PLCreator v1.3.1」

【リリースノート】--------------------------------------------------------------
v1.3.1 (2019/07/29)
 ■ setup.sh更新(pandasバージョンアップによるエラー対応)
 ※pandas 0.25.0で使用されているlzmaモジュールをプリインストール
  するように「setup.sh」を修正しました。
  

もっとみる
ありがとうございます!よろしければフォロー&シェアも頂けたら幸いです。
67

【実践型】python逆引き時系列データ加工&可視化(pandas/numpy)

これまでのBOT制作、データ検証、バックテストなどで扱ってきた時系列データ(約定履歴やOHLCVなど)加工や可視化(テーブルやチャート表示)を様々なケース別に紹介します。

各ケース毎に
■【処理概要】
■ [tips] コード内で使用している主要なライブラリ/関数
■ Jupyter Notebook(nbviewer)のコードリンク
■ サンプル画像
という形式でまとめてあります。

処理概要

もっとみる
ありがとうございます!よろしければフォロー&シェアも頂けたら幸いです。
92

サンプルバックテストスクリプト[Python]

こんにちわ、ニッケルメッキです。
簡単で理解しやすそうなバックテストのサンプルスクリプトを書きましたので、置かせて頂きます。内容が把握しやすいように損益グラフの表示のみになります。
バックテストに必要なデータは下記のスクリプトを参考に入手のうえ動かして頂ければと思います。

import csvimport numpy as npfrom collections import dequeimpor

もっとみる

細胞内に発現する3つのタンパク質の相対量変化を例にした折れ線グラフの描画 (Matplotlib, Seaborn)

3種類のタンパク質 Protein1, Protein2, Protein3について,あるタイムポイント(0分)から始めて90分まで,30分おきに細胞内発現量を経時的に定量・算出したデータを想定して,折れ線グラフを作成する方法を書き留める。

全てのデータは独立した三回の実験(exp_number:1-3)によって算出されたものと想定し,平均値をプロットし,エラーバーは標準偏差値を基に描く。
pl

もっとみる

酵素活性データを例にした棒グラフの描画その2(Matplotlib, Seaborn)

前回に引き続き今回は酵素1-3の酵素活性について,阻害剤のある場合ない場合に分け,3回繰り返し測定したデータ例を用意。
平均値,標準偏差を計算後,matplotlib, seabornの両方で棒グラフを描いてみる。
なお,このデータではEnzyme2にのみ阻害剤が効果的に効き酵素活性が低下しているという結果を想定している。

前回

仮想データの準備

# 仮想データの準備a,b,c,d,e,f

もっとみる

酵素活性データを例にした棒グラフの描画(Matplotlib, Seaborn)

バイオ実験で出てきそうな酵素活性を測定した実験データをmatplotlibとseabornで棒グラフにする例を書き留める。

(データ例の概要)酵素1-3の酵素活性を3回繰り返し測定したデータ(下表)。 

平均値,標準偏差を計算後, matplotlib, seabornの両方で棒グラフを描く

データの準備

# import modulesimport numpy as npimport

もっとみる

matplotlibでsubplot

subplotの方法について覚えたことを記録。
suplotは複数のグラフを一つの図として表示する方法。ネットで検索しながら何となくコピペして作っていていたのだが,どうやらやり方が一つではないらしく,よく混乱する。。。 今回subplotの方法についてまとめることで,理解を深めようと思う。

Subplotの方法についての概要

自分が調べた限りsubplotする方法は大きく分けて以下の二つがある

もっとみる

Matplotlib(Seaborn)の基本的な使い方

最近,研究活動(おもに実験)で得たデータを計算したり,可視化するのに使っているPython。 可視化(グラフ作成)に使うMatplotlib(Seaborn)の使い方をすぐ忘れてしまうので,自分のために書き留めておこうと思う。

ごく基本的な使い方

モジュールのインポート

import numpy as npimport matplotlib.pyplot as pltimport seabo

もっとみる