nisi

対その他仕掛け2副露の危険度

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

はじめに

 以前にやった、タンヤオ仕掛けの実際の狙い手役の分布と似たような話で、前回はタンヤオ仕掛け者に役牌が切れるかどうかという話でしたが、今回は、役牌ポンでもタンヤオ牌のみの仕掛けでもない仕掛け(以下、「その他仕掛け」と呼ぶ)について、牌の危険度を調べようと思います。

 オタ風や19牌のポンや端のシュンツでチーのような「その他仕掛

もっとみる

【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(5章 全体のまとめ)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

 この記事は前回の記事、【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(1章 序文および巡目に関するデータ)の続きの記事となります。まだ前回記事を読んでいない方はそちらを先に読むことをお勧めします。
 今回は1章~4章までのまとめとなります。

5章目次 全体のまとめ
 5-1 全体のまとめ

 今回の5章は有料記事(

もっとみる

【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(4章 他家副露数とドラに関するデータ)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

 この記事は前回の記事、【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(1章 序文および巡目に関するデータ)の続きの記事となります。まだ前回記事を読んでいない方はそちらを先に読むことをお勧めします。
 今回は先制端寄り愚形リーチのアガリ率を他家副露数とドラに着目して分析している内容となります。

4章目次 他家副露数と

もっとみる

【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(3章 周辺牌の見え枚数に関するデータ)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

 この記事は前回の記事、【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(1章 序文および巡目に関するデータ)(リンクURL)の続きの記事となります。まだ前回記事を読んでいない方はそちらを先に読むことをお勧めします。
 今回は先制端寄り愚形リーチのアガリ率をアガリ牌の周辺牌の見えている枚数に着目して分析している内容となり

もっとみる

【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(2章 アガリ牌の枚数に関するデータ)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

この記事は前回の記事、【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(1章 序文および巡目に関するデータ)の続きの記事となります。まだ前回記事を読んでいない方はそちらを先に読むことをお勧めします。
 今回は先制端寄り愚形リーチのアガリ率をアガリ牌の見えている枚数や手持ち枚数に着目して分析している内容となります。

2章

もっとみる

【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの端寄り愚形リーチのアガリ率(1章 序文および巡目に関するデータ)

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

1-1 はじめに

今回は、記念すべき初回の記事、【麻雀統計データ】見た目枚数が違うときの両面リーチのアガリ率(1章 序文および巡目に関するデータ)
https://note.mu/mahjong_math/n/n9a5fa0d99238
の続編となります。

前回は両面待ちでしたが、今回は端寄りの無筋カンチャンペンチャン待ち(28・37

もっとみる

タンヤオ仕掛けの実際の狙い手役の分布

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

はじめに

今回のテーマはタンヤオ仕掛けの手役読みについてです。

タンヤオ牌のみの仕掛け(234pチーとか888sポンとか)をしている他家がいる場合、牌の危険度を読むにあたって仕掛け者の狙いの手役が何であるかは重要です。
仮に100%タンヤオであると読めた場合、字牌や19牌は通ることになりますし、役牌バックの場合は逆にタンヤオ牌や19牌

もっとみる

配牌を制する者は麻雀を制するのか!?

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

はじめに

麻雀で配牌をもらったときに、「いい配牌をもらった」とか、「配牌が悪い…」とか、一喜一憂することはよくあると思います。また、自分が一番いい配牌だと思ったら、上には上がいるという、配牌連動の法則(と、勝手に私が命名)みたいなことも麻雀あるあるだと思います。

今回はそんな配牌の良しあしが局結果(アガリ率や放銃率や局収支)に与える影

もっとみる

暗槓非リーチ門前者の1巡当たりリーチ発生率

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北、みーにん

はじめに

 先週の記事(ドラ切り非リーチ門前者の1巡当たりリーチ発生率)と類似の話です。今回は、暗槓した人のリーチ発生率についてです。

 一般に言われている文学的なセオリーとして、暗槓している他家はそうでない場合より手牌が整っていることのほうが多いということがあり、リーチが近いうちにかかることを想定することがよくあると思います。
実際

もっとみる

ドラ切り非リーチ門前者の1巡当たりリーチ発生率

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北 みーにん

はじめに

今回のテーマはリーチや鳴きを入れてない他家がドラを切っている場合のリーチ発生率についてです。

一般に言われている文学的なセオリーとして、ドラを切っている他家はそうでない場合より手牌が整っていることのほうが多いということがあり、リーチが近いうちにかかることを想定することがよくあると思います。
実際のリーチ発生率がどの程度変化す

もっとみる