noteカイゼン

【noteカイゼン】下書きの自動保存表示がわかりやすくなりました

6月12日から、記事編集画面の下書きの「自動保存」がわかりやすくなりました。(Webブラウザに対応)

もともと投稿画面には、入力した文章を自動的に保存する下書き機能がありました。この機能は書くことに集中してもらえるように、保存し忘れを防ぐ機能として追加したものです。

※ 下書き機能とは、公開設定ボタンの左隣に位置する「下書き保存」のボタンを手動でクリックする、もしくは文字を書くごとに自動でテキ

もっとみる
noteへのご意見・ご要望は、フッターのカイゼン目安箱へ👇
231

◆気がついたらスキをつけていた記事まとめ41◆

おれだ。溜まったのでやる。Tweet問題を引きずるが、ひとつのソリューションとして、記事の下の方の左右の矢印(<>)で移動して見た場合は比較的Tweetが普通に表示されやすいという学びを得た。なぜそうなるのか全くわからないし、これでやってもうまく表示されない場合もあるのだが、まあT社がアレなのはいつものことだ。note社はちゃんと日本語で会話できるし速やかに調べてくれてありがたい。報連相&改善だ。

もっとみる

「noteで書く」ボタンを設置してみました

「noteで書く」ボタンがリリースされたので、さっそく、「結城浩のお話」というサイトの各記事に設置してみました。

以下のように「Twitterでシェア」のボタンと同じような感覚で「noteで書く」のボタンが作れます。

このボタンを押すと、以下のようにリンクが生成された状態でnoteのエディタが起動します。オプションでハッシュタグも付けられます。

「noteで書く」ボタンの設定方法は以下のヘル

もっとみる

「みんなのフォトギャラリー」に出品していたカバー画像を一部PNG画像に入れ替えました

タイトル通りです。
これまで「みんなのフォトギャラリー」に出品していたカバー画像をバージョンアップ版としてPNG画像に入れ替えました。(一部を除く)

■入れ替えの対象としたもの

今回入れ替えたのはこちらのカバー画像です。

先日追加した「noteの見出し画像いろいろ3 #note5」では、すでにPNG形式での画像となっているので入れ替えていません。

■入れ替えの理由

ずっとご無沙汰していた

もっとみる

[#noteで良かったこと] ブロガーさんの気持ちに立って、一個一個褒めてくれる。それがnoteを使ってて気持ちが良い理由 [日記]

この #noteカイゼン を見た瞬間にこの記事を書こうと思いました!

・・・

● 僕が #noteで良かったこと

こんにちは!コウです!

みなさん、冒頭のnoteカイゼンは既に見られましたでしょうか?

このブログを見ている方の大半は
僕のように「noteコミュニティ」が好きな方が多いのではないでしょうか?

そんな方々にお聞きしたいのが

みなさんにとって
 #noteで良かったこと

もっとみる

noteをより手軽に財布につなげたい

noteに対して、モノ申~~す!!(江頭2:50風に)

noteの送金システムを利用して、note上で仕事受注から支払いまで出来るようになりませんかね?
(実はプレミアムサービスならそういうの出来るんだよ、であれば申し訳ないです)

デビューや連載、書籍化に繋がったライターさんやイラストレーターさんがひしめくnote。投稿した記事をきっかけに、スターダムへの一歩を踏み出した方もいらっしゃいます。

もっとみる

お知らせ:投稿時刻がちょっとずれます

予約投稿で一気に同じ時刻に放り込むとフォローしている方からエントリーが表示されないという報告を再びいただいた。というか自分のタイムラインでも消えてるので、この度修正されるまでちょっと投稿時間をずらすのだ。

 よう、兄弟。俺だ。

 予約投稿、使ってるか?有料機能なのであんまり使っている人はいないかもしれないな。今日はその予約投稿について判明した問題についてだ。

 まだ確実ではないんだが、どうも

もっとみる

不正を疑ったら 1つの約束と3つの行動

気づいてしまった。

なにかおかしい。
これは、してはいけないことではないか?

周囲から不穏な噂も聞こえてくる。
どうしたらいいの?

そんなあなたへのノウハウです。

約束「自分を守る」

一番大事なことです。
一人で抱え込まないでください。
ストレスは体を蝕みます。

関わらなくてもいい。
何か動いてもいい。
面倒なことに巻き込まれたくないなら無視してもいいです。

いつも「自分を守る」こと

もっとみる
ありがとうございます。うれしいことが起こりますように。
4

その文章の先に、読み手はいるか?

「魚くささ」というキーワードを入れた方がいい。

鯛めしについてのノウハウ文へ編集者・竹村さんからのフィードバック。
「鯛めしの失敗とは?」という問い。
私の文章に欠けていたもの、それは「失敗する人の気持ち」でした。

#WORDS文章教室 課題 ノウハウ文

読み返してみると、大切なことに気づきました。

ノウハウを書くときに重視していたこと

失敗しないための「手順」と「方法」を伝えることを

もっとみる

罪悪感をなくせば、ごはんはもっと楽しくなる

料理がつらい。

疲れていて作りたくない。
健康が気になるけど時間がない。
料理したくないけど家族に申し訳ないから作る。

そんな罪悪感やもやもやをなくして、ごはんを楽しむ3つのヒント。
栄養に関するお仕事をしていたけど、サボり魔な私が行なっている具体的な実例のnoteです。

1.自分を追い込まない

いつもおつかれさまです。
お仕事や育児や学業、大変ですよね。
料理しようって思えるあなたはすご

もっとみる
ありがとうございます。素敵なことがありますように。
8