saoriostuka

アムステルダム・パリ旅行記      第九回 観光五日目          駆け足の巡礼地

早朝眠い目をこすりながら起きだすと、まだ日は登らず暗いパリの街。そんなに早く起きてどこへ行くのかと言いますと、今日は日帰りでモンサンミッシェルへのバスツアーに参加するのです。添乗員さんは日本人の方で、ときおり日本語ガイドをしていただきながらの旅です。出発したのは朝7時過ぎ。

バスは街を抜け、郊外へ、そして美しい田園風景へ。農業大国フランス、広大な土地が広がって、家並みに豊かさというか底力を感じま

もっとみる

アムステルダム・パリ旅行記      第八回 観光四日目          平穏と不穏の折りたたまれた土曜日

さて、パリ観光1日目はまた例によって、あてもなくブラブラ。まずはパレロワイヤルあたりを散歩。ですが、気づけば今日、土曜だったのですね。お店は軒並み休んでまして、回廊を歩くも界隈は静か。

と思ったら、いきなり「わっ!!」と背後から。

「ヒャー!」とびっくり振り向くと、小学生ぐらいのいたずらっ子達が、こっちを笑って見ながら逃げ去る所。もうー、コラッ!と一応いっときましたが、こっちもびっくりやらおか

もっとみる

アムステルダム・パリ旅行記      第七回 観光三日目         コミュニケーションブレイクダウン

ああさびしや、さらばアムステルダム。

短い、本当に短いアムステルダム滞在はもう終わり。あっけなさすぎてまだまだ物足りなすぎます。ところでそういえば飾り窓地区の方は用事もないので全然通らなかったし、コーヒーショップとかは私は超おくびょう者なので一切行きませんでした。(ただ、余談ですが、ある程度行政の管理下に置く事で性産業での労働環境悪化を防いだり、大麻についてもあえてオープンにしてハードドラッグ市

もっとみる

アムステルダム・パリ旅行記      第六回 観光2日目その2       人生最大の冒険かもしれないただの郊外

そもそもこの旅行に来たのは、震える手で「Betalen」(支払う)のボタンをクリックしたところから始まってるわけですが、何を支払ったのかというと、コンサートのチケットだったのです。というのは、前々回も書きましたが、最近私はオランダ、ベルギー方面のロック、ポップ音楽に大変はまっており、好きなアーティストが何人かいるんですが、中でもオランダの双子フォークロックデュオ、Tangarineという人たちが非

もっとみる