紀伊國屋書店の文庫売場、またはケッチャム王子の異常な愛情

本を買うとき、7割方は紀伊國屋書店新宿本店で済ませます。近場にあること、品ぞろえが充実していること、このふたつが主な理由です。

本といっても新刊と既刊の両方があるわけで、とくに後者にかんして、紀伊國屋は頼りがいがある。数年前に出た本が当然のように棚に並んでいるので、わざわざ取り寄せる必要がありません。その場で買って、すぐ読める。このシンプルさがよいのです。

「Amazonつかえばもっと楽じゃん

もっとみる

俺の麺 春道(新宿)にお邪魔〔つけ麺〕780円

俺の麺 春道(新宿)にお邪魔〔つけ麺〕780円

俺の麺 春道03-5389-4033東京都新宿区西新宿7-11-2 ASP西新宿ビル 1Fhttps://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13104460/

店の看板
つけ麺がおススメ

ラーメンの激戦区、西口。二郎、蒙古タンメン、龍の巣、、、名だたる名店が連なる中、この店も忘れてはいけない。

毎年必ず通ってるも

もっとみる

めん徳二代目つじ田 味噌の章 飯田橋店(飯田橋)にお邪魔 〔味噌ラーメン〕800円 だるま(100円)

めん徳二代目つじ田 味噌の章 飯田橋店(飯田橋)にお邪魔
〔味噌ラーメン〕800円
+だるま(100円)
つじ田 味噌の章 飯田橋店
03-6268-9377
東京都千代田区飯田橋4-8-14
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13174562/


店の看板

飯田橋を占拠しているつじ田財閥
山形龍上海リスペクト感の辛味噌
スープが白い味噌ラーメン

もっとみる

麺屋大勝軒 葛西店にお邪魔 〔正油ラーメン(にぼし)〕700円

麺屋大勝軒 葛西店にお邪魔
〔正油ラーメン(にぼし)〕700円

麺家大勝軒 葛西店
03-5674-3751
東京都江戸川区中葛西1-31-5
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13115227/

あっさり、そして懐かしいスープ

昭和にタイムスリップできる味やでこれほんまに🤗

👫行列なし

麺家大勝軒 葛西店
03-5674-3751

もっとみる

紀伊國屋ビルディング、または前川國男の打込みタイル

NHKの連続テレビ小説『なつぞら』の主人公なつは、新宿の路地裏にある「風車」の二階で暮らしているという設定ですが、ときおりこのおでん屋でビールをかたむけ、ほろ酔い加減でたのしそうにしているのが「角筈屋」の茂木社長。

新宿の地誌を愛するみなさんなら先刻ご承知でしょう、角筈屋のモデルは紀伊國屋書店、茂木のモデルは創業者の田辺茂一で、経営者としてはもちろん、新宿を盛り上げた文化人として(そして希代の遊

もっとみる

新宿末廣亭の寄席文字、または人気が右肩上がりになりますように

落語に興味はあるけれど、わざわざ寄席に通おうとまでは思わない。そんなあなたにおすすめなのが、毎月の第3日曜日、TBSで放映される「落語研究会」です。

なにより月一回というのがありがたい。これが毎週のこととなると、録画がたまっていくなんてことにもなりかねませんが、月に一度くらいなら話芸に聞き惚れる時間だってひねりだせます。

この番組の良さは余計な演出がいっさい無いところ。キャメラワークも噺家を正

もっとみる