週刊Sushi note Vol.4「熟成鮨~熟成とは?~」

皆さん、こんにちは!サハラン(twitter : @savarin_2323)です。今回は最近流行っている「熟成」について紹介をしていきます。熟成ってなに?から熟成の方法まで、お手軽情報をお届けします!

熟成とは?

熟成とは、端的にわかりやすく言い換えると...「腐敗」です。魚が死んでから身体全体が硬くなる死後硬直が起こり、それが解けていき食用に適した状態になっていく解硬の過程を人が制御してい

もっとみる

モスクワの寿司について

どうも”おもり”です。モスクワにはたくさんの寿司が食べられるレストランがあります。今回はどんな寿司があるのかなどについて話していこうと思います。
寿司には巻物と普通の寿司の2種類があり、巻物パターンが多いです。巻物といっても、日本みたいにきゅうり、マグロといったシンプルな中の構成ではなく、カリフォルニアロールのようにごちゃごちゃしていたり、うなぎが巻いてあったり(これは日本にもありますが)、チリ

もっとみる

食べログ1位の鮨屋さんで死ぬほど緊張した話。「君、酒屋ならこれが何のお酒かわかるかな?」続き

そして静まる店内

(静まらないでくれ、、)

まず香りを取る、爽やかな印象、酢イソ系、ほのかにミルキーなニュアンス…

綺麗な生もとの可能性も…

モダンだけど、カプ系(華やかなタイプ)ではない、

口に含む、甘味に密度がある

私「まず、これは貴醸酒…だと思います。甘みの質が違うというか、密度があります。」

また口に含む

(密度はあるけど酸味が綺麗だし、積算温度も高くなく管理もしっかりさ

もっとみる

食べログ1位の鮨屋さんで死ぬほど緊張した話。「君、酒屋ならこれが何のお酒かわかるかな?」

今とてもお世話になっている鮨屋さんがある。今は私が提案に伺っているのだが、これはそんな親方と私の出会いの話。

そのお店は現在(2019年8月現在)食べログの全ジャンルで日本一のお店。

職業柄食べることに興味がある私は色々なお店に勉強に伺う(領収書は切れないので自腹です。いつか埼玉の酒屋の社長が奢ってくれるのを待ちわびている。ホンマ頼むでぇ。)

見て、この社長感

閑話休題

その

もっとみる

週刊Sushi note Vol.2「しゃり」

皆さん、こんにちは!非常に暑くなってきましたね。

サハラン(twitter : savarin_2323)です。先週は週刊Sushi note 初刊「寿司・鮨・鮓」ですしの歴史と語源について軽ーく書かさせていただきました。そして…今回 Vol.2 では、すしの本体ともいえるご飯部分「しゃり」について書いていきます。

今回も前回と同じく、長くても5分、短くて30秒で読める内容ですので、酒でも呑み

もっとみる

週刊Sushi note Vol.1「寿司・鮨・鮓」

記念すべきリニューアル版の週刊Sushi noteの初刊を読んでくださりありがとうございます。

このnoteは僕、サハラン (twitter : @savarin_2323) が勉強すると共に、皆さんがもっと「すし」を楽しめるようになればなぁという思いから…書いています。

Vol.1 「寿司・鮨・鮓」ではこの3つの「すし」を意味する漢字の違いと語源について書きました。

Vol.2 「しゃり」

もっとみる

フランクフルト空港から、バリ空港へ!

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.4>

羽田空港を出発してから、約12時間。
ドイツ・フランクフルト空港に到着です。
現地時間は、朝の5時過ぎ。
朝日がゆっくり上がってくる時で、美しい朝焼けを見ることが出来ました。

ここでの乗換時間は、約2時間。
折角のドイツ経由、美味しいソーセージを挟んだホットドックが食べたい!っと思いながらも、以前、ここを利用した時に、空港内が広く、ト

もっとみる

社長のつぶやき:18日

すぐれた組織の構造とは成果をあげる構造にほかならない。

おはようございます!
今日もはっちゃきこいてやるべ!
おおもと経営オフィス
https://oomotokeiei.com/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※毎朝のご挨拶はドラッカー先生の著作から引用、もしくはヒントを得ております。

#ビジネスコーチ #相談役 #伴走 #個社支援 #個者支援 #社員教育 #社員研修

もっとみる

オーストラリア48日目

本日はクラスメートの日本人の女の子が卒業の日でした。月曜日からクラスに日本人が1人に。
残り約1ヶ月クラスで日本を背負いたいと思います。

そして今日は寿司メイキングデーでした
巻き寿司ににんじんやらパプリカやらを入れるのは日本とオーストラリアの文化が融合した結果だなあと思いました。

Sushiはどこの国でも人気らしく皆でワイワイと楽しんでつくりました

そして1番盛り上がったのは先生に大量のワ

もっとみる