Taylor Guitars アーティストレコーディング本番

Taylor Guitars アーティストレコーディング2日目

本番当日
朝から毎年来たら行く絶景へ

朝食をみんなで食べ
いよいよレコーディング撮影開始

1発レコーディング&撮影

ミスは許されないため緊張が半端ない

譜面をみながらもカメラを意識しないといけないわけでドキドキ

前半は海外組

最初のレコーディングは1番繊細な楽曲だった韓国のアーティスト** Young Gyoun

もっとみる

Taylor Guitars アーティストレコーディング初日

毎年恒例になりつつあるTaylorアーティスト1発レコーディング&MV撮影

バックバンドFOOZとコラボしたステキなTaylor Guitarsアーティスト4組(参加は全部で5組)のレコーディングでベースを弾かさせて頂きました。

今までのコラボMV作品はこちらから↓

場所は景色やREC環境が素晴らしい
伊豆高原にあるキティスタジオさん

【初日はリハーサル】

朝7時半に出発

道は

もっとみる

27歳でようやく覚えた流されるということ

アメリカ行ったのに痩せて帰ってきた藤森愛です………。街の匂いと、ご飯の味と、言葉の違いに脳ミソが少しずつ慣れてきて、帰国したのを実感したのは数日後。たくさんのおかえりと、アメリカかぶれな絡みをありがとうございます(笑)

自分の足で行ける場所なんて限られていて、遠くへ行きたかったら大きな波に流されて行く必要がある。レコーディングを見せたり、音楽無料にしてみたり、歌うのやめてみたり、これまで全部自分

もっとみる
ありがとうございます!
23

歌輪ナイト復活しないと

私がホストをしています、ライブ×トーク×テイラーギターがコラボレーションした新感覚イベント、Taylor Guitars Talk & Live「歌輪ナイト」が復活しますよーーー!!!

前回の大好評につき、そしてArtist Loungeの多大なるご協力もあり、今回もチャージフリー&投げ銭開催となりました!ちょっと気になってる方も一度ふらりと来てみてはいかがでしょうか?!

歌輪ナイトとは?

もっとみる
ありがとうございます!
7

次の世代のためにやるべきことはそれぞれの世代にある

テイラーギターと出会ったのは4年前、それから私の音楽人生になくてはならない存在になりました。あの瞬間、このギターを選んでいなかったら今頃どうなっていたんだろう?とちょっと想像できないくらい私の一部です。

テイラーギターが少しずつ日本に広まっていく様子をほんの少しだけ近い距離から感じさせてもらって、物を作ったり伝えたりする人達ってすごいなあと刺激になっています。今までのスタイルを全部新しいものに取

もっとみる
ありがとうございます!
17

隙間の空け方

Taylor Guitars Talk & Live Special「歌輪ナイト Vol.7」へご来場の皆さんありがとうございました!!

今回はチャージフリーの投げ銭にしたり、所々ブラッシュアップしたのですがいかがでしたでしょうか?!ホストとしては最初から最後まで楽しんでいただけたのなら本望です。

ゲストはもう言うまでもありません。最高だったでしょ?(笑)私もファンです。伊禮恵さん、山田尚史さ

もっとみる
ありがとうございます!
6

NAMM 2018 の演奏動画

こちらは今年の1月の話になりますが、、、

サポートさせて頂いたシンガーソングライター3組の動画をなぜかこのタイミングでこちらにてご紹介いたします。

ナムショーのレポート詳細はこちらにまとめてますのでもし興味あれば↓
•The NAMM Show 2018 〜2日目は本番編〜

それでは3組のテイラーオフィシャルのYouTube動画を是非ご覧下さい♪

Ai Fujimori "Hakuchum

もっとみる

自分の当たり前を見せる

Independent Artistには出来ない、そんなイメージがあります。なので、よく「どこかに所属しているの?」と聞かれます。そんな、大きなプロジェクトは個人の力では実現できないというイメージを払拭したくて、全てをセルフプロデュースしてきた私は過程を見せることにもこだわりました。

知ってもらうためにはまず自らを開示する。

クラウドファンディングをする際には、プロジェクトにかかる経費の内

もっとみる
ありがとうございます!
8

「ベイビー×2!!(NO OVERDUBS)」をフライング公開

切り貼りやボーカルエディットなどの修正は一切なし!ライブ感溢れるMV第一弾「ベイビー×2!!」をMIX段階でフライング公開!ここまで応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます!!

藤森愛がIndependent Artist(どこにも所属をせず独立した存在で活動するアーティスト)として、"一発でフルバンドでレコーディングをして、さらにその現場を一般公開する"という前代未聞のプロジェクトを始
もっとみる

ありがとうございます!
2

音楽雑誌Player4月号掲載

音楽雑誌Player4月号のNAMM Show特集ページに藤森愛が掲載されました!!

名だたるアーティストの中に日本人の私がポツンと…(笑) 一緒に映っているのは、自身のNAMMのステージでも使用したTaylor Guitarsの新モデルV-Class 914ce。

NAMMで出会ったITSUKAさんに撮影していただきました。海外でのご縁に感謝!!

ITSUKA Official Websi

もっとみる
ありがとうございます!
3