私がアナウンサーを好きな理由

仕事柄真夜中の3時4時に起きることが多く、その時間帯私の中でとても孤独感を味わっていました。というのも、外はまだ暗いしみんなが寝ている。更に自分も眠いけど起きなければいけない。まさに孤独です。テレビをつければ、よくわからない通販番組がやっていてこれまた面白くない。ただニュース番組は別格でした。何故なら生放送でテレビの中にいるアナウンサーのお姉さん達も眠い中起きて一生懸命仕事している。これで孤独感は

もっとみる

『インハンド』最終回・後編 今を生きること、生まれることの奇跡

後編は、最終回で描かればポイントを取り上げていきます。あらすじ等を載せた最終回・前編はコチラからご覧くださいませ。

「科学者」という生き方と観念

相羽村で起こった悲劇は、「善意」によって起こったと、第10話のコラムで取り上げました。その「善意」とは、新型エボラという「悪意」をなくす為の研究でした。しかしその実態は、ジョブズ柏木により、相羽村の千人の命を犠牲にして未来の何十何百万人を救おうという

もっとみる

『ザ・フォーカス~いじめ予防~』

1980年代から社会問題化し悲劇が続いているのに、抜本的な解決策を見いだせずにいる「いじめ問題」。ところが、日々のニュースで「いじめ」について報道されるのは、「いじめ自殺」や「いじめ訴訟」など、ごく限られたものだ。

これまでの日本の対策は、「事後的」で「対症療法的」なものに偏っていた。個性的な「変人」と言われる小学校校長による「子どもの自主的な予防活動」が成果をあげても、広まらなかった。

もっとみる

『インハンド』最終回・前編 自然と人類のバランス

ついに、インハンド の最終回となりました。かなりのボリュームになりそうなので、2回に分けてお送りしたいと思います。今回はあらすじと全体を振り返りながら、後編では、最終回のポイントをじっくりと取り上げたいと思います。

あらすじ(ネタバレ有り)

5年前にタイのある村を襲った、米軍によって開発された新型エボラが、高家の地元でもあり、BSL4施設建設予定の栃木県相羽村で感染が発見され、政府によって、封

もっとみる

日本代表GKの逆境と悲運のスーパースター

かなり久しぶりの「消えた天才」コラムになりますが(笑)、お送りしたいと思います。

天才の悲運

今回は、サッカー日本代表GKの川島永嗣選手と川島選手が勝てず、スパースターと呼んでいた越智隼人さんのエピソードをお送りします。

中学時代、二人は埼玉選抜で共に戦ったのですが、ほとんどの得点を越智選手が決め、敵として戦った時には、越智選手にスコスコにやられていたそうです。その越智選手は高校ではJリーグ

もっとみる

長渕剛さんの名曲"とんぼ"のイントロに於ける,アコギ/ギターのコード進行は簡単!!しかし,心掴まれる!! ~名曲には,シンプルと奥深さがある!!~

OHORI123の「アコギのすゝめ」 第481回目!! 今回は,OHORI123の音楽の原点の一人,長渕剛さんの名曲"とんぼ"のコード進行に迫っていきます!!^^

関連動画❶『長渕剛さんのアコギ/ギター・テクニックにおいて,よくやるフレーズ!! ~あの名曲に出てくる,フィンガー・ピッキングのフレーズ!!~ 』
https://youtu.be/qOTCc4g-QoM

関連動画❷『長渕剛さんの"
もっとみる

G20大阪サミットに向け、SDGs主要課題に日本がリーダーシップ発揮

昨日開催された持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合で、「拡大版SDGsアクションプラン2019」を決定した。その内容は、G20大阪サミットを意識したものが盛り込まれている。

その中で、医療・健康分野では、エイズやマラリアなどの感染病患者を100万人救うことや130万人の子どもたちにワクチン接種を実施することなどに、日本から約4300億円の財政支援を出すこととした。

行動目標だけでなく財政

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
9

インハンド 第10話 善意から生まれた悲劇

あらすじ(ネタバレ有り)

休暇を取り、地元の栃木県相羽村に帰省する。なぜか紐倉一緒に。おそらく紐倉、孤高の天才を気取っていながら、寂しがりやのかまってちゃんなのでしょう(笑)高家の実家に着くと、自分の実家のように和み、当然のように冷蔵庫を開けたり、高家母とも完全に打ち解け、女の顔を見せる母に突っ込む高家だった。

相羽村は、 「BSL4」という高度感染症対策施設の建設予定地となっており、その視察

もっとみる

芸能人の"政治的発言"はタブー?(上田晋也のサタデージャーナルより)

映画「空母いぶき」で総理役を演じた佐藤浩市さんのインタビューをめぐり起こった、ネット炎上騒動。

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」

この発言が安倍総理を揶揄

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願い致します
13

『わたし、定時で帰ります』第9話 危険なサイコパス上司とヘタレ婚約者

あらすじ(ネタバレ有り)

福永の口から語られたのは、種田が本社に復帰したのは東山の為だった。
種田は東山の元婚約者であり、仕事人間で東山を傷つけ破談にしてしまった。それを気にしていたからか、仕事でも東山に無理をさせないようにしたり、フォローしてきた。結婚より仕事が大事だと言っていた種田は、定時で帰れる会社に転職する為に仕事を頑張っていたのだった。
東山はもう済んだことと割り切るが、このまま種田を

もっとみる