threem

友人

私にはたくさんのタレントを持った友人がいる

デザイナー、経営者、モデル、アーティスト、ラッパー、

私はクリエイターになって友人たちと面白いものを作りたい。

というか、すでにクリエイターである。

いろいろな考えが頭の中にある。

実現したい

面白いことをしたい

第一弾で私の作った服をモデルの友人に来てもらって

プロモーションを作ってみたい。

ポートフォリオも作りたい。

今年が終わる

もっとみる
すき、ありがとう。

実現したいこと

社会人半年目のthreemです。

会社からもらう給与だけじゃなくて

自分でお金を稼ぎたい。

そして

もらった給与を家賃、投資信託、高配当株、貯金に回して、

自分で稼いだお金を生活費と娯楽費に使いたい。

生活費は5万もあれば余裕で一か月暮らせるし、

まずは給与以外で5万円稼げるように。

5万なんてすぐ稼げるよって思う人もいると思う。

Uber Eatsとか稼ぐ人は時給換算で2000

もっとみる

心のゆとり

誰にでも優しくていつも幸せそうにしている

そんな人があなたの周りにいませんか?

反対に自分が100%正しいと思い込んで

強く主張ばかりをぶつけてくる人はいませんか?

2人の違いが何かと考えたときに、

心のゆとりがあるかどうかだと思うのです。

2か月前に電話で3分間話した相手のことを

2か月後もはっきりと覚えているでしょうか?

なんなら、そんな電話があったことすら覚えていない人もいる

もっとみる

なべ

寒くなりましたね

お家の床がタイル張りなので、

裸足で歩くと凍えそうになります。

本格的に冬が来たらどうなってしまうのでしょう。

あ、鍋食べたい。

そんなふうに思った10/16のthreemでした。

note開いたらさ、

ご自由にお書きください、って

たまにはこんなさらっとしたないようのない話もいいよね。

ちなみに、どんな鍋が好きですか。

キムチ鍋、もつ鍋、水炊き、てっちりが好

もっとみる
すき、ありがとう。

#買ってよかったもの

ものすごい勢力だなんて言われていた台風が過ぎ去って、

あれほど台風対策だなんて言って家に引きこもっていた人たちも

それが過ぎちゃえば、昨日何してたんだっけなんて

会話が聞こえてくる、そんな日本で今日も頑張って生きています。

そんな私の買ってよかったものは間違いなくこの、

いまカチカチと文字を打っているノートパソコンでしょう。

そもそも私がパソコンを買った経緯は、

専門学生時代に課題で

もっとみる

ヒガンバナとキンモクセイ

ものすごい大きな台風が近づいているようですね

我が家にはテレビがなく、

ネットニュースも見たりしないので

地元のお友達が警告メッセージをくれました。

そんなに大きな災害が近づいてきていることも知らなかった

ありがとう、お友達

さてこのノートを読んでいるあなたに好きな花はありますか。

私はヒガンバナとキンモクセイがだいすきです。

見た目の美しさは、ヒガンバナ

翻弄される香りは、キン

もっとみる

空が大きい

帰宅中、何となく見上げた空に星が光っていた。

私の住んでいる地域は明るいのだろうか

数えられるくらいの星しか見えなかった。

地元なら見ようとせえずとも見えるのに

そんなことをのんきに考えていたらある言葉を思い出した。

”こっちは空がおおきいでしょう”

これは私が留学に行っていたときにホストママに言われた言葉だ。

その当時は意味も分からず、

空なんてどこの世界も1つしかないのだから同

もっとみる
すき、ありがとう。

賢く生きてゆく

ポイ活、先取貯金、投資信託、ふるさと納税、楽天Room

自分で考えてやってみようと思った私なりの賢い生き方

お金にとらわれない暮らしをしようとすればするほど、

お金に関する知識がないことに気付いた

だから現在お金や世の中の仕組みについて猛勉強をしている。

社会人として月7日の休み以外は毎日働き

少しでもお金にとらわれない生活ができないかなと思って始めた

新しいことたち。

興味がある

もっとみる
すき、ありがとう。

#私のパートナー

noteのお題企画に初めて乗ってみる

ちょうど昨日、2か月ぶりくらいに電話で声を聴いた

いいタイミングだと思ってパートナーとの関係について考えてみる

私とパートナーの関係は不思議だ

一緒にいてもお互いに何を考えているのかよくわかっていないし

お互いの好きなことについてもよく知らないし

趣味も好みも面白いほど合わないし

ここまでの文章を読んだ人は、そんな人がパートナーと呼べるのかと思う

もっとみる

ママは専業主婦

threemのママは専業主婦である

かれこれ24年間、ずっと

パートとかの仕事もしていないし、

今の世の中では絶滅危惧種のような”完璧な専業主婦”である

彼女は社会人の経験も1年未満で

一人暮らしをすることもなく、専業主婦になった

なんでパパと結婚しようと思ったん?

と聞いてみたことがある、そうすると彼女は

働くの嫌やなーって思ってたから

人生における重要な選択である結婚を決めた

もっとみる